>シボレー(CHEVROLET)

新型シボレー・コルベット(C8)の見積もり取得!鬼の10年払い、頭金ゼロだと毎月10万円で買えるようだ

投稿日:2021/06/27 更新日:

新型シボレー・コルベット

| おそらく新型コルベットの売却価格は当面「かなり高い」 |

選んだ仕様はラピッドブルー外装にスカイクールグレー内装

さて、新型シボレー・コルベット(C8)の見積もりを取得。

日本に正規導入されるコルベットは、クーペボディを持つ「2LT(11,800,000円)」と「3LT(14,000,000円)」、そしてコンバーチブル(15,500,000円)という3つのラインアップで、いずれもエンジンは6.2リッターV8(502PS)、トランスミッションは8速DCTのみという設定です。

じゃ2LTと3LTとの違いはなんなのということですが、3LTになるとシートが「コンペティションシート」が変更され、インテリアにはマイクロファイバーのトリムとカーボンパーツ装備、そしてエンジンアピアランスパッケージが追加されてホイールのデザインが「トライデントスポーク」に。

機能的にはフロントリフトハイトアジャスター(段差を超える際など、室内からスイッチひとつでフロントの車高を上げることができる。3秒で約40ミリ上昇)が追加されますが、エンジンや足回り、ホイールサイズなど走行性能において2LTと3LTとの差異はなく、3LTは「装備充実の豪華版」と捉えると良いかと思います。

L1330654

今回見積もりを取得したのは「2LT」

そこで今回見積もりを取得したのは「2LT」。

3LTの装備に魅力を感じないでもないものの、ぼくにとっては「過剰」といった印象もあり、そして「売るとき」のことを考慮すると、おそらく(絶対的な)損失額が小さいのは2LTだろうと踏んだわけですね(個体数が少ないので、2LTの売却額は3LTに引っ張られるだろうという判断)。

なお、つい先ごろアップしたとおり、新型コルベットは欧州車の判断基準をもって測ることができないクルマであり、そこはぼくの基準を「調整せねば」というところですが、一度試乗した後、購入するかどうかを判断したいと思います。

L1330654

新型シボレー・コルベット(C8)を見てきた
新型シボレー・コルベット(C8)を見てきた!アメリカと欧州との思想の違いがよく分かる構造やデザインを持つ興味深い一台だ

| この価格でこの性能となると、もうコルベット以外の選択肢はないだろう | いくつか気になる部分もあるが、実際に運転してみたらそんなことはどうでも良くなると思われる さて、日本でもついに発表された新型 ...

続きを見る

日本ではアメリカ同様のオプションを選べない

日本仕様のコルベットについては、アメリカ本国仕様ほどの豊富なオプションが選べず、たとえばボディ上のストライプやハッシュマーク、その他細々とした外装オプション(エンブレムのカラーなど)、内装だと一部カラーの組み合わせ、シートベルト色などが選択不可。

これは日本仕様が「右ハンドル」であり、生産数も少ないためにアメリカの工場ではそこまでの対応ができかねるということ、インポーターとしてもそこまで細かい対応を行なうとコストがかかるという判断なのだと思われ、やむをえないと考えるしかなさそうです。

ちなみに現在2021年モデルのコルベットは「ほぼ完売」しており、今から注文すると2022年モデル扱いに。

ただ、2022年モデルは、これまで2LTではオプション扱いだったフロントリフトハイトアジャスターが標準装備となったり、カラーの選択肢がより豊富となっています(しかし、そのぶん価格は50万円アップする)。

日本でも右ハン仕様が発売されたC8コルベット!本国では2022年モデルが発表
日本でも右ハン仕様が発売されたC8コルベット!本国では2022年モデルが発表され、1,000台限定の「C8.Rエディション」も登場

| シボレー・コルベットの人気は年々高まっているようだ | さらにはZ06やZR1等ハイパフォーマンスモデルの追加も待たれる さて、日本でも「右ハンドル仕様」が発売され、大きな話題を呼んでいるC8世代 ...

続きを見る

L1330653

新型シボレー・コルベットの見積内容はこうなっている

そこで下記が取得したシボレー・コルベットの見積もり。

ボディカラーは「ラピッドブルー」、インテリアカラーは「スカイクールグレー」という組み合わせです。

新型シボレー・コルベットの見積内容

  • 車両本体価格 12,300,000円
  • 自動車税 64,700円
  • 自動車重量税 49,200円
  • 自賠責保険料27,770円
  • 環境性能割 201,200円
  • 検査・登録手続 49,500円
  • 車庫証明手続き 22,000円
  • 納車準備費用 22,000円
  • 点検費用 33,000円
  • G LION(ディーラーグループ)保証 41,800円
  • 検査・登録費用 6,600円
  • 車庫証明費用 2,700円
  • リサイクル料金 11,800円
  • フロアマット 46,200円
  • ETC取り付け・セットアップ 49,500円
  • 希望ナンバー 11,000円
  • ドライブレコーダー 77,000円
  • ボディコーティング 154,000円
    合計 13,169,970円

新型シボレー・コルベットの支払いプランはこうなっている

そして新型コルベットの支払いについてですが、まずは注文時に200万円(このあたりディーラーによって異なると思う)支払う必要があり、そして製造開始とともに残金の決済を(現金なりローンなりで)行なうことになり、このあたりは「登録前」に残金を決済するという多くのメーカーとは異なる部分です(ホンダNSXはコルベットと同じタイミング)。

なお、新型コルベットには残価設定ローンも設定でき、残価率は3年で50%、5年で30%。

実際はもっと高い価値が残ると考えていますが、ディーラーとしては「そうとうに安全マージンを取った」率なのだと思われます。

そこで残価設定ローンを使用し、5年(残価率30%)で計算するとこんな感じ。

頭金はゼロ(保証金のみの支払い)だと毎月の支払いは136,500円となります。

IMG_20210625_0002

そしてこちらは鬼の10年ローン。

こちらはもう残価を設定できないので「残金を10年を均等に割って」払うことになりますが、そうなると毎月の支払いは102,100円という数字に。

なお、5年から10年に伸ばしてもあまり月々の支払いが小さくならないのは「(5年の場合は)残価設定があるから」、そして「金利がそれほど低くない1.9%という設定だから」で、実際に「3年の残価設定あり」でローンを組むと、毎月の支払いは153,000円ほど(さほど高くならない)。

IMG_20210625_0001

新型シボレー・コルベットを見てきた際の動画はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->シボレー(CHEVROLET)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5