■イタリア車

「時代を超越したエレガンス」!フェラーリが自社にてカスタムした812GTSを公開。インテリアは「非カーボン」、そしてヴィンテージレザーを使用

「時代を超越したエレガンス」!フェラーリが自社にてカスタムした812GTSを公開。インテリアは「非カーボン」、そしてヴィンテージレザーを使用

| ここしばらく、フェラーリのフロントエンジンモデルには「エレガントな仕様」が増えているようだ | ガソリン世代「最後」のクルマを長期保存しようと、時代に左右されないカラーを選んでいるのかも さて、フ ...

ドアミラーはGT3マシン風!ノヴィテックによるフェラーリF8スパイダーのチューニングキットが発売に。エキゾーストシステムは純銀コーティング、0-100km/h加速は2.6秒

ドアミラーはGT3マシン風!ノヴィテックによるフェラーリF8スパイダーのチューニングキットが発売に。エキゾーストシステムは純銀コーティング、0-100km/h加速は2.6秒

| チューニングメニュー次第にて最高出力は802馬力 | 全てのパーツを装着すれば1000万円くらいはかかりそうだ さて、フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンのチューンを得意とするノヴィテック(ノ ...

ランボルギーニ・ウルス、ポルシェ718ケイマンGT4、アウディTTRS、VWゴルフRが加速や制動力を競う!価格もパッケージングもバラバラな4車は意外と性能が拮抗していた

【動画】ランボルギーニ・ウルス、ポルシェ718ケイマンGT4、アウディTTRS、VWゴルフRが加速や制動力を競う!価格もパッケージングもバラバラな4車は意外と性能が拮抗していた

| ここまで価格や性能、ボディ形状などバラバラはクルマの性能が近いことには驚かされる | これもひとえにテクノロジーの進歩がもたらした結果としかいいようがない さて、おなじみCarwowがフォルクスワ ...

解説系ユーチューバー、パガーニ・ゾンダFに乗ってアウトバーンを321km/hで走る!あまりの楽しさに解説を忘れて笑いっぱなしに

【動画】解説系ユーチューバー、パガーニ・ゾンダFに乗ってアウトバーンを321km/hで走る!あまりの楽しさに解説を忘れて笑いっぱなしに

| パガーニ・ゾンダFが実際にこの速度を出せること、そして恐怖が感じられないことには驚きだ | 一度でいいからパガーニでここまでアクセルを踏んでみたいものだ さて、今回我らがShmee150氏がパガー ...

ストラトス・ゼロ

あの「ストラトス・ゼロ」が現代に蘇ったら!新進気鋭のデザイナーによる「ストラトス・ゼロ・レストモッド」がカッコいい

| 今なおストラトス・ゼロは多くのデザイナーにインスピレーションを与え続ける | 現代のストラトス・ゼロは初代とは異なり、「ドア」があるようだ CGデザイナーによる「ランチア・ストラトス・ゼロ・レスト ...

ちょっと待ってぇぇ!ランボルギーニが「重要なニュースがある」と投稿。動画を見るとあの「ストラトスHFゼロ」と関係がありそうだぞ・・・

ちょっと待ってぇぇ!ランボルギーニが「重要なニュースがある」と投稿。動画を見るとあの「ストラトスHFゼロ」と関係がありそうだぞ・・・

| ストラトスHFゼロはスーパーカーの歴史を語る上では絶対に避けて通れない | ただし、ストラトスHFゼロは「ランチア」のエンブレムをつけたクルマでもある さて、ランボルギーニがツイッターに「秘密を守 ...

フェラーリ・テスタロッサ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のフェラーリ・テスタロッサを(バーチャルで)レストモッド!エアロパーツにワイドフェンダー装着、この上なくアグレッシブなルックスに

| その名はフェラーリ「ウルフ」テスタロッサ | 全幅1980ミリのテスタロッサをワイド化すると、もう公道を走るのが難しくなりそうだ さて、誰がなんと言おうと間違い無いのが「テスタロッサはひとつのフェ ...

発売直前まで行きながらも市販化が見送られた「ランボルギーニ・エストーケ」。そのとき、エストーケとランボルギーニの身に何が起きていたのか?

【動画】発売直前まで行きながらも市販化が見送られた「ランボルギーニ・エストーケ」。そのとき、エストーケとランボルギーニの身に何が起きていたのか?

| あのとき、誰もがランボルギーニ・エストーケは市販されると信じて疑わなかった | 「リーマンショック」以外にも発売が見送られた理由があったようだ さて、ランボルギーニ悲運のコンセプトカー、「エストー ...

現在、もっとも安く買えるランボルギーニ・カウンタック?2008年にレストアのために解体されて以来、レストア業者が倒産し「そのまま」になっていた個体が競売に

現在、もっとも安く買えるランボルギーニ・カウンタック?2008年にレストアのために解体されて以来、レストア業者が倒産し「そのまま」になっていた個体が競売に

| しかもこのカウンタックは稀少な右ハンドル仕様 | 完成までにかかるコストを考慮しても「投資」としては有効か さて、レストア途中のランボルギーニ・カウンタックが今月末に英国にて開催されるオークション ...

ランボルギーニが欧州にてカウンタックLPI800-4初公開!そのデザインDNAを強調し、壁面に自動でデザインを描く発明「スクリビット」も登場

ランボルギーニが欧州にてカウンタックLPI800-4初公開!そのデザインDNAを強調し、壁面に自動でデザインを描く発明「スクリビット」も登場

| 日本でもぜひカウンタックLPI800-4を公開してほしいものだが | それにしても、改めてカウンタックの偉大さを思い知らされる さて、ランボルギーニが「ミラノデザインウィーク」にて、欧州初となるカ ...

ポルシェ928が復活したらこうなる?元VWのデザイナーにして928ファンが「928コンセプト」をリリース

EUの2035年ガソリン禁止に対するイタリアンスーパーカー免除案にポルシェが「待った」。「脱炭素化社会には皆が等しく貢献すべきだ」

| ポルシェからすると、自社が今まで経験した苦労や投じた資金を否定されるように感じたのかもしれない | ただし2035年までには何があるかわからず、まだまだ先行きは不透明 欧州連合(EU)は、2035 ...

マセラティ・グレカーレのパーツ

まだ発売前なのになぜ?新型マセラティ・グレカーレのフロントバンパーやホイールなどがネット上にて販売される

| フェイクじゃないかとも思ったが、フェイクを販売する理由はなく、かつこれまでの情報を総合すると「本物っぽい」 | グレカーレには21インチサイズのホイールが装着されるようだ さて、マセラティが発売を ...

レストアされ新車コンディションのランボルギーニ製トラクターが販売中!フォードGTより10年も前に「ガルフカラー」を採用していたようだ

レストアされ新車コンディションのランボルギーニ製トラクターが販売中!フォードGTより10年も前に「ガルフカラー」を採用していたようだ

| 価格は要問合せ、おそらくはスーパーカーが買えるくらいの価格だと思われる | ランボルギーニは1958年から「オレンジと水色」の組み合わせを採用していた さて、ランボルギーニ創業者、フェルッチョ・ラ ...

フェラーリF40

「フェラーリはよく燃える」説が数字にて立証される!フェラーリはトヨタの19.2倍、ポルシェの4倍も燃えていた

| 「フェラーリがよく燃える」というのはてっきり都市伝説だと考えていたが | 一方、ランボルギーニはほとんど燃えていなかった さて、ベストカーにてちょっとおもしろい記事が掲載されていたので、ここで紹介 ...

ランボルギーニ・カウンタック

まだ収まらぬランボルギーニ・カウンタックLPI800-4発表の余波!今度は「LP5000S風」など様々な作品をCGデザイナーが一挙公開

| それだけランボルギーニ・カウンタックは初代、LPI800-4ともにデザイナーのインスピレーションを掻き立てるということか | さすがに現実世界でこのクルマをカスタムする例は無いものと思われ、想像の ...

フェラーリF8トリブート

フェラーリがF8トリブートの自社カスタムを公開!シルバーにシルバーのストライプ、そしてシールドエンブレムは「ペイント」仕上げ

| 陰影が出やすいシルバーだとその複雑なデザインがよくわかる | 近年のフェラーリで「シルバー」を選ぶ例はかなり珍しい フェラーリは自社によるパーソナリゼーション部門「テーラーメイド」を持ちますが、今 ...

メルセデス・ベンツ

2021年8月のブランド別輸入車登録台数!全般的に好調だがアルファロメオ、アルピナが謎の「前年比3倍」。嗜好性の強いアメ車もよく売れている模様

| ここ最近の輸入車は個性が強く、国産車からの乗り換え組も多いと聞く | 輸入車ブランドは「前年比マイナス」を探すほうが難しい さて、2021年8月の輸入車国内登録台数。全ブランド合計だと10,514 ...

ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニとフェラーリが「2035年以降はガソリンエンジン禁止」規制から特例として除外される可能性があるようだ!認められれば2035年以降もガソリンエンジン車の生産と販売が可能に

| 現在、元フェラーリ役員だったイタリア環境移行担当大臣がEUへと働きかけ中 | この「特例」はなんとしても認めて欲しい さて、EUは2035年に「ガソリンエンジン搭載車の販売」を全面的に禁止する方向 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5