>シボレー(CHEVROLET)

シボレーはアクティブエアロに注力?新型コルベットは航空機理論を応用したエアロを装着か

投稿日:2019/03/28 更新日:

| シボレーはランボルギーニとは別の方法でアクティブエアロによるコーナリングスピードを向上 |

シボレーがコルベットに関し、「アクティブエアロ」システムの特許を出願。

出願に使用されたコルベットのイラストは「C7」ですが、もちろんC8世代にこれが使用される可能性もあり、かつ非常に興味深い内容となっています。

主にはボンネット、そしてフロントフェンダー左右という合計3つのデバイスで機能するような構成ですが、これはコーナリング性能向上、ダウンフォース獲得、ブレーキ性能向上を狙ったもので、たとえばコーナリング性能だと「カーブ内側に」あるブレードを開くことで内側の減速力を高め、相対的に外輪側を加速させるもの。

ほかのクルマには見られない原理のエアロデバイス

ダウンフォースに関してはボンネットの後ろ側を持ち上げることでスポイラー同様の働きを行わせ、ブレーキング時にはボンネットやフェンダーに内蔵されるブレードを展開することで空気抵抗を増加させて減速に貢献する、という内容です。※エアブレーキを使用するクルマとしてはマクラーレン、ブガッティ(ヴェイロン/シロン)、そして日産スカイラインGT-R50などがある

なお、シボレーはこれまでにもルーフトップやサイドシルなどいくつかのアクティブエアロについての特許を出願しており、この分野にかなり積極的であるのは間違いなさそう。

そして「特許が出願されたから」、もしくは「登録されたから」といって必ずしもそれらを使用するわけではなく、これらのうち何れかが使用される、もしくは「全く使用されない」可能性も。

ただしシボレーがスポーツカーのパフォーマンス向上においてたゆまぬ努力を続けていることは間違いなく、となるとやはりC8世代の「ミドシップ化」されるコルベットには否が応でも期待が高まるところですね。

ほかにもある、コルベットに関するアクティブエアロ関連特許

そしてこれまでにもシボレーはいくつかアクティブエアロ(冷却に関するものも)関連特許を出願。
ここでその一部を見てみましょう。

基本的には高速走行時の安定性というよりは「コーナリングスピード向上」を主眼に置いているようですね。

https://intensive911.com/?p=164143
https://intensive911.com/?p=167714

VIA: US Patent and Trademark Office/ Midengine Corvette Forum

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5