■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米仕様のクロストレック(XV)2021年モデルに2.5リッターエンジンを採用し30馬力アップ!ぜひ日本でも導入して欲しい

更新日:

| 北米仕様で作れるのならば、日本仕様でも難しくはないはずだ |

北米市場にて販売されているスバル・クロストレック(XV)に2.5リッターエンジンが投入され、出力が30馬力向上する、との報道。
これは実際に北米スバルのCEO、トム・ドール氏が発表したもので、2021年モデルからの変更点となるようです。

なお、北米におけるスバル・クロストレックのエンジン構成は現在「2リッター4気筒」と「2リッター+ハイブリッド(PHEV)」の二本立てで、2リッター4気筒の方は152HP、ハイブリッドの方はシステム合計出力148HP。
グレードは「クロストレック」「クロストレック・プレミアム」「クロストレック・リミテッド」「クロストレック・ハイブリッド」の4つ。

やはり米国では「パワー」を好む?

ちなみに日本におけるスバルXVについては1.6リッター(115PS)と2リッターハイブリッド(エンジン145PS+モーター13.6PS)の二本立て。

スバルは日本とアメリカとでは、同一のクルマであってもエンジンラインアップを分けていて、このXV(クロストレック)にかかわらずWRS STIでも日本だと2リッター(EJ20)、北米だと2.5リッター(EJ25)を採用しています。
日本において2リッターに留める理由はおそらく「税制」が大きな理由だと思われ、逆に北米にて2.5リッターを採用するのは「北米ではパワーを重視されるから」。

今回、トム・ドールCEOは「今まで、顧客からは2リッターエンジンのアンダーパワーを指摘されていたが、これでその問題も解消できる」と語っており、いかに北米で”パワー”が重視されているかもわかります。

なお、エンジンをサイズアップすると当然懸念となるのが「価格アップ」で、スバルは価格上昇に伴い販売が失速することを懸念してか、この2.5リッター版クロストレックについては新しく追加する「スポーツ」グレードのみにて採用し、その他のグレードは今までのエンジンラインアップに留めるようですね。

ちなみにスバルは北米に工場を持っているものの、クロストレックについては日本の群馬製作所にて製作したものを輸出しており、2020年以降は「(北米仕様に付き)現地生産を行う」ともアナウンス。
よって、2021年モデル扱いとなる2.5リッター版クロストレックは現地にて生産されることになりそうですが、ぜひ日本にも投入して欲しいところでもあります。

仕様地によって排気量やパワーを変えるのは珍しくない

なお、スバルは上述のように、仕様地によってエンジンを変えていますが、これは各地での嗜好や要求に合わせるため。
このほかにもマツダが「ロードスター」において日本では1.5リッター、欧州では1.5リッターと2リッター、北米では2リッターエンジンを採用していますが、これもやはり同様の理由。

ただし欧州市場においてはちょっと特殊な事情があり、欧州において導入されているCO2排出規制が大きく影響。
これは、そのメーカーの「CO2排出量平均を規定値内に収めよ」というもので、排気量の大きな車を売れば売るほど平均値が上がってしまい、よってマツダは「CO2排出規制のために1.5リッターを販売し、パワーを求める顧客も無視できないので2リッターも販売する」という戦略を採用しているわけですね。

しかしながら「2リッターを多く選ばれると」マツダ全体のCO2排出レベルが上ってしまうため、マツダは(欧州において)2リッターモデルの販売を抑える意向である、とも報じられています。

欧州にてマツダ・ロードスター存続の危機!2リッターモデルが廃止され「販売は20%ダウンするだろう」。いったいなぜ?

そのほか、特殊な例ではあるものの、同じエンジンであっても欧州と北米では出力が異なるというものも。
たとえばBMW Z4 M40iは世界中で同じB58エンジンを採用しながらも、日本と欧州では340馬力、北米では380馬力。
これも欧州仕様では環境規制に対応するために出力を抑えているということになり、日本仕様の出力が低いのも「日本は欧州に準じた規制を採用しているから」。

つまり北米の規制はそれだけユルいということになりますが、排ガス規制のほかに騒音規制も厳しくはないようで、たとえばマクラーレン・セナのエキゾーストシステムは「欧州仕様のほうが騒音の値が小さくなるように」設計されていますね。

北米仕様のBMW Z4 M40iは「380馬力」、でも日本は「340馬力」。ほかにもある、ボディカラーや仕様の日米差を見てみよう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >スバル(SUBARU), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5