ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イタリア車 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日に日に強まる「ランチア・デルタ」復活のウワサ!現在役員がその可能性を論じており、2027年にピュアエレクトリック・ホットハッチとして蘇る可能性があるようだ

投稿日:2021/08/24 更新日:

次世代ランチア・デルタHFインテグラーレのレンダリング

| ランチアは3世代に渡り生産されているが、初代以外は「プレミアム」路線 |

しかしルノーが「5(サンク)」を復活させようとしている今、ランチアも初代デルタのイメージを活用しない手はない

さて、ここ最近高まっているのがランチア「デルタ」の復活。※画像はレンダリングアーティストによる非公式CG

これはランチアブランドを保有するステランティスが「アルファロメオ、DS、ランチアに注力し、相応のコストを投じる」と発表したことに基づくウワサで、ランチアは2024年から2027年にかけ、少なくとも3つのニューモデルを発売すると見られており、そのうちの一つが「ピュアエレクトリック化された」デルタだと言われているわけですね。

「デルタ」は自動車史におけるひとつのビッグネームであるのは間違いなく、現在も多くのファンが復活を望み、上のCGのように多くのアーティストがレンダリングの題材にするアイコニックなクルマだけに、ランチアがこれを放っておくことはないだろうとも考えています。※ルノーが「5(サンク)」を復活させるとすればなおのこと

次世代ランチア・デルタHFインテグラーレのレンダリング
ルノー5に続け!ランチア・デルタHFインテグラーレが蘇ったらこうなる?というレンダリング

| なぜランチアは「ストラトス」「デルタ」を蘇らせないのか |この記事のもくじ| なぜランチアは「ストラトス」「デルタ」を蘇らせないのか |ランチア・デルタ・インテグラーレは日本でも大人気新世代のラン ...

続きを見る

ランチア・デルタはこういった歴史を持っている

ランチア・デルタは都合3世代にわたり生産されていますが、その後には後継モデルが設定されていないまま。

初代デルタは1979年に発売され、「HFインテグラーレ」といったバリエーションを生み出しつつ、1994年まで生産が継続されています。

1987年から1992年にかけ、デルタをベースにしたグループA用レースカーがWRCにて6年連続コンストラクターズタイトルを獲得するなど圧倒的強さを誇ったということもあり、「デルタ」というとやはり初代を思い浮かべる人も少なくないのかもしれません(ぼくもその一人でもある)。

2代目ランチア・デルタはこんなクルマ

そしてこちらはIDEAが設計した第2世代。

フィアット・ティーポのプラットフォームをベースにしており、1993年から1999年という短い間での生産となっています。

lANCIA-dELTA-2

3代目ランチア・デルタはこんなクルマ

え?こんなクルマあったの?という感じの3代目デルタ。

2008年に発表された、アルファロメオ・ジュリエッタやフィアット・ブラーボと共通のプラットフォームを採用しています。

この世代は2014年まで生産されたものの、その間、輝かしいレースの伝統との関連性は一切排除されて快適さとプレミアム性が追求され、初代とは全く異なる性質のクルマへと変化することとなっています。

7e71b4e9-lancia-delta-s-momodesign-125255b325255d

どうなる今後のランチア?

そして現在のランチアが持つラインアップは「イプシロン1車種のみ」。

ひとつのモデルだけでブランドが成り立つということに驚かされますが(それだけイプシロンは売れている)、このイプシロンは2024年に新世代へとモデルチェンジを行う見込みだと報じられます。

さらにランチアは2026年にピュアエレクトリッククロスオーバー、2027年には電動ホットハッチが発売すると言われ、この「電動ホットハッチ」がデルタを名乗るんじゃないかと言われている模様。

Stellantis-Presentation-Alfa-Romeo-Lancia-DS

ただ、この「ホットハッチ」について、ハッチバックというボディスタイルが理にかなっているかどうかランチアの役員がまだ決定しておらず、ここからその市場性、そしてプラットフォームやコンポーネントを共有するかどうかを検討するしてゆく、とも報じられています。

ランチアが新デザイナー任命にて「かつての地位を取り戻す」と発表
ランチアが新デザイナー任命にて「かつての地位を取り戻す」と発表!やはりデルタ、ストラトスの復活を期待したいところだが、まずは一番売れそうな「エレクトリックSUV」からの展開となるのかも

| ステランティスはランチア含む傘下のブランドに10年の猶予と復活のための予算を供与 |この記事のもくじ| ステランティスはランチア含む傘下のブランドに10年の猶予と復活のための予算を供与 |どうやら ...

続きを見る

ただ、もしも実現するならば、ステランティス社の投じた「350億ドルの電動化計画」の一環として発表されたSTLAミディアム アーキテクチャーをベースにする可能性が高く、このプラットフォームを採用した車両は、(公式発表によると)一回の充電あたり最大700kmの航続距離を持つことに。

パワートレインはFF、FR、AWDの3種類に対応でき、出力は168-241ps(125-180kW/170-245PS)だとアナウンスされています。

合わせて読みたい、ランチア関連投稿

ランチア・デルタ
ランチア・デルタ・インテグラーレ復刻”フューチャリスタ”発売!価格は3800万円、限定20台のみ

| ランチア・デルタ・インテグラーレが現代に復活 | ユージェニオ・アモス氏率いるAutomobili Amos(アウトモビリ・アモス)が春に発表した「ランチア・デルタ・インテグラーレ」復刻計画ですが ...

続きを見る

ランチア・デルタのWRC仕様
もし新型ランチア・デルタがWRCに参戦したら!ぜひ実現して欲しいと切に願う秀逸なレンダリングが登場

| もはやランチア・デルタの復活もWRC参戦もなさそうだ |この記事のもくじ| もはやランチア・デルタの復活もWRC参戦もなさそうだ |ランチア・デルタはこんなクルマランチア・デルタ「マルティニ」仕様 ...

続きを見る

ランチア・デルタ
ついにあのランチア・デルタが蘇る?ランチアが「3つのニューモデル」を計画中との報道、そのうちのひとつが「デルタ」だとも

| ランチア・デルタが蘇るとしても2027年、そしてEV |この記事のもくじ| ランチア・デルタが蘇るとしても2027年、そしてEV |どう考えても、ブランド再生を考えたときに「デルタ」を活用しない手 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車, ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5