>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

| ボディサイズもCクラスとそんなに変わらない | メルセデス・ベンツ日本が「Aクラス・セダン」を発表。Aクラスは「FF」をベースとしたプラットフォームを使用していますが、メルセデス・ベンツがAクラスにセダンを投入するのは今回が「初(CLAは”クーペ”風セダンという扱い)。なお、「Aクラス」と聞くとけっこう小さいように思えるものの、実際のボディサイズは全長4549ミリ、全幅1796ミリ、全幅1451ミリ、となかなかに立派。ちなみに現行Cクラスのボディサイズは4696/1810/1445ミリ、先代Cクラスは ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

世界最速の「防弾車両」、アウディRS7”改”登場。防弾装備に加え煙幕発生、ソニックキャノン、催涙ガスなど「反撃可能」な装備を持ち、0-100km/h加速2.9秒、最高速度325km/hで逃げることも可能

| さすがに「ボンドカー」なみの装備を持った防弾仕様車は見たことがない | APRがアウディRS7スポーツバックを「アーマード・ビークル」へとカスタム。APRはいわゆる「本気の走り系」チューナーですが、こういった「防弾仕様」へのカスタムは非常に珍しいと思います。それでも今回のような改装を行うということは、それだけ世の中が「物騒」になっている、ということなのでしょうね。なお、北米、南米では銃器を使用した凶悪犯罪が急増しており、「防弾防爆仕様」の需要が非常に高くなっているとも報じられています。これを受けてかメ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

クルマの中で温泉に入れる?「ホンダ・オンセン・コンセプト」はこういったクルマだ

| さすがにこのコンセプトカーは「未来に行き過ぎた」かもしれない | 韓国のCGデザイナー、Hanbeom Lee氏が考えた「ホンダ・温泉コンセプト(Honda Onsen Concept)」。完全自動運転をイメージしており、なんとクルマの中で温泉に浸かるという斬新なコンセプトカーです。構造としては、車内にお湯を満たしたカプセルを設置し、その中に乗員が入るというもの。よくアメリカで「車体後部にプールを設置したリムジン」が観光用に走っていたりしますが、これだと「お湯がこぼれるので」密閉式カプセルを採用したよ ...

ReadMore

■近況について ■ニュース

今週末は神戸に集おうぞ。「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」が三宮にて開催、ウブロティスタは要注目

| ウブロの新作腕時計を一気に見ることができるチャンス | さて、毎年恒例の「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」ですが、今年は規模を拡大して三宮のカフェ「THE PLACE」にて開催されることに。正直これまでは参加したことがなかったものの、今年は都合がつきそうなので参加を検討しているところ。なお、同日は大阪でオーデマピゲのイベントもあり、かなり忙しい一日となりそうです。

ReadMore

■自動車・バイクの購入検討/比較など ■近況について ■ニュース

「ポルシェ911不買の誓い」を破ってしまいそうだ!新型ポルシェ911の見積もりを取得した(乗り出し2143万円)

| ポルシェ911カレラSもついに2000万円を超えるようになったか | さて、先日試乗した新型ポルシェ911(992)。ぼくは「もう911は買うまい」という911不買の誓いを立てていますが、それは「ぼくの腕が未熟であり、リアエンジンレイアウトの911をうまく走らせることができず、怖い思いをしたため」。よって911(997)を売却した後は同じポルシェでも981ボクスター、718ケイマンというミドシップ、そしてランボルギーニ・ガヤルド/ウラカンという、ミドシップ+4WDといった安定志向のスポーツカーを選んで ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダは2025年までにスポーツカー含む複数のEV発売とのウワサ。初代シビック、S800モチーフのクルマが発売されるならS2000のEV版も登場する?

| ホンダがトヨタに対抗するにはS2000復活しかない | honda sport EV ホンダは市販モデル初のEV「ホンダe」を発表したところですが、その後すぐ、スポーツカーと思われるボディ形状を持ったEVらしきクルマのパテントが出願されたことも明らかに。このスポーツカーらしきEVの詳細は不明ではあるものの、おそらくはホンダeとプラットフォームを共有するものと思われます。 ホンダがミドシップスポーツカーっぽい新型車のパテントを申請。エレクトリックスーパースポーツか?

ReadMore

>ミニ(MINI)

アルピナは過去に「高級なミニ」を作ろうとしていた!ちなみにミニは自身で「ロールスロイス仕様」を限定販売したことも

| ロールスロイス仕様のミニは当時570万円で販売されていた | 先日、アルピナが「i8ベースのハイパフォーマンスハイブリッドカーを発売しようとしていた」という記事をお届けしましたが、今回は「アルピナが、ミニの高級バージョンを作ろうとしていた」というもの。アルピナはBMWに認められて公式にBMW2シリーズからボディやパーツの供給を受け、これに自社開発のパーツを組み込んで完成車を製造する「自動車メーカー」。BMWとは緊密な関係にあり、これまでにも「BMWが生産を終了する”M1”の生産を引き取り、アルピナにて ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:ポルシェ911(992)】 ポルシェはいつも、ボクらの期待の「ずっと上」を行く。これだけバランスの取れたスポーツカーは他にない

| ポルシェはもともと「小型で効率性の高いスポーツカー」を標榜していた。その精神は今も新型911に受け継がれる | さて、待望の新型ポルシェ911(992)カレラSに試乗。ぼくは「もう911を購入することはないだろう」と考えていましたが、それはRRならではの不安定な挙動のため。ただ、ぼくがそう判断したのは997世代の911に乗っていた頃で、それ以降の919、991.2を運転してみると徐々にそういった(不安定な)印象が薄れてきていることにも気付かされます。 最新の992世代ではその傾向がさらに強くなっている ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがロンドンにて「ラピードE」「ラゴンダ」を展示。両方ともアストンマーティンの未来を示すクルマだが、先行きは不透明

| とくにラピードEはポルシェ・タイカンの影に隠れてしまいそうだ | アストンマーティンが、ロンドンにあるフラッグシップショールームにて「ラピードE」そして「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」を展示。いずれも「ピュアエレクトリックモデル」となりアストンマーティンの未来を表すクルマでもありますね。ラピードEのほうはすでに販売が開始されており、限定155台とアナウンスされるも「まだ売れ残っている」と報じられています。 アストンマーティンが「ニュルを一周走るのが限界」なピュアEV、ラピードEを発表!限定155台 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスターとマクラーレン720Sスパイダーの加速対決!フラッグシップオープンモデル同士の対決の行方は?

| 想像していたよりもアヴェンタドールSロードスターはずっと速かった | CARWOWが「マクラーレン720Sスパイダー」そして「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」、つまりオープンスーパースポーツ同士の加速対決動画を公開。両者とも、それぞれのブランドにおいて「カタログモデル(限定ではない)では最強最速のオープンモデル」ということになりますね。

ReadMore

ピニンファリーナ

>フェラーリ(Ferrari)

特注カラーの「ジアッロ・モデナ」に彩られたエンツォフェラーリが販売中。そのデザインにはこういった秘話があった

| 最終的に採用されたデザインは「代案」だった | ロンドンのエキゾチックカーディーラー、DDクラシックスにて、エンツォフェラーリの中古が販売中(価格はASK)。ボディカラーは「ジアッロ・モデナ」で、 ...

>フェラーリ(Ferrari) >その他イタリア車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

デ・トマソP72のデザインはフェラーリP4/5のパクリ?”ワンオフモデル”P4/5とは何なのか、オーダーしたのは誰なのかを解説してみる

| この類似性は正直なところ、言い逃れできないだろう | 先日デ・トマソはブランニューモデル「P72」を発表し、大いなる喝采を浴びたところ。しかし今回、これに対してジェームズ・グリッケンハウス氏が「我 ...

>その他イタリア車

ピニンファリーナ・バッティスタがアートカーに!ダ・ヴィンチ没後500年を記念しロズベルグ、ハイドフェルドという二名の元F1ドライバーがアンヴェール

| この二名が揃うのはなかなかレア | ピニンファリーナの新型ハイパーカー「バッティスタ」がアートカーに変身。これはレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念したもので、大英図書館にて開催される「A ...

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ「SF90」ではなく「F90」。過去にブルネイ王族のために作られた、歴史上もっとも謎に満ちたフェラーリを見てみよう

| 誰も実車を見たことがなく、存在を示すのは数枚の写真のみ | フェラーリは「SF90ストラダーレ」を発表したところですが、そこでふと思い出したのが「F90」。ただしこれはフェラーリによって作られたも ...

>その他イタリア車 ■ニュース

【動画】ピニンファリーナのハイパーカー「バッティスタ」のレビュー登場。その内外装はこうなっている

これだけ「機能とデザインが融合した」クルマも珍しい。さすがピニンファリーナ 英国TopGearがピニンファリーナ初の市販モデルにしてエレクトリックハイパーカー、「バッティスタ」のレビューを公開していま ...

>その他イタリア車

ピニンファリーナ・バッティスタ発表!限定150台、価格は3億円とのウワサ。これが世界初の「ラグジュアリー・ハイパーEV」だ

どこからどう見ても「ピニンファリーナ」。そのデザインは健在 ピニンファリーナがついに市販車第一号となる「バッティスタ」を発表。「バッティスタ」とはピニンファリーナ創業者の名ですが、ずっと自身の名を冠し ...

>その他イタリア車

ピニンファリーナの市販車第一号、「PF0」の正式名称は創業者の名をとって”バッティスタ”に

ピニンファリーナ創業者の夢が90年越しに実現する ピニンファリーナはしばらく前からブランド初の市販車としてハイパーエレクトリックカー「PF0」のティーザーキャンペーンを行っていますが、今回はそのヴェー ...

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】年末恒例、フェラーリのイベント「フィナーリ・モンディアリ」。SP1/2も登場するその内容を見てみよう

| フェラーリ・モンツァSP1/SP2がファンの前でその走りを見せる | フェラーリが毎年年末に開催するイベント、「Ferrari Finali Mondiali(フェラーリ・フィナーリ・モンディアリ ...

>フェラーリ(Ferrari) >その他の国の車

ピニンファリーナの神通力はどこへ?パリで発表されたベトナム初の市販車が「ピニンファリーナデザイン」とは思えない件

| とてもピニンファリーナとは思えないデザイン | ベトナム初の量産自動車メーカー、「Vinfast」がパリ・モーターショーにてその市販車第一号、LUX A2.0セダン、LUX A2.0SUVを公開。 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他の国の車 ■ニュース

え?これがピニンファリーナデザイン?ベトナム初の自動車メーカー”VINFAST”が新型車2台を公開

| ついに登場、ベトナム初の自動車メーカー | ベトナム初の自動車メーカー」VINFAST」がついに市販モデルを公開。 今回はオンライン上の発表ですが、実車はパリ・モーターショー(9/4-11)にて公 ...

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ・セルジオが5.6億→4.6億に値下げ販売。限定フェラーリといえども人気モデルとそうでないものがある?

| 世界に6台、フェラーリ・セルジオが中古市場に登場 | フェラーリ・セルジオが約4億6000万円にて販売中。 以前にも同じくイエローのセルジオが販売されていましたが(同じ個体かどうかは不明)、その際 ...

>フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >その他イタリア車

ピニンファリーナ創業者の知られざる逸話。「フォードからチーフデザイナーに誘われたが断った」

| ピニンファリーナはフォード専属デザイナーに誘われていた | ピニンファリーナはペブルビーチにて、有力顧客のみに対し初の市販モデルにしてハイパーカー、「PF0」を公開したとされていますが、今回ピニン ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他イタリア車

ピニンファリーナ”イタリアのスポーツカー史上、もっともパワフルな”PF0のインテリアがこれだ

| ピニンファリーナの新型ハイパーカー”PF0”のインテリアはこうなる | ピニンファリーナは「市販車ビジネス」に乗り出すことを決定し、その第一号車はハイパーカー”PF0”となることを発表していますが ...

>その他イタリア車

ピニンファリーナはすでに顧客に新型エレクトリックハイパーカーを案内。「0-100キロ加速2秒以下」「最高速度402km/h」

| ピニンファリーナは新型ハイパーカーのデザインをすでに確定? | ピニンファリーナは「少量生産」「超高級」「エレクトリック」車専門の自動車メーカーとして再出発を切るとアナウンスしたばかりですが、すで ...

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリコレクターが1970年のコンセプトカー「モデューロ」をレストア。はじめて走行に成功させる

| このプロジェクトを成功させたのは”あの”ジェームズ・グリッケンハウス | 1970年に製造され、大阪万博にも展示された「フェラーリ・モデューロ」がレストアされて走行する姿を披露。 レストアを行なっ ...

>フェラーリ(Ferrari) >マセラティ(Maserati)

こんなコンセプトカーもあった。ケン・オクヤマ氏デザイン、「マセラティ・バードケージ 75th(2005)」

| フェラーリ・モデューロの発表から35年 | 先日は「フェラーリPF 512S モデューロ」を紹介しましたが、今回はそのモデューロに影響を受けたとされるコンセプトカー、マセラティ「バードケージ 75 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー

ピニンファリーナデザインのスーパーEV、K350/H500公開。香港発のベンチャーより発売

| このまま行けば本当に発売されそう | ピニンファリーナが北京モーターショーにて、香港のEVスタートアップHKG=Hybrid Kinetic Groupとのコラボレーションにて開発を進めるEV、K ...

>その他イタリア車

ピニンファリーナが「超高級EVブランド」設立と正式発表。コレクター向けに少量生産を行う見込み

| ピニンファリーナは超高級EVメーカーへ転身 | ピニンファリーナとその親会社であるマヒンドラが「アウトモビリ・ピニンファリーナ(Automobili Pininfarina)」を設立し、EV専門の ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.