■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

中国企業傘下となったロータス「我々の野望はとどまるところ知らない」。豊富な資金を得てハイパーカー開発に着手

ロータスは「エレクトリック関連」の大量求人を開始 ロータスは2017年に中国の吉利汽車に買収されていますが、吉利汽車はロータスへの投資を増加させており、今後大きな計画を持っている、という報道。吉利汽車がAutomotive Newsに語ったところによると「我々の野望はとどまるところ知らない」とのことで、主に中国とアメリカにおけるシェアの拡大を進める予定を持っており、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニやマクラーレンに対抗する意思を示しているようですね。 ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

テスラはたった10年でポルシェと同じ台数を出荷するようになり、発売1年めのモデル3は「アメリカで「最も売れたプレミアムカー」に

もう誰もテスラを無視することはできない テスラが2018年の業績を発表し、その販売台数は創業以来もっとも多い245,240台であった、と報告。この数字がどれくらいのものかと言うと、同じく過去最高を記録したポルシェの販売台数が256,255台であり、つまりテスラは2003年の設立から数えて15年、最初のクルマ(ロードスター)を発売してからわずか10年でこの数字を達成した、ということになります。※テスラですら、設立から第一号車の発売までに3年を要している こちらもオススメ、関連投稿テスラが上海で「ギガファクト ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW X3 Mの画像がリーク。その外観、「330km/h」まで刻まれるスピードメーターが明らかに

出力は最高で500馬力と言われるが、さすがに300km/hは超えないだろう BMW X3 Mの外装そしてメーターパネルがリーク。上の画像もメーター内に表示されるX3 Mの姿ですが、外装デザインはこれで「決まり」ということになりそうです。なお、BMWは昨年9月にX3 M、X4 Mのティーザーキャンペーンをスタートさせており、カモフラージュつきながらもその姿を公開していますね。スペックについては不明ながらも、新開発の直6ターボが搭載されるとみられ、その出力は最大で454馬力を発生させる、という報道も。 BMW ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連

【動画】ポルシェ・カイエン・クーペのプロトタイプがテスト中。なぜかアルファロメオ・ステルヴィオを同伴させての走行

ポルシェがまさかの「アルファロメオをベンチマーク」? ポルシェ・カイエンクーペと思われるプロトタイプのスパイ動画が登場。先日はスパイフォトが出回りましたが、「動画」は今回がはじめてかもしれません。この動画ではそのシルエットを確認でき、しかし「クーペ」とはいうものの、メルセデス・ベンツGLCクーペ/GLEクーペやBMW X4/X6ほどリアウインドウの傾斜はクーペ風ではなく、これはポルシェの属するフォルクスワーゲングループのSUV全般に見られる傾向。 実際にアディは「Q8」をクーペSUVとして位置付けていて、 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

【動画】メルセデスAMG ONEのレビュー動画登場。内外装のあの部分はこうなっていた

パワートレーンの問題が原因で開発は難航中 しばらく話題に乏しかったメルセデス・ベンツのハイパーカー、「AMG ONE」ですが、今回トップギアによる動画レビューが登場しています。メルセデスAMGは、この「ONE」について2019年より走行テストを開始すると(2018年秋の市販車公開時に)述べており、実際にプロトタイプが走行させてはいるものの、パワートレーンの調整にて開発が遅れている、とも言われていますね。 なお、メルセデスAMG ONEはF1マシンからそのまま移植したパワートレーンを持ちますが、これを「市販 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >デンマークの自動車メーカー >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他の国の車 >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

0-100km/h加速ランキング2019年最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピックアップ。最新モデルに加え、参考のために過去モデルやヒストリックモデル(ランボルギーニ・カウンタックなど)の数値も拾っています。これを見ると、ポルシェが上位にあるのはもちろんですが、けっこうメルセデス・ベンツが頻繁に顔を出していて、このあたりはニュルブルクリンクのラップタイムランキング同様です(高級車のイメージ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

「100台の注文が集まれば生産する」とされたポルシェ・ケイマンGT4ラリー。718ケイマンGT4クラブスポーツをベースに生産決定

現段階では競技専用。公道走行可能なモデルの発売も熱望 先日、「100台の受注が集まれば生産する」と発表されたポルシェ・ケイマンGT4ラリー・コンセプト。今回ポルシェが正式に「ケイマンGT4ラリーを市販する」と発表し、つまり100台の受注が集まった、と考えて良さそう。なお、先日発表されたケイマンGT4ラリー”コンセプト”は981世代のケイマンGT4をベースとしていたものの、市販モデルは718ケイマンGT4クラブスポーツをベースにする、とのこと。 ケイマンGT4ラリー・コンセプトの詳細はこちら。 ポルシェ「ケ ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren)

今度はマクラーレン・セナが競売にて転売。同競売にはレクサスLFA、フォードGT、マクラーレン12Cハイスポーツなど限定車が一挙に登場

マクラーレンは他メーカーに比較すると転売が多いように思われる 米オークション会社バレット・ジャクソンが、自身の主催する競売にてマクラーレン・セナを出品する、と発表。マクラーレン・セナは500台のみの限定で、アメリカ市場には120台が割り当てられていますが、そのうちの一台が販売に供されるということになりますね。なお、このセナのシャシーナンバーは「005」なので、かなり早い段階で納車された個体ということもわかります。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向 ...

ReadMore

■近況について ■食べ物や飲み物など ■ニュース

トリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきた。チーズリゾットは絶品だ

どの料理もトリュフづくし さて、今回の香港グルメ紀行第一弾。ハーバーシティ内にある「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきたわけですが、ここはその名の通りトリュフ専門レストラン。とくにこのお店を目指していたわけではないものの、なかなかにトリュフ専門店というのも珍しく、「いっちょトリュフでも食べてみるか」ということに。※日本だと東京ミッドタウンに入居している。本店はパリ こちらもオススメ、関連投稿香港グルメ紀行、「市場」編。新鮮な食材を使用した海鮮料理を食べ ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー >中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus) ■ニュース

ロータスが今後「中国産」になるとの報道。親会社の吉利汽車が武漢に建設する新工場にて吉利、ボルボとともに生産予定

理論的に考えるとやっぱり「そうなる」 ロータスが中国の自動車メーカー「吉利汽車(Geely)」傘下となってしばらく経ちますが、その吉利汽車は中国・武漢に1500億円を投資して新しく工場を建設する見込み。そして今回ロイターが報じたのが、「ロータスも今後、吉利汽車の武漢工場で製造される」ということで、「わかっていたけど実際に報道されると、ちょっとショック」。 こちらもオススメ、関連投稿ボルボ/ロータスの親会社、吉利汽車が空飛ぶ車の会社を買収。今後はロータスも空へ?テスラが上海で「ギガファクトリー3」の建設に着 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) ■服や小物、時計、雑貨など

意外な選択も?メルセデス会長、フェラーリCEO、トヨタ社長など世界のトップが愛用する腕時計10選

投稿日:

| 世界有数の企業を率いるリーダーはどんな腕時計を身につけているのか? |

seiko watch

セレブもそうですが、ビジネスリーダーがどんな腕時計を身につけているか、ちょっと気になりますよね。
そこでビジネス・インサイダーによると、世界のCEOはこんな腕時計を身につけているという記事が掲載されており、ここで紹介してみたいと思います。

なお、ビジネスインサイダーでは、中高で時計販売大手、「Crown&Caliber」CEOの言として、「腕時計は会話のきっかけになる」とし、「知らない土地で、知らない人に声を掛けるとき、”いい腕時計ですね”と言えば会話が成立する」ということ、「ゴールドやダイヤを使用したウブロを身につける人、ステンレス製でヴィンテージもののゼニスを身につける人とでは全くタイプが違う」ということを紹介していて、米国やビジネス界における腕時計の重要性も示唆。

ではビジネス界の大物はどんな腕時計を身につけているのか

ウォルマートCEOはシチズン

まず、ウォルマートCEOであるダグ・ミクロン氏が愛用するのは「シチズン・スカイホークA-T JY0000-53E」。
正直な仮「意外」な選択ですが、電池不要のエコドライブ、そして正確なクォーツ、43カ国の時刻表示が可能なワールドタイム機能月という点において、ビジネスに欠かせないツールなのかもしれませんね。
なお、日本だと10万円程度で購入可能です。

watch (9)

参考までに、ウォルマート創業者一族で、「世界で最も裕福な女性」とされるアリス・ウォルトン氏が乗るクルマはフォードF-150。
生粋のお金持ちはプレミアム性よりも実用性を優先するのかもしれませんね。

意外な選択も多い?W.バフェット、ザッカーバーグ、イケア創業者など億万長者の乗る車5選

GE元CEOはブライトリング

そしてゼネラル・エレクトリック元CEO、ジェフリー・イメルト氏はブライトリング・クロノスペースM78365。
すでに販売終了となっており、日本での定価は79万円。
航空機をバックボーンに持つブライトリングらしく視認性の高いダイヤルが特徴で、「アナデジ」という情報の多さもビジネスツールとして有用なのかもしれません。

watch (1)

アップルCEOはもちろんアップルウォッチ

そしてアップルCEO、ティム・クック氏はもちろんアップルウォッチ。
モデルによって異なりますが、3万円程度から購入可能。
確かに機能が豊富で使い勝手がよく、比較的安価ではあるものの、「安っぽく」見られないのがいいですね(ティム・クックCEOの場合はプロモーション的側面から選んでいるとは思いますが)。
アップルウォッチについては、もうちょっとバッテリーが長持ちすればなあ、と思います。

watch (6)

トヨタ社長はパテック・フィリップ

トヨタ自動車、豊田章男社長はパテック・フィリップ・カラトラバ5115G。
さすがは自らを「超おぼっちゃま」と定義しているとおり、”さすが”、そして嫌味のない選択だと思います。
160万円くらいの腕時計ですが、パテックフィリップは画像だと「そんなに高く見えない」ものの、実物を見ると「なるほど」と唸らせられるブランドでもありますね。

watch (2)

トヨタ社長「自分はお坊ちゃまではなく、”超”お坊ちゃま」。その真意とは?

シェブロン元CEOもブライトリング

石油大手のシェブロン元CEO、ジョン・ワトソン氏はブライトリング・エアロスペースE79362。
価格は50万円くらいで(生産終了モデル)、こちらも「アナデジ」。

watch (3)

ダイムラー会長はショパール

ヒゲで有名なダイムラー(メルセデス・ベンツ)会長、ディーター・ツェッツェ氏が愛用するのはショパール・ミッレミリアGMTクロノグラフ 16/8992-3001。
モータースポーツへの関与が深いショパールそして「ミッレミリア」「クロノグラフ」というところは自動車メーカーの会長らしいところ。
かつ、世界中の時間を把握しやすい「GMT」というのもダイムラー会長らしい、と思います。
価格は50万円くらい。

watch (4)

アマゾンCEOはユリス・ナルダン

そして長者番付上位常連(2018年は首位)、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOはユリス・ナルダン・デュアルタイム233-88-7。
ユリス・ナルダンは船舶用クロノメーターの製造で知られ、世界各国の海軍へと納入した実績を持ちますが、そのバックボーンが示すように「マリン」っぽいイメージが特徴(あまりジェフ・ベゾス氏とイメージが合致しない)。
価格は70万円くらいです。

watch (5)

マイクロソフトCEOはブライトリング

マイクロソフトCEO、サティア・ナデラ氏はブライトリング・コルト・オートマティック。
現行モデルでカーフベルトだと32万円から購入可能です。
なおブライトリングの中では「エントリーモデル」という位置づけで、世界有数の企業価値とブランド価値を誇る企業のCEOが着用する腕時計としては異例に安価、と言えるかもしれません。

watch (7)

元フェラーリCEOはロレックス

元フェラーリCEO、ルカ・ディ・モンテゼーモロ氏が愛用しているのはロレックス・サブマリーナ(Ref.ナンバーは不明)。
褐色に日焼けした肌、同氏の風貌とよく似合っていると思いますが、ビジネスにおいてロレックスを用いる数少ない一人。
80万円くらいから購入可能ですね。

ウォーレン・バフェット氏もロレックス

投資家として名高く、長者番付3位のウォーレン・バフェット氏が愛用するのもロレックス。
ただしゴールドの「デイデイト」でプレジデントブレスレット装着モデルという「いかにも」な一本です。
だいたい300万円くらい。

watch (8)

以上、世界のビジネスリーダーが愛用する腕時計をピックアップしてみましたが、いかがでしょう?
ぼくはもっと「パテックフィリップ」「ヴァシュロン・コンスタンタン」「オーデマ・ピゲ」といった雲上ブランドが多いかと考えていたのですが、意外やそうでもないようです。

多国籍企業を束ねる場合はやはりワールドタイムやGMT、そしてVIPは「時間管理がシビア」な場合が多いことからクォーツを選択する場合が多く、かつバフェット氏、豊田章男氏を除けば「ステンレス」。
そしてブライトリングを選ぶ人がけっこういるのがさらに意外でもありますね。



世界の富豪はこんなクルマに乗っている

なお、腕時計同様に「世界の富豪はどんなクルマに乗っているのか」は気になるところ。
フェイスブックCEO、マーク・ザッカーバーグ氏はホンダ・アコードやフィットなど、安価なクルマに乗ることで知られます。

Facebook創業者で世界で5番目にリッチな男、マーク・ザッカーバーグの乗る車とは?

腕時計同様、世界の富豪は質実剛健なクルマを好む場合が多かった。

意外な選択も多い?W.バフェット、ザッカーバーグ、イケア創業者など億万長者の乗る車5選

富豪が「地味」なクルマに乗るのは、誘拐などを避けるために”目立たないように”配慮している可能性も大きそう。
実際にルイ・ヴィトン会長はプジョー205GTIを普段のクルマとして愛用していたことが報じられていますね。

これが世界の成功した経営者の愛車だ。プリウスやレガシィなどけっこう地味

VIA:Businessinseider

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >フェラーリ(Ferrari), ■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.