>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

はじめてリアまで作り込んだ新型コルベットのレンダリング(別Ver.)登場。このまま発売されれば人気が出そう

投稿日:2018/11/18 更新日:

| かなり実現性は高い?まだまだ謎の多いミドシップ版コルベット |

その「史上はじめて」ミドシップレイアウトを採用する新型シボレー・コルベットC8ですが、やはりアメリカでの期待は高く、続々予想レンダリングが登場。
そして今回また新たなレンダリングが登場しており、これまでのレンダリングに比較すると「かなり」現実的な作品に仕上がっています。

加えてここまで克明に、そしてリアまでしっかり作り込んだレンダリングは今まで存在せず、何より「カッコいい」デザインを持っているようですね。

イメージは現行モデルを継承

このレンダリングを見ると、雰囲気的には現行モデルのイメージをうまく引き継いでいるようで、とくに「コンパクトなキャビン」にその傾向が顕著。

これまでのコルベットは「大排気量エンジンをフロントに積んで」おり、したがってロングノーズショートデッキという古典的なスタイルを持っていたものの、新型コルベットではエンジンが「車体後部に」移動することになるので大きくデザイン変更を余儀なくされるのは必至。

image_3250

ただしカマロがリバイバル風デザインを採用してヒットしたり、ダッジ・チャージャーやチャレンジャー、フォード・マスタングの例を見ても分かる通り、アメリカ市場では「オリジナル」のイメージを尊重する(そしてそれが好まれる)傾向にあるため、やはり新型コルベットも「これまでのイメージを保持する」ことに腐心しているのかもしれません。

image_3251

とくにシボレーにとって、コルベットは「絶対に外せない」車種であり、もしこのモデルチェンジを機にコケてしまうとブランドそのものにとって大打撃となり、成功させるためには「これまでのイメージを反映させることが重要だと思われます。

一方で、その価格は一気にこれまでの「2-3倍」ほどに跳ね上がると思われ、それを納得させるだけの性能はもちろん、デザインにおいても”新しさ”が求められることになりそうで、「従来のイメージを守る必要があるが、新しさも必要」というジレンマを抱えることにもなりそうですね。

image_3249

今のところ新型コルベットが登場したとしても、現行の「C7」コルベットは継続販売されるとも言われ、もし新型コルベットの価格が噂通り「従来モデルの2-3倍」ならば、それも十分理解できる戦略だとも思います。

新型ミドシップ・コルベット(C8)の価格は現行ベースグレードの3倍というウワサ。全米が騒然となる

今回の新型コルベットにおける「レイアウト変更」はスポーツカー史に残る変化ということになりそうですが、これが成功するのか、はたまた失敗におわり「FRに戻るのか」も注視を要するところですね。

image_3247

VIA:Midengine Corvette Forum

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->シボレー(CHEVROLET), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5