>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】マクラーレン600LTをシャシダイでパワーチェック。600馬力のところ実測は574馬力→この現象を解説しよう

クルマの馬力表示はエンジン単体のものであって軸出力ではない フォードのチューニングや「ヴェノム」シリーズの発売でおなじみのヘネシー・パフォーマンスがマクラーレン600LTをシャシーダイナモでパワーチェックし、その結果を公開。この内容は非常に興味深いもので、マクラーレン600LTの軸出力は574馬力となっています。ここで「あれ?600馬力じゃないの?」という話になりますが、自動車のカタログ等にて表示される出力は「エンジン単体での出力」。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

世界に一台!アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ロードスター・ザガートが路上にて目撃される

V12ヴァンキッシュのプリプロダクションモデルを使用し、ザガートが一台だけ製造したワンオフモデル イタリアにて、世界に一台しか存在しない、「アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ロードスター・ザガート」が目撃に。アストンマーティンは初代ヴァンキッシュを6年間(2001-2007年)生産していますが、その期間中に生産されたのは「クーペのみ」。つまり公式にオープンモデル(アストンマーティンの場合は”ヴォランテ”と称する)は作られていないということになりますが、アストンマーティン自らが、ヴァンキッシュのプリプロダ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】今は途絶えたランボルギーニ2+2の系譜、”イスレロ””ハラマ”はこんなクルマ

ランボルギーニのルーツはGTカーにあり。ランボルギーニの第一号車「350GT」の直系子孫 コンコルソ・デレガンツァ2019京都にて展示されていたランボルギーニシリーズ、今回は「イスレロとハラマ」。イスレロは1968年から1970年、ハラマはその後継として1970年から1976年に生産されていますが、両車に共通するのは4リッターV12エンジンをフロントに搭載し、後輪を駆動するということ、そして2+2であるということ。

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

ブガッティが住宅を販売中!場所はドバイの人工島、家の中にはブガッティを駐車できる作りに

ブガッティオーナーであればぜひ住みたい ブガッティがヴィラ(要は家)を販売中。ブガッティ創始者であるエットーレ・ブガッティの父、カルロ・ブガッティは(富裕層向けの)家具職人であり、そういったルーツを反映してかブガッティは現在でも家具を販売しています。そしてブガッティはフランスの自動車メーカーではあるものの、実はブガッティ一族そのものはイタリア出身。さらに一族のほとんどは芸術家ということもあり、今回ブガッティが販売を行っているヴィラもなんとなくイタリアン、かつアートを感じさせるものですね(現在のブガッティは ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >その他イタリア車 ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】1930年代のアルファロメオ6Cはこんなクルマだった!存在自体が奇跡なクルマたちを見てみよう

この時代のクルマの維持や整備にかかる手間を考えると、オーナーには頭が下がる さて、京都にて開催されたクラシックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ京都2019」。様々なクルマが展示されていますが、今回は1930-1950年代という「もっとも古い」部類のクルマを見てみましょう。 Alfa Romeo 6C 1750 Zagato(1930) まずはこのAlfa Romeo 6C 1750 Zagato(1930)。名称の通りアルファロメオ6C 1750がベースとなりますが、この「ザガートバージョン」の情報 ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA) ■ニュース

低走行、フルノーマルのマツダRX-7が競売に。予想落札価格は1000万円オーバー、スープラの次に価格が高騰するのはFD3Sか

価値が認められるのは嬉しいが、手が届かない価格になるのはちょっと悲しい 米自動車売買サイト、Bring aA Trailerにて1994年式のマツダRX-7の中古車が販売中。オークション形式での販売となり、現在49,750ドル(560万円くらい)ですが、走行距離が7402キロと少なく、フルノーマルであることから「1000万円はカタい」と見られています。なお、Bring aA Trailerは文字通り「トレーラー持ってこい」という意味になりますが、買ったクルマを運ぶためのトレーラーを持ってこいという意味(翻 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

次期トヨタ86/BRZはスバルのプラットフォームを使用しない?現在スバルの持つ「スバル・グローバル・プラットフォームはFRに対応できない」

となるとトヨタ自前のプラットフォーム、そしてトヨタ製エンジン搭載の可能性も toyota 86 様々なウワサが流れる次期トヨタ86ですが、オーストラリアのカーメディア、Motoringによれば「次期86はトヨタ製プラットフォームを使用する可能性が高い」とのこと。現行トヨタ86はスバル・インプレッサのプラットフォームを改良してFRレイアウト用にアレンジしているものの、現在スバルが随時新型車に採用している「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」はFR向けに改装できないとしており、次期86/BRZがF ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

今日のポルシェ718ケイマン。粗大ごみを90キロ積んでゴミ処理場まで捨てに行く

ポルシェは本来こういった使い方をするクルマではないけれど さて、今日のポルシェ718ケイマン。いろいろと粗大ごみが溜まってきたので、ケイマンにゴミを積んで地元のリサイクルセンター(ゴミを有料で引き取ってくれる)へと持ち込むことに。ぼくは家具や家電を頻繁に買い換える方ではありませんが、生活していると様々なものが劣化したり壊れたり、はたまた猫さんが破壊してしまったりして廃棄する必要が出てきます。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■近況について ■映画や音楽、本について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】映画「ロッキー」にも登場したランボルギーニ・ジャルパ、そしてウルスの祖先である「LM002」を見てみよう

いずれもランボルギーニの歴史を語る上で外せない さて、コンコルソ・デレガンツァにて展示されていたランボルギーニ・シリーズ、今回は「ジャルパとLM002」。ジャルパは1981年に登場し、1989年(モデルイヤーは1990)まで410台が生産されています。※419台説もあるウラッコとそのタルガトップである「シルエット」の後継として位置づけられるクルマで、3.5リッターV8エンジン(250-255馬力)をミッドマウントしています。ただしウラッコは2+2でクローズボディ、シルエット/ジャルパは2シーターでタルガボ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >マセラティ(Maserati) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■近況について ■ニュース

まさか実車を見る機会が来ようとは。世界に数台、ランボルギーニ✕ザガート「5-95」「マセラティ・モストロ」はこんなクルマだ

おそらく今回を除けば一生目にすることはないだろう さて、コンコルソ・デレガンツァ京都2019に展示されていた車両のうち、比較的最近のクルマを2台、紹介したいと思います。ひとつはランボルギーニ・ガヤルドベースの「Lamborghini Gallardo 595 Balboni Edition Zagato」、もうひとつはMaserati Mostro Zagato Coupe。 Lamborghini Gallardo 595 Balboni Edition Zagato(2016) まずはランボルギーニ・ ...

ReadMore

炎上

>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >スズキ(SUZUKI)

スズキが200万台規模のリコールを届け出。そのほかフェラーリ、アウディ、アルファロメオも相次いでリコールを発表

フェラーリはエアバッグ、アルファロメオはブレーキ、アウディは燃料関係 先般より報道のあったスズキの大量リコール。スズキが4/19付けにて200万台を超えるリコールを国土交通省へと届け出ていますが、その ...

>フェラーリ(Ferrari) ■駄文(日々考えること) ■ニュース

フェラーリが富士スバルラインで事故→大破→炎上。ネットではいつもどおり悪意あるコメントが溢れるナゾを考える

まだドライバーが悪いと決まったわけではない フェラーリが4月3日の午後3時頃、富士スバルラインで事故、との報道。これはテレビ山梨が報じたもので(テレビ山梨のサイトはこちら)、フェラーリが富士山頂に向か ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フォード(FORD) >スバル(SUBARU)

アルファロメオ・ジュリアに「炎上の可能性」があるとしてリコール。そのほかにもマイバッハが運転支援技術関連にてリコール届け出

クルマが複雑になりすぎてリコールの範囲もこれまでにない範囲にまで拡大 日本においてアルファロメオ・ジュリアにリコールの届け出。内容としては「ブレーキフルード漏れの可能性があり、最悪は火災の可能性がある ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMW i8が炎上→消火が難しく消防士がやむなく水没させる。構造や動力源が複雑になれば「完全鎮火」が難しくなり、消防士にとっても困難な時代に

2019/4/1    , , , , , , ,

| メーカーがそのクルマに関する勉強会開催、資料配布を行う必要がある | オランダにて、炎上したBMW i8を鎮火させるため、消防署が水を貯めたコンテナにBMW i8を突っ込んだ、というニュース。これ ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】今まで間違えてた!正しい(オイル交換時における)オイルの注ぎ方を見てみよう

オイルをエンジンルームにこぼすと最悪「炎上」することに FCR Euroが「オイル交換時における、正しいオイルの注ぎ方」を動画で解説。これによると、(上の画像のように)オイルのボトルの出っ張った方を上 ...

>マクラーレン(McLaren) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

【動画】マクラーレン・セナが納車後11日で炎上し廃車になったユーチューバー。納車直後、炎上の様子、そして現在。「マクラーレンには炎上保証がある」

いまだ発火の原因は不明。これから調査に入る模様 残念なことに、昨年末に納車されたマクラーレン・セナが炎上して廃車となってしまったユーチューバー、アレハンドロ・サロモン氏。今回同氏は「在りし日の」マクラ ...

>マクラーレン(McLaren)

納車からわずか数日。有名ユーチューバー、サロモン氏所有のマクラーレン・セナが発火し炎上

今のところ原因は不明、ただしセナは全損だと思われる マクラーレンの超限定モデル、「セナ」が炎上するという案件が発生。なお、この「セナ」は自動車系ユーチューバーでもトップクラスの登録者を誇るアレハンドロ ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】スーパーカーは空ぶかし厳禁!アヴェンタドールが交差点で空ぶかし→炎上→周囲の人の協力を得て鎮火

| ベトナムにて、アヴェンタドールがあやうく炎上 | スーパーカーというと「燃える」というイメージがありますが、今回はベトナムにて、ランボルギーニ・アヴェンタドールが発火するという事件が発生。 車体後 ...

>アウディ(Audi)

アウディR8にリコール。「極限走行下においてミッションオイルが漏れ、最悪は”発火”の可能性」

| 信頼のアウディが「発火」を理由にR8をリコール | アメリカにて、アウディがR8をリコール。 これは現行モデルのクーペとスパイダーが対象で、2015年11月7日から2017年11月14に製造された ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

韓国で問題となった「BMW炎上」。BMWがついに全世界で160万台をリコールすると発表

| BMWがついにディーゼルエンジン搭載モデルを160万台リコール | The new BMW X4 xDrive M40d 今年の夏、韓国で相次いだ「BMWが燃える」という問題。 韓国ではこれを受け ...

>その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

中国のバッテリーは「信頼性が低い」。このまま各社が中国でEVを生産すればいずれは大惨事に

| 中国のバッテリーは偏見を抜きにしても危ない | 日経ビジネスオンラインにて、「中国製のリチウムイオンバッテリーが危険」という記事。 まず、記事ではGMが2019年に中国市場投入を予定していたEV、 ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダがNSXにリコールを二件発表。一件は燃料タンクから燃料漏れの可能性、最悪は火災も

| ホンダがNSXに対しリコールを二件発表 | HONDA NSX DETAIL ホンダが北米にて、NSXに対し「燃料タンク」「ハイマウントストップランプ」2つのリコールを届出。 幸いにもこれに起因す ...

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

テスト中のアルピーヌA110が燃える。ミドシップながらも小排気量エンジン搭載車が燃えるのは珍しい?

| 現在原因調査中、死傷者はゼロ | BBCがトップギア収録中に炎上してしまったアルピーヌA110の様子をTwitterにて公開。 クリス・ハリス氏がモンテカルロ・ラリーを走行中、SS17に突入した時 ...

>マセラティ(Maserati)

マセラティがこの1年で5度目のリコール。ブレーキ、ギアに続き「ガソリン漏れ」。最悪の場合は火災も

| マセラティがここ1年で5度目のリコール | マセラティがさらに(北米で)リコールを発表。 今回の内容としては燃料ラインからガソリンが漏れる可能性があり、最悪では発火に至る、とのこと。 対象車種はク ...

>スバル(SUBARU)

北米にて、スバルWRXが自主回収。最悪の場合「サブウーファーが炎上する」

北米にて、スバルWRXがリコール寸前の対応に 北米にて、2015年のモデルのスバルWRXが「自主回収」の対象に。 これは(ちょっと奇妙ですが)サブウーファーが最悪の場合発火する、というもの。 具体的に ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

カルガリー空港にて身障者用駐車場がすべて「レクサス専用」に。当然炎上する事態に発展

カルガリー空港にて「身障者用駐車スペースがレクサス専用スペースに」なったことで批判殺到。 もともと身障者用スペースであったということは「便利な」ポジションにこの駐車スペースがあるということになりそうで ...

>ポルシェ911関連

ポルシェが991型911GT3のエンジン保証を延長。10年、もしくは12万キロまで。不具合があれば交換の対応も

ポルシェが911GT3(991.2ではなく991世代)のエンジン保証を10年もしくは12万キロに延長する、と発表。 さらにはエンジンに欠陥が見つかった際にはエンジンを載せ替えるという内容となっており、 ...

>ランボルギーニ・ガヤルド関連

ランボルギーニ・ガヤルドが交差点で燃える。オーナーは自前の消火器で対応するも鎮火できず

ランボルギーニ・ガヤルドが交差点で突然発火し、炎上してしまう動画。 まずはガヤルド(たぶんスーパーレッジェーラ)が交差点にて停止し、信号が変わって発進しようとしても前に進んでおらず、その直後にドライバ ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.