>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型コルベットの”バーチャルカスタム”登場!なぜコルベットはこれまでカスタムされる機会があまりなかったのかを考えてみた

投稿日:2019/12/25 更新日:

| コルベットの主要顧客層は55-74歳だとされ、カスタム意欲が低いのかも |

シボレー・コルベット(C8)にワイルドなエアロパーツを装着したレンダリングが公開。
C8世代のミドシップ化されたコルベットは高いポテンシャルを持っており、おそらくは各チューナーやショップがそのポテンシャルを引き出そうと数々のチューニングプログラム、カスタムパーツをリリースする可能性が大。
そしてアメリカらしく「ワイドボディ」もポピュラーなカスタムになるのかもしれません。

なお、コルベットについてはダッジ・チャレンジャー/チャージャー、カマロのようにカスタム車両があまりネットを賑わせていないように思われますが、実際にカスタムされていないのかどうかは不明。
ただし(これまでの)コルベットの主要顧客層は「ベビーブーマー」つまり55歳~74歳だとされ、となるとほぼカスタムせずに”そのまま”乗っている人が多いのかも。

ただしC8コルベットでは事情が異なるはずだ

ただ、今回のC8コルベットについては若い新規顧客も取り込めているものと思われ、そういった人々はカスタム意欲も旺盛だと考えてよく、C8コルベットはカスタム市場含め、これまでとは異なる盛り上がり方をするのかもしれませんね。

Chevrolet-Corvette-Widebody-3

このレンダリングを見ると、ほぼ純正に「アドオン」しているようで、フロントだとスプリッターとエアロフリック装着、フロントフードにはダクトを追加。
前後オーバーフェンダーによってボディがワイド化されていますが、フロントだとバンパー前部にまでフェンダーが回り込むデザインを持っています。

Chevrolet-Corvette-Widebody-2

リアだとバンパー両サイドのダクトにインサートパーツが取り付けられ、リアウイング、リアスポイラーが装着された上でディフューザーそしてエキゾーストシステムも交換済み。

もちろん前後ホイールは「ディープ」なリムを持つ製品へとコンバートされています。

全体的に見てかなりアグレッシブなデザインではありますが、C8コルベットでは客層の変化とともに、こういった楽しみ方がなされるようになるのかもしれませんね。

ほかにはこんなレンダリングも公開されている

なお、このレンダリングアーティストは他にも様々な作品を公開。
まずこちらは日産R35 GT-Rのトラック仕様。

ランボルギーニ・ガヤルドのアンダーにエアロパーツ装着。

けっこうアグレッシブなトヨタGRスープラのバーチャルカスタム。

こちらもやはりGRスープラのカスタム。

アルファロメオの現代風カスタム。

VIA:  Hugo Silva

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->シボレー(CHEVROLET), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.