>ロータス(Lotus) >その他イギリス車 ■ニュース

ただでさえレトロなケータハムが「レトロルック」と称するスーパーセブン”1600”が発売!本国価格は425万円

更新日:

| おまけにダッシュボードは”世界でもっともクラシック” |

superseven-gallery-11

最近はフェラーリやマクラーレン、ポルシェも「レトロな」限定モデルを発表していますが、今回はケータハムもレトロルックな「スーパーセヴン1600」を発表。

もともとスーパーセヴンそのものが「レトロ」なクルマではありますが、今回はさらに1970年代まで時を巻き戻し、「当時の、モターリゼーション華やかりし日のセヴンを再現」したとコメントしています。

搭載されるエンジンはフォード製の「シグマ」4気筒、出力は135馬力。

トランスミッションは5速マニュアル、駆動輪はもちろん後輪のみ。

内外装は「ひたすらレトロ」

このスーパーセブン1600最大の特徴は「ウイングフェンダー」。

コクピットから前方へと伸びるこのフェンダーが「まさに70年代」なわけですね。※ただし、当時は評判がよくなかったらしい。現行ケータハムの多くは「サイクルフェンダー」を採用。

見たところタイヤもレトロなトレッドを持つようですね。

superseven-gallery-09

なお、この部分だけ見ると「キャブ仕様」ですが、実際はインジェクション仕様だそう。

それでもアクセルを踏み込むと、凄まじい吸気音を聞かせてくれることになりそうです。

superseven-gallery-05

ホイール(レトロなので小さめの14インチ)は「ミニライト風」デザインを採用し、ボディカラー同色、もしくはゴールドが選択可能。

ボディカラーにはヴィンテージ調の「レーシンググリーン」「カリビアンブルー」「タスカニーレッド」「サクソニー・グレイ」「セレンジェッティ・オレンジ」「ボルドーレッド」「オックスフォード・ホワイト」が用意されています。

superseven-gallery-07

インテリアはレザー張り(一部オプション)、そしてステアリングホイールはウッド製が採用され、高級さすら感じますね。

メーター類は「スミス製」。

ケータハムいわく、”世界で最もクラシックなダッシュボード”。

superseven-gallery-01

ケーターハムの創業者、グラハム・ニアーンはもともと1959年からロータスディーラーを営んでいたという背景を持っていますが、1973年にロータスが「ロータス・セブン」の生産を終了させる際にその生産権利一切を引き継いで「ケータハム・カーズ」を設立しています。

そこからは独自の改良点を盛り込んだシリーズを展開して人気を博し、しかしケータハムの経営権はその後2005年に、元ロータスの経営陣の一人であったアンサー・アリ氏を筆頭とする投資グループへと売却され、面白いのはその後に「チーム・ロータス(F1)」に買収されたこと。

このチーム・ロータスは乗用車を販売している「ロータス・カーズ」とは全く別の組織であり、その名称を巡ってややこしい自体に発展しているものの、「ロータスから売却されたセブンがまた(もとのロータスとは違いうけれど)ロータスに戻った」ということになりますね。

aa

今回発表された、ケータハム・スーパーセブン1600の価格は33,495ポンド、邦貨換算だと約425万円。

けっこうな価格ではあるものの、英国の自動車における「歴史」を手にできると思えば、この価格も安いものかもしれません。

合わせて読みたい、ケータハム関連投稿

ハロッズとケーターハムがコラボ。「ケータハム・ハロッズ・セヴン」が750万円で販売に

ケータハムCEO「限定60台の7(セブン)が7時間で売れた。こんなの初めて」

ケータハムが「1分にドーナツターンできる回数」で記録達成。オリンピックのメダリストが運転し1回転を3.15秒でこなす

VIA:CATERHAM

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ロータス(Lotus), >その他イギリス車, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5