>シボレー(CHEVROLET)

C8世代、新型コルベットオーナーの年収は「C7世代のコルベットオーナーよりも790万円高い」という事実!なぜこんなことが起こりうるのか

投稿日:

シボレー・コルベット

| C8コルベットオーナーの「平均年収」を知りたいものだ |

さて、GM Authority報じるところによると、ミドシップへと移行したC8世代のコルベットを購入する世帯平均年収は、それまでのC7世代コルベットオーナーの世帯平均年収より「76,000ドル(約790万円)」も高い、とのこと。

これは北米GMの副社長の言として報道されたもので、世帯年収の平均額そのものは報道されておらず、しかし「いったいC8コルベットの平均年収はいくらなんだ・・・」という感じですよね。

同じクルマなのに、ここまで差があるとは

なお、C8世代のコルベットは、それまでの「フロントエンジン」を捨ててミドシップへと移行。

もちろんこれは欧州製スーパースポーツに対抗するためではありますが、その際に大きな反発があったのもまた事実です。

ただ、そういった反発を見せたのは「旧来のコルベットオーナー」。

この旧来のコルベットオーナーというのはいわゆるベビーブーマー層で、C8にスイッチするまでのコルベットの販売につき、ベビーブーマー層が成人を迎える時期にピークを迎え、あとはずっと下がりっぱなしだと言われます。

つまりは同じ人ばかりがずっとコルベットを乗り継ぎ、新しいファンを獲得できていないということなのかもしれません。

シボレー・コルベット

シボレーは「これまでのファン」を切り捨てる覚悟でコルベットのモデルチェンジを行った

そしてシボレーは「ミドシップへの」シフトを行なうにあたり、こういった旧来のコルベットファンを切り捨てることに決めたようで、C7世代まででは人気のあった「メッキホイール」等いくつかのオプションを”時代遅れ”だとしてC8世代ではあっさりカット。

さらに「若い世代にアピール」することを優先的に考えたと言われ、「コルベット」と名はつくものの、全く新しいクルマとして仕切り直したようにも見えますね。

シボレーはこれまでのコルベットファンを切り捨てる?先代を最大100万円値下げし、先代の人気オプションを”流行遅れ”として廃止する

| これによるC7以前の中古コルベット相場が崩れるのは必至 | シボレー・コルベットはミドシップレイアウトへと変更したC8へと移行していますが、そこで問題となっているのが先代「C7」世代コルベットの在 ...

続きを見る

実際にC8コルベットは大ヒット

果たしてモデルチェンジを迎えたコルベットですが、これはまさしく大ヒットとも言うべきクルマとなっています。

さらに販売台数のみではなく、大きな副産物があったといい、それは「オプション」。

北米でのC8コルベットはベースモデル(1LT)で600万円ちょっとからのスタートですが、これに対して数百万円のオプションを装着する例が多く、発売間もない頃のデータだと「ノーオプションは1人だけ」。

こういった例はこれまでのコルベットには見られないもので、シボレー(GM)は予想外の利益を得ることとなったわけですね。

新型コルベット受注内訳。最上位グレードに74%が集中、ベースグレードは”たったの一人”。ノーオプションでの購入はゼロ、平均だと280万円、最高だと460万円のOP装着

この記事のもくじ1 | さすがにコルベットだけあってパフォーマンス系オプションが人気のようだ |1.1 一番オプションを装着した人は「車両本体価格の42%の金額」に相当する装備を追加1.2 人気のグレ ...

続きを見る

なぜC8世代のコルベットオーナーは多数のオプションを装着?

そして疑問なのが「なぜC8世代のコルベットオーナーは多数のオプションを装着するのか」。

その理由の一つが「高い収入」であり、つまりお金に余裕があり、自分が納得する仕様のクルマにするために費用を投じているということになりそうです。

じゃあなぜC8コルベットのオーナーのみがそんなに高い収入を誇るんだという疑問も当然出てくることになり、それについては「これまでフェラーリやランボルギーニ、ポルシェといった欧州製スーパースポーツに乗ってきた人々の注意を引いたから」だと考えています。

シボレー・コルベット

新型コルベットの価格は約650万円!ポルシェ911の半分、フェラーリやランボルギーニの1/4の価格で同等の性能

| この価格設定には驚きだ | さて、新型シボレー・コルベットの情報がついに解禁に。現時点では加速性能、最高速などについて不明なところが多く、GMも「おおよそ」の数値を示したのみ。そしてもっとも人々が ...

続きを見る

こういった人々がフェラーリやランボルギーニ、ポルシェから乗り換えるとは考えにくいものの、「それまでは眼中になかった、レトロなFRアメリカンマッスルが、近代的なミドシップスポーツに生まれ変わり、かつ高い戦闘力を持っている」ということで注目した可能性が大。

そして、これまでスーパーカーに乗ってきた、年収数千万円以上という人々が「コルベットでも買ってみるか・・・」とC8コルベットを”買い増し”し、フェラーリやランボルギーニ、ポルシェと同等の感覚でオプションを装着していったんじゃないかと考えているわけですね。

フェラーリオーナーは新型コルベットをどう見ているのか?ど「フェラーリのオプション価格でこのクルマが買えるのか」等、その意見を見てみよう

| 基本的に、フェラーリとはまったく別の世界観を持つ乗り物として捉え、競合すると考える人はいないようだ | さて、ミドシップ化された新型C8コルベットが発表されてしばらく経ちますが、「1年分の生産台数 ...

続きを見る

そう考えると、コルベットがリスクを冒してまでミドシップにスイッチしたのには大きな意義があるとも考えられ、利益的にも、そしてブランディング的にも大きな効果があったと言えそうです。

参考までに、アメリカと同様、日本でもコルベットに興味を示しているのは「欧州のスーパースポーツオーナー」だとされ、日本においても成功を収めることになるのかもしれません。

新型コルベットは日本での発表後1日で注文100台!購入している人は「自営業が多い」「欧州車オーナーが興味」

| 日本ではコルベットのミドシップ化に対して「抵抗が少ない」 | オートカーによれば日本においても新型コルベットの受注が好調、とのことで、なんと発表1日で100件もの注文が集まった、とのこと。新型コル ...

続きを見る

参照: GM Authority

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f