>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMWが国内にて新型X5(920万円~)、8シリーズ・カブリオレ(1838万円)を発表!X5はついに全幅2メートルを超えるも「自動バック機能」で扱いやすいクルマに

投稿日:

直前に前進した50メートルをクルマが記憶し、正確に来た道をバックできる

BMWジャパンが新型X5を発表(X5の製品ページはこちら)。
まず導入されるのは「BMW X5 xDrive 35d Standard(920万円)」と「BMW X5 xDrive35d M Sport(999万円)」の2つ。

つまりは両方とも「ディーゼル」ということになりますが、エンジンは3リッター直6、出力は265馬力(燃費はリッター11.7キロ。0-100キロ加速は6.5秒)。
ボディサイズは全長4935ミリ、全幅2005ミリ、全高1770ミリとかなり大きく、先代の全長4910ミリ、全幅1940ミリ、全高1760ミリからいずれもアップ(とくに全幅の拡大が目立つ)。

BMW X5の全幅はついに2メートルを超える

BMW X5は「現代版ラグジュアリーSUV」の元祖とも言えるクルマで、今回の新型X5で4代目を数えます。

サイズは大きくなったものの先代比で15.5キロの軽量化を達成していることも特筆すべき点で、 X5 xDrive35d M SportsにはXモデル初の4輪アダプティブ・エアサスペンションを装備するなどドライバビリティも向上。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、車

さらにバックする際のサポート機能「リバース・アシスト」、BMWコネクテッド・ドライブ、その他最新のドライバーサポート機能を備えており、” 1999 年の初代モデル登場から受け継がれたコンセプトと、最新技術を融合させた完成度の高い新型モデル”になった、とBMWは述べています。

そのほか、 ”3年間の主要メインテナンス無償提供、タイヤ/キーの破損や紛失の際の費用サポート等が含まれる「BMW サービス・インクルーシブ・プラス」 ”が全車に付与されるなど、維持しやすいクルマにもなっているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

新型X5の外観については「左右連結された」キドニーグリルが大きな特徴で、そのサイズの巨大かもあってか、これまでとは「迫力がケタ違い」に。
ほかの下位XシリーズやX6に”スポーティー路線”を任せることにしたのか、新型X5では「上級移行」したかのような高級感が感じられるように。

BMW X5のインテリアは「スイッチを最低限に」

インテリアだと最新のインターフェースを持つ「BMW Operating System 7.0」が与えられ、これは10.25インチのコントロールディスプレイに12.3インチのメインメーターで構成されるもの。
BMWとしては「スイッチの数を最低限まで削減した」とのことです。

写真の説明はありません。

そのほか安全装備やドライバーアシストも充実しており、 アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングほか、「直前に前進したルート50メートル」を車両が記憶し、細い道に入り込んで困ったときなど”自動で全く同じルートを50メートルバックできる”リバース・アシスト機能が一つのトピックもであります。

写真の説明はありません。

BMWは新型8シリーズ・カブリオレも発表

加えてBMWは新型8シリーズ・カブリオレも発表。
グレードは「BMW M850i xDrive Cabriolet」一本のみで、価格は1838万円(8シリーズ・クーペは1717万円)。

BMWによると「BMW 8シリーズ クーペの美しさや卓越した運動性能を持ちながら、オープン・モデルならではの解放感や優雅さを備えたモデル」。

実際に「オープンモデルならでは」の装備はソフトトップのみだけではなく、8シリーズ・クーペだとマットシルバー仕上げとなるグリルフレームやモール類は「クローム」仕上げとなり、クーペとは細部に至るまで差別化が図られているようですね。

エンジン含むドライブトレーン、基本的な装備等については8シリーズクーペに準ずる内容を持っています。

まだまだこれらがショールームに登場するのは「先」になりそうですが、ひとまずは「新型3シリーズ」が配備されつつあり、しばらくの間はBMWにとって「新型車ラッシュ」が続きそうですね。

VIA:BMW

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.