>その他ドイツ車

オペル・マンタGSe ElektroMod

オペルが自社の倉庫に眠っていた1970年製「マンタ」をレストモッド!機関をすべてエレクトリック化し、マンタGSe エレクトロモッドとして蘇らせる

| フロントグリルは全面ディスプレイの「ピクセルバイザー」 | さて、オペルはかつて生産していた「マンタ」をレストモッドすると発表していましたが、今回はそのプロジェクトが完成に近づいたと見え、一遍のプ ...

エレクトロンQuasar

またまた新興ハイパーカー登場!0−100km/h加速は世界最速の1.65秒、最高速450km/hの「エレクトロン・クエーサー」

| エレクトロン・クエーサーの価格は2億6000万円。2023年には納車が開始されるというが | さて、雨後のタケノコのようにニョキニョキ現れる新興スーパーカー/ハイパーカーメーカー。今回発表されたの ...

イズデラ・インペレーター

ボクが愛するレアカーのひとつ、イズデラ・インペレーター108iが競売に!ベンツとポルシェのエンジニアが作った「理想のスーパーカー」

| あまりの高価さにわずか30台しか生産されていない | スーパーカー史上もっともレアなクルマのひとつ、イズデラ・インペレーター108iが競売に登場。ちなみにぼくはチゼータV16T、ベクターW8、ジウ ...

ゲンバラが「ポルシェ959にインスパイアされた」ハイパーカー開発のためRUF(ルーフ)と提携

ゲンバラが「ポルシェ959にインスパイアされた」ハイパーカー開発のためRUF(ルーフ)と提携!ポルシェスペシャリストのタッグからとんでもないクルマが生まれそうだ

| ウワサではオフロードの走行も可能なエクストリームなハイパーカーになると言われる | さて、ポルシェを得意としてきたゲンバラは、その不幸な創業者の死を乗り越えて復活をアナウンスしたばかり。ただしゲン ...

イズデラ・コメンダトーレ112i

はじめて見た!あのイズデラが1台のみ製造したコメンダトーレ112iが競売に。メルセデス、そしてポルシェのパーツを流用した「当時のハイパーカー」

| イズデラを設立したのはメルセデス・ベンツ、ポルシェでエンジニアを務めたエーベルハルト・シュルツ | さて、1台のみが製造されたと言われるイズデラ・コメンダトーレ112i(Isdera Commen ...

オペルがエンブレムを変更

【動画】オペルもロゴ(エンブレム)変更!BMWやミニ、日産、VW)同様に「スマートフォン時代に対応する」ため

| まだまだこの流れに乗る自動車メーカーも多そうだ | さて、ミニやBMW,、日産、フォルクスワーゲン、トヨタに続きオペルも「ロゴを変更する」と発表。なお、オペルは現在日本から撤退した状態ですが、20 ...

日本から撤退済みのオペルが国内でリコール!こういった場合の対応はどうなるの?

| 以前のオペルはゼネラルモータース傘下、現在のオペルはプジョー・シトロエン傘下 | さて、日本から撤退済みのオペルがリコールを発表。現在オペルはPSA(プジョー・シトロエン)に属しており、しかしリコ ...

【今日のニュース:ドイツ車編】新型アウディRS3のライト内部には「フラッグ」内蔵、新型BMW M5に動画登場、オペルに「イルムシャー」設定

| 日本にもぜひ「イルムシャー」導入を希望 | さて、今日のニュース「ドイツ車」編。まずは新型アウディRS3のヘッドライトに関するものですが、発表を控えているRS3のそれは、スペインのカーメディア「P ...

90年代の狂気!とんでもないリアウイングを持つルーフCTR2スポーツが競売に登場。現役時代の表彰台獲得率は76%

| しかも合法に行動を走行できるらしい | 16台のみが製造された「ルーフCTR2スポーツ」がオークションに登場予定。ルーフはポルシェのチューナーとして認識されることが多く、しかし実際は「ルーフという ...

ニューモデルのティーザー画像3連発。「ゲンバラのオリジナルスーパーカー」「完璧なBMW、”コンセプトi4”」「メルセデスEQA」

| コンセプトi4はやはり「あの顔」になるのか | さて、ジュネーブ・モーターショーを直前にして各自動車メーカーともティーザー画像や動画を積極公開。今回はゲンバラによる独自設計のスーパーカー、メルセデ ...

オペルが日本に再参入!まずは3モデルから導入開始、しかし「今までに日本で売ったオペルのメンテナンスは受付けない」という非情ぶり

| 当時のオペルはゼネラルモータース、現在はプジョー・シトロエン | なんとオペルが日本への再上陸を果たす、とのこと(昨年末にも一旦報じられていた)。ちなみにオペルは2006年に日本市場から撤退してい ...

これがゲンバラが独自に開発しているスーパーカーだ!その加速はブガッティ・シロン、フェラーリSF90ストラダーレと同等の「世界最速」クラス

| 果たして現実的にゲンバラはこのクルマを発売できるのか | ゲンバラは今年6月に「なんらかのベース車両を持つのではなく、自社オリジナル設計のスーパーカーを発売する」と発表していますが、今回新たな画像 ...

アルピナがBMW3シリーズベースの高性能モデル「B3」を東京MSで初公開!BMW M340i以上、M3コンペティション未満

| おそらく価格や性能はBMWから”制限”を受けている | アルピナが東京モーターショーにてニューモデル「B3」を発表。東京での発表がワールドプレミア(世界初公開)となるそうですが、海外の自動車メーカ ...

アルピナがインタビューに答える。「Z4のアルピナ版は考えていないが、スープラにはちょっと興味がある」。まさかのトヨタ×アルピナ実現の可能性は?

2019/7/15  

| アルピナがスープラに興味を示しても、BMWが製品化を許さないかも | Motor1にて、アルピナへのロングインタビューの内容が掲載に。アルピナはもともとドイツはバイエルンにて、タイプライター等の製 ...

ポルシェチューナー「ゲンバラ」が独自設計のスーパーカー計画を発表。ミドシップ、800馬力の「過激で、高級な」エクストリーム仕様

| ゲンバラは困難な道を乗り越えてここまで来た | ポルシェを専門にチューン/カスタムを行ってきたゲンバラ。1972年にウーベ・ゲンバラ氏によって創業され、1981年に最初のコンプリートカー(ポルシェ ...

コンコルソ・デレガンツァに新星登場!シンプルでクリーン、レトロフューチャーな「アウストロ・ダイムラー・ベルクマイスター630 シューティング・グラウンド」

| メルセデス・ベンツっぽい名前でパーツも流用しているが、直接の関係はないようだ | イタリアはコモ湖湖畔にて開催のコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステにて、珠玉の出来を誇るワンオフモデルが登場。 ...

ポルシェ創業者の立ち上げた新ブランド「ピエヒ」。なんとなくアストンマーティンっぽいスポーツカー「マークゼロ」を発表する(開発パートナーは中国)

空冷、そしてドライバビリティを追求したところは「ポルシェ」っぽい 先日ティーザー画像が公開された「ポルシェ一族の手がける新型スポーツカー」、ピエヒ・マークゼロ( Piëch Mark ZERO)。ポル ...

ポルシェ創業者の曾孫が自身の自動車メーカー「ピエヒ」を設立!ジュネーブにそのコンセプトカー”マーク・ゼロ”を出展

ポルシェと協力関係にあるのかどうかはまだ不明 ポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェの孫であるフェルディナント・ピエヒ氏は「ブガッティに20億円のハイパーカーを作らせた」と世間を騒がせていますが、 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f