●ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー「オプション編(1)」!ボディカラーのブルー・ル・マン(159万円)は高価だが本当に選んでよかったと思う

投稿日:2020/12/30 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(ブルー・ル・マン)

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー、「オプション」編。

どういったオプションを装着し、なぜそれを選んだのか、そして実際にどうだったのかについて述べてみたいと思います。

そこで最初に伝えるべきはそのボディカラー、ブルー・ル・マン(Blu Le Mans)。

その価格1,596,540円という、装着した中ではもっとも高額なオプションです。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのボディカラーはこういった選択肢がある

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに用意されるボディカラーは「基本」が47色。

区分けとしては「ソリッド」「メタリック」「スペシャルメタリック」「パール」「マット」というもので、後ろにゆくほど高価になります。

ただし注意を要するのは、「V」みたいなマークが付いているボディカラーで、これはランボルギーニのパーソナリゼーションプログラム「アドペルソナム」扱いとなり、いわゆるカスタムペイントとなるので、たとえソリッドであっても非常に高価。

v

そしてぼくのウラカンEVO RWDのボディカラー、ブルー・ル・マンはこのアドペルソナム扱いとなるので「約160万円」という追加費用を支払う必要があるわけですね。

このほか、アドペルソナムでは「ストライプ」「エッジのハイライト」「グラデーション」ほか、ここに無いカラーの調合も可能となっていて、「基本」47色の他にも無限の選択肢がある、ということに。

L1290191

なぜブルー・ル・マン?

そこでなぜぼくが高額なブルー・ル・マンを選んだのかということ。

おなじ「ブルー」というくくりだともっと安価な選択肢もあり、同じ価格を出せばパール、そしてグリッター塗装も選択できたワケですが、ソリッドのブルーになぜここまでの価格を出したのか。

3K4A3088

それはひとえに、かつての「ディアブロSV」に採用されていたブルー・ル・マンの印象があまりに鮮烈であり、これを再現してみたいと考えたのですね。

参考までに、ランボルギーニのボディカラーは(ビアンコ・イカルスなど)神話にちなんだネーミングを持つことが多いのですが、このブルー・ル・マンは数少ない例外の一つで、そして当時のディアブロSVにはこのほか「ビアンコ・フジ」といった、サーキット由来のボディカラーが与えられています。

L1200635

ブルー・ル・マンはどんな色?

そこでこのブルー・ル・マンについてですが、なんとも説明が難しい色。

一番近いのはフランス国旗の青なんじゃないかと思いますが、そのほかに近いのはJAFの車両に使用されるブルーや、道路の標識に用いられるブルー(”グフ”の色にも近い)。

81JgfsDV5cL._AC_SL1500_

一般にブルーというと「寒色」そして暗めなカラーも多く、しかしこのブルー・ル・マンはかなり発色がよく(おそらくはちょっと赤みが入っている)、それはJAFの車両、国旗、標識という「識別性が要求される」オブジェクトに使用される色に近いということからもわかります。

3K4A3046

加えて、自動車の色としてはかなりエキゾチックで(ほかにこの色に似たボディカラーを持つクルマをほかに知らない)、そのためか相当に目立っているというのもすでにアップしたとおりです。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのタイヤ
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。とにかく目立つようで、連日近隣住人の訪問を受けることに。やっぱりブルーのインパクトは絶大だ

さて、今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。納車後もコーティングに出したりしていたためにあまり乗る時間もなく、ガレージからもウラカンEVO RWDが出払っていることが多い状態です。ただ、そんな ...

続きを見る

もともとボクはブルーが好きなわけではない

なお、ぼくはもともとブルーがさほど好きなわけではなく、よってこれまでにブルーのクルマを選んだことも皆無。

しかし今回ブルー・ル・マンを選んだことで、ほかにもブルーのクルマを購入したり、ブルーの衣類やバッグ、小物などを購入する機会が増えており、このウラカンEVO RWDにかなりの影響を受けているのも間違いのないところ。

つまりはそれだけこのブルー・ル・マンを気に入っており、「高価でも選んでよかった」と考えているオプションです。

126235041_3562844463761416_2036934721500454453_o

最近買ったモノ二連発、「ナイキのジャージ」「ルイ ヴィトンのマフラー」。青いクルマを買ったら青いモノが増えてきた

| 人生は何があるかわからない | さて、青い色のクルマを購入したらなんとなく青いものに興味が出てきた今日このごろ。ぼくはもともと「青」がさほど好きではなく、しかし偶然ガレージに青いクルマが二台並ぶこ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに装着したオプションを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD関連投稿

ナナガンにて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDをサクっと撮影してきた!はじめて撮影するブルーのクルマにちょっと手こずったものの、やはり被写体としては魅力的

| 今回は時間も足りず「試し撮り」程度。改めて出直そうと思う | さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD納車以後、寒波のせいで1日一回は雪がちらついたり雨が降ったりと言う日が多くなっていますが、 ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのホイール
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー「足回り」編!思わず「ぐはっ・・・」と声が出るほど硬く感じられるときもあるけれど、ライトウエイトスポーツのような鋭い感覚はなにものにも代え難い

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの初期レビュー、今回は「足回り」編。スーパーカーというと足回りがガチガチで乗り心地が悪いという印象を持っている人も多いかと思いますが、ウラカンEVO RWD ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDを天保山にて撮影
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー「外装編」!ボクはウラカンEVO RWDのデザイン、ランボルギーニの新デザイナーについてこう考えている

| デザイナーのミッチャ・ボルカート氏は本当にいい仕事をした | さて、納車されたランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのカスタムも一段落し、そして少し乗って慣れてきたということもあって、ここでレビュ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-●ランボルギーニ・ウラカン
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5