ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

塗装

フェラーリ(ランボルギーニ)仕様ヘルメット作成続報!純正色通りに調色するもやや色が濃く出るもよう。ここからさらに色味の調整を行うことに

フェラーリ(ランボルギーニ)仕様ヘルメット作成続報!純正色通りに調色するもやや色が濃く出るもよう。ここからさらに色味の調整を行うことに

| やはりブルーの「色合わせ」は難しい | おそらくカスタムヘルメットが完成するのは1ヶ月後くらい さて、先般より作成しているヘルメット及びフェラーリグッズ。今回はそのヘルメットの続報ですが、上の画像 ...

何もかも吸い込んでしまいそうだ!そこだけブラックホールな無反射ペイント「真・黒色無双」をペイントしたポルシェ911はこうやって誕生した

何もかも吸い込んでしまいそうだ!そこだけブラックホールな無反射ペイント「真・黒色無双」をペイントしたポルシェ911はこうやって誕生した

| まさか日本でもこのペイントにチャレンジするツワモノが登場するとは | その原理を理解していても、やっぱり自分の目を疑ってしまう さて、BMWは2019年に「可視光線の99%を吸収する」バンタブラッ ...

マツダが「第三の特別塗装」、ロジウムホワイトプレミアムメタリックについて語る。なお、マツダの特別塗装は修復が難しく、今回の新色も板金屋泣かせとなりそう

マツダが「第三の特別塗装」、ロジウムホワイトプレミアムメタリックについて語る。なお、マツダの特別塗装は修復が難しく、今回の新色も板金屋泣かせとなりそう

| ただでさえメタリックは修復が難しいが、マツダの特別塗装はそれに輪をかけて高い技術が要求される | 表現手法が多様化するとともに求められる修復スキルとコストも上昇 さて、「ボディカラーも車体デザイン ...

「進化ではなく革命」。一度に複数カラーを、しかも人より正確に複雑なグラフィックを再現できるロボット「ピクセルペイント」が登場

「進化ではなく革命」。一度に複数カラーを、しかも人より正確に複雑なグラフィックを再現できるロボット「ピクセルペイント」が登場

| このロボットの仕事は「人の代わり」ではなく「人間以上」だとも考えられる | これからのロボットは人の能力を拡張するために活用できる存在となりそうだ さて、自動車の製造にかかわる技術は日進月歩であり ...

アウディがメルセデス・ベンツ、BMWに遅れてようやく「マットペイント」を導入!ただし現在選べるのは4色、車種はTTS/TTRS、Q3/RS Q3のみ

アウディがメルセデス・ベンツ、BMWに遅れてようやく「マットペイント」を導入!ただし現在選べるのは4色、車種はTTS/TTRS、Q3/RS Q3のみ

| 今のところ、ハンガリーのジャイル工場でしかマット塗装ができないらしい | アウディはこれまでマット塗装に対してかなり慎重だった さて、現在欧州で人気のあるボディカラーが「マット」。よってメルセデス ...

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに追加でペイントプロテクションフィルム(PPF)施工!これでほぼ「フルプロテクション」化、安心して乗れそうだ

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに追加でペイントプロテクションフィルム(PPF)施工!これでほぼ「フルプロテクション」化、安心して乗れそうだ

| もうペイントプロテクションフィルム「なし」の状態には戻れないかも | 想像していたよりも満足度がずっと高い さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに追加にてペイントプロテクションフィルム(P ...

BMWが「職人いらず、コンピューター入力にて自由にボディ上にグラフィックを描くことができる」インクジェット技術を開発!現在M4でテスト中、2022年には実用化

【動画】BMWが「職人いらず、コンピューター入力にて自由にボディ上にグラフィックを描くことができる」インクジェット技術を開発!現在M4でテスト中、2022年には実用化

| そのコストはともかく、この技術は画期的だと言っていい | 今後、様々なデザインが可能となることを期待したい さて、BMWが「環境にも自動車愛好家にもメリットのある」新しい塗装方法を開発したと発表。 ...

ブガッティ・ヴェイロン

【動画】ブガッティ・ヴェイロンを「剥がせる塗料」でリフレッシュ!その工程を見てみよう

| さすがにブガッティ・ヴェイロンに「不可逆的」カスタムを施すわけにはゆかない | それでも「外せるものは全部外す」大掛かりなカスタムに さて、これまでにも様々なスーパーカー、ハイパーカー、はたまたク ...

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDプチカスタム

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDプチカスタム!「金属地金色が気になって仕方がない」マフラーエンド内側をブラックにペイント

| ボクはいつも細かいところが気になって仕方がない | さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのプチカスタム。今回は「マフラーエンド内側の塗装」です。ウラカンEVO RWDのマフラーエンド(テー ...

まさかの純正!ポルシェが新車オーダー時に「サビ風」ヴィンテージペイントを選べるように

【動画】まさかの純正!ポルシェが新車オーダー時に「サビ風」ヴィンテージペイントを選べるようになったと発表

| サビ風というよりは実際にサビさせているらしい | さて、ポルシェのパーソナリゼーション部門、「エクスクルーシブ・マヌファクトゥア」が自社のレストア部門「ポルシェクラシック」とのコラボレーションにて ...

アストンマーティンDBXはこうやって作られる

【動画】アストンマーティンDBXはこうやって作られる!工場にて、自分が注文したDBXが塗装される現場に人気ユーチューバーが立ち会う

| 一般の人だとこうはゆかない。まさに人気ユーチューバーの特権 | さて、カスタム仕様のアストンマーティンDBXをオーダー済みの英国人ユーチューバー、Mr JWW氏。これまでにも自身のアストンマーティ ...

30インチホイールを装着したハルク仕様のシボレー・カプリス

塗装だけで410万!内外装「ハルク」仕様、30インチホイールを装着したシボレー・カプリスのカスタムがスゴい!!

| このペイントはもはや芸術レベル | さて、これまでにも様々なカスタムカーを紹介してきましたが、今回はそのカスタムにかける情熱という点ではトップクラスの一台を紹介したいと思います。このクルマは198 ...

真っ黒い塗料でペイントされたランサーエボリューション

【動画】世界で最も黒いランエボが目撃される!可視光線の99.4%を吸収する「無双ブラック」へとペイントするとこうなる

| 塗料を開発したのは日本の光陽オリエンタルジャパン | さて、BMWは「世界一黒い」特殊塗料、バンタブラックにてペイントされたX6を発表していますが、これは”可視光線の99.965%を吸収してしまう ...

【動画】走行わずか120km、しかし事故車の最新ポルシェ911を新車の半額で購入。分解・修理する一連の作業をユーチューバーが公開

| 修理できる設備と腕前を持つショップには「いい買い物」 | さて、けっこうアメリカでは盛んな「事故車を買い取って再生する」という動画。今回はほぼ新車(走行130キロ以下)のポルシェ991カレラSカブ ...

【動画】フェラーリ458スペチアーレAを100時間かけて磨く!”ゆず肌”をヤスリで削り取って実現した鏡面仕上げを見てみよう

| さすがにここまでやるショップは見たことがない | ロンドンにて高級車に特化したディティーリングを行うショップ、「トパーズ」。これまでにもラ・フェラーリ、ケーニグセグ・アゲーラRS、マクラーレン・セ ...

ポルシェ356と同じ「ラジウムグリーン」にペイントされた911が中古市場に!なぜポルシェはここまでグリーン好きなのか

| ちなみにこの個体は「オールペン」。ただし純正の塗装よりもクオリティが高いようだ | さて、アメリカはクリーブランドにて、「ラジウムグリーン」のポルシェ911カレラS(991)」が販売中。911「タ ...

ポルシェ718ケイマンのブレーキキャリパーを「アシッドグリーン」に塗装!これで足元がオシャレになったぞ

| オレンジと迷ったがアシッドグリーンにしてよかった | さて、ポルシェ718ケイマンのブレーキキャリパーペイントが完了。そのカラーはポルシェのハイブリッドモデルに採用される「アシッドグリーン」です。 ...

ポルシェ718ケイマン用低ダストブレーキパッドがようやく登場!さっそく交換してみた

| ようやくポルシェ718ケイマン対応の低ダストブレーキパッドが発売された | さて、かねてより交換を検討していた「低ダストブレーキパッド」をポルシェ718ケイマンへと装着。ポルシェのみならず欧州車は ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5