>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

今後5年の「コルベット派生モデル」計画がリーク!Z06、ZR1の上に「1000馬力ハイブリッドの”ZORA”」が君臨

更新日:

| シボレーはZORAの名をここで出してきた |

5d0e56e4-c8-corvette-3

さて、49,999ドルという衝撃的な価格で登場した新型シボレー・コルベット。

500馬力のV8エンジンを積み、0-100km/hまでを3秒以下で加速する性能はまさに「スーパーカー」の領域です。

そんなコルベットですが、恐ろしいのは現在発売されているのが「ベースモデル」ということで、つまりは今後「Z06」や「ZR1」などの高性能モデルが控えている、ということになりますね。

「本社筋」から今後のコルベット計画がリーク

そして今回、ハガーティが報じたのが、本社筋から入手したという「今後のコルベット計画」と、それをもとに推測したスペック。

これによると1,000馬力の「コルベット・ゾーラ」なる新しいトップモデルが用意されるとのことで、このゾーラ「ZORA」というのは、コルベットのミドシップ化を1950年代おわりに開始したエンジニア、ゾーラ・アーカス・ダントフ氏の名。

コルベットのミドシップ化に要したのは60年。途中で「ロータリエンジン搭載」モデル、「デロリアン」の元祖とも言えるモデルもあった!

| ここまで多くのプロトタイプが作られながらも「60年」かかったのは実に不思議 | さて、シボレーはミドシップレイアウトを採用した新型C8コルベット・スティングレイを発表しましたが、この「ミドシップ化 ...

続きを見る

コルベットはそこからミドシップ化を果たすまで、じつに60年の歳月を要したということになりますが、シボレーはゾーラ・アーカス・ダントフ氏に多大な敬意を払っており、これまでにも同氏をオマージュしたカモフラージュシートを使用したり、そもそもミドシップ化されたC8世代のコルベットそのものに「ゾーラ」というペットネームを与えるのでは、というウワサもあったほど。

ここでざっと、リークされたコルベットの「今後の計画」を見てみましょう。※繰り返しですが、スペックはあくまでも「情報をもとにハガーティが算出した予想値」

モデルイヤーグレードエンジン出力
2021右ハンドル(ベースグレード)LT2/6.2リッター 16バルブ OHV490-495馬力
2022Z06LT6/5.5リッター 32バルブ DOHC650馬力
2023グランスポーツLT2/6.2リッター 16バルブ OHV+ハイブリッド600馬力
2024ZR1LT7/5.5リッター ツインターボ DOHC850馬力
2025ZORALT7 HP1/5.5リッター ツインターボ DOHC+ハイブリッド1000馬力
2020-chevrolet-corvette-stingray (2)

この計画を見るに、新型コルベットはじつに多彩なエンジンラインアップを持つことが分かりますが、850馬力のZR1でも驚きなのに、なんと1000馬力の「ZORA」が用意されているのはさらに驚愕。

この出力はフェラーリSF90ストラダーレ(V8ツインターボ+ハイブリッド)と同等ですが、当然ながら恐るべきパフォーマンスを発揮するのは間違いなさそう。

実際に、おそらくこのZORAのプロトタイプを指していたのだと思われますが、「パワーが出すぎてパネルやガラスが割れる」という問題も報じられていますね。

なお、このハイブリッドモデルについては、エンジンとトランスミッションとの間にエレクトリックモーターをひとつ、そしてフロントアクスルに2つ、つまり合計3つのモーターを搭載する4WDだと言われています。

新型コルベット”ZR1”はポルシェ918スパイダー、フェラーリSF90ストラダーレ同様の「3モーターハイブリッド」にレーシングカー”C8.R”のエンジンを積み900馬力とのウワサ

この記事のもくじ1 | もしそうなると多くのスーパースポーツが太刀打ちできない状態に |1.1 新型コルベットZR1は4輪トルクベクタリング1.2 新型コルベットZR1は「世界最速の一台」に? | も ...

続きを見る

そしてZ06には「フラットプレーンクランク」が採用されると言われますが、これは排気効率のために(乗用車として求められる)様々な要素を犠牲にしたもので、よってこれが現在採用される市販車はフェラーリくらい。

もちろんレーシングカーでは「標準装備」ともいえる機構ですが、よほどの割り切りがないと採用できず、しかしシボレーはその一線を超えるということになりそうです。

【動画】これがフェラーリV8、ポルシェ911GT2RSを迎撃する”コルベットZ06”のサウンド!搭載される秘密兵器「フラットプレーンクランク」とはなんぞや?

この記事のもくじ1 | 量産スポーツカーでフラットプレーンクランクV8を採用するのはフェラーリ以外に存在しない |1.1 フラットプレーンクランクにはこういった特徴がある1.1.1 やはりフェラーリは ...

続きを見る

コルベットの価格は今後「値上がり」の可能性

とにかくこれらの数字は「強烈」としか言いようがなく、しかし気になるのはその価格。

コルベットのベースモデル価格は「ポルシェ911の1/3、フェラーリやランボルギーニの1/6」程度ですが、この値付けはシボレーが「ミドシップ化されたコルベットの市場浸透度を高めるため」に採用した戦略的プライスだと言われており、よって「1台売るごとに220万円の赤字が出る」とも。

そのためにシボレーはコルベットの価格を毎年”値上げ”してゆくと報じられており、さらにこれについてはGM内でも前例があるようで、おそらくは今後C8コルベットの価格が上昇することになりそう。

現時点でその値上げ幅などは不明ではあるものの、今後登場することになるZ06、ZR1については「C7コルベットほど安くは設定されないだろう」という認識を持っておく必要がありそうです。

新型コルベット(C8)は一台売るごとに220万円も損していた!シボレーはこれを取り戻すために二年目以降に大幅値上げを行うと報じられる

この記事のもくじ1 | 日本に入ってくるのは「値上げ後のコルベット」になりそうだ |1.1 新型コルベットの発表前には「700−800万円説」が有力だった1.2 新型コルベットの価格には身が驚く |  ...

続きを見る

VIA: HagertyCorvette Blogger

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->シボレー(CHEVROLET), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5