>その他イタリア車

あの「ストラトス・ゼロ」が現代に蘇ったら!新進気鋭のデザイナーによる「ストラトス・ゼロ・レストモッド」がカッコいい

投稿日:2021/09/16 更新日:

ストラトス・ゼロ

| 今なおストラトス・ゼロは多くのデザイナーにインスピレーションを与え続ける |

現代のストラトス・ゼロは初代とは異なり、「ドア」があるようだ

CGデザイナーによる「ランチア・ストラトス・ゼロ・レストモッド」が公開され、あまりにカッコいいと話題に。

「ランチア・ストラトス・ゼロ」は1970年に発表されたコンセプトカーで、デザインはベルトーネ(おそらくはマルチェロ・ガンディーニ)が担当し、「可能な限り低い車高」を目指したクルマです。

そして今回公表されたのは、そのストラトス・ゼロのレストモッドということになりますが、「メカニズム的なレストモッド」というよりは、概念としてのストラトス・ゼロを現代風に解釈するという「イメージ的レストモッド」と捉えたほうがいいのかもしれません。

その姿はどうみても「ストラトス・ゼロ」だった

参考までに、こちらがオリジナルのストラトス・ゼロ。

ランチア・ストラトスの「元祖」。今も多くの人に影響を与える「ストラトスHFゼロ・コンセプト」はこんな車だ

| ランチア・ストラトスはもともとこんな車だった | 「ニュー・ストラトス」の発売が巷を沸かせていますが、「元祖」ストラトスといえばこの「ランチア・ストラトスHFゼロ・コンセプト(1970)」。 正直 ...

続きを見る

そしてこちらがストラトス・ゼロ・レストモッド。

これを見るに、オレンジ色のボディ、低い車高、横長(フロントバンパー先端に内蔵された)ヘッドライト、サイドの特徴的な「>」型のディティール、リアホイールハウスの切り欠きなど、ポリッシュ加工が施されたホイールなど、初代ストラトス・ゼロの特徴をうまく引き継いでいると言えます。

b6f1d7104458957.5f635452cd672

こちらはホワイト版ですが、ホイールがブラックにペイントされ、より現代っぽい雰囲気を感じます。

参考までに、オリジナルのストラトス・ゼロに「ドア」はなく、上に開いたフロントガラスから、車体前部を踏みながら乗車することになるのですが、ストラトス・ゼロ「レストモッド」には見たところ「ドア」があるようですね。

1de94e104458957.5f63545348d41

リアタイヤが大きく露出していますが、これは初代ストラトス・ゼロのデザインを再現したものだと思われます。

22b37f104458957.5f63545349371

ちなみにこちらはストラトス・ゼロのリア。

テールランプは(マクラーレンP1のように)グリル周辺を囲むボディのエッジに組み込まれ、1970年にして現代の自動車が採用するデザインを持っていたということになりますね。

Bertone-Lancia-Stratos-HF-Zero-Concept-3

ホイールは「ヘキサゴン」を組み合わせたものですが、これはストラトス・ゼロとは異なるものであり、ストラトス・ゼロ・レストモッド独自のデザインということになりそう。

492413104458957.5f6354534a2cd

テールランプはリアの高い位置からの4本出し。

その下には大きなディフューザーが装着されています。※ディフューザーからデフが覗いているのもストラトス・ゼロへのオマージュだと思われる

021-09-12 22.38.21

ストラトス・ゼロの影響は大きかった

なお、このストラトス・ゼロが自動車業界や関係者に与えた影響は非常に大きかったようで、かのケン・オクヤマ氏も「Kode0(下の画像)」のデザインにおいてはストラトス・ゼロからインスピレーションを受けてことについて触れています(ボディサイドには、ストラトス・ゼロと同じ「>」型のデザインが見られる)。

ランボルギーニ・アヴェンタドール(ケン・オクヤマKode 0)
世界に一台、「あの」スーパーカーが日本の中古市場に!「KEN OKUYAMA DESIGN Kode 0」がなんとカーセンサーに掲載中

| 世界に一台しかないこのクルマが売りに出されるとは | さて、世界に一台のみしか存在しない「KEN OKUYAMA DESIGN Kode 0」がなんとカーセンサーに登場。走行距離2,000km、登 ...

続きを見る

さらにランボルギーニはテルツォ・ミッレニオ発表場においてストラトス・ゼロの模型を並べており、その影響を感じさせる展示も行っています(カウンタックもマルチェロ・ガンディーニのデザインであり、それ自体がストラトス・ゼロのデザインを下敷きにしているとも考えられる」

Lamborghini-Terzo-Millennio-concept (4)

ちなみにベルトーネ自身も、2012年に「(当時の)現代版ストラトス・ゼロとして「ヌッチオ」を発表。※「ヌッチオ」とはベルトーネ二代目の当主、ヌッチオ・ベルトーネから

こんなコンセプトカーもあった。ストラトス・ゼロの現代版、ベルトーネ「ヌッチオ」

| ベルトーネ最後のオリジナルデザインとなるコンセプトカー | ベルトーネの100周年記念モデルとして2012年に発表された「ヌッチオ」。 ベルトーネは1912年創業の名門で、1930年創業のピニンフ ...

続きを見る

5c0142104458957.5f635636e440a

こういった例でもわかるとおり、発表から数十年たったとしてもデザイナーの創造力をかきたてるのがストラトス・ゼロであり、今後もやはりストラトス・ゼロをモチーフにしたデザインが絶えることはないのかもしれません。

6020ee104458957.5f635636e4bd9

合わせて読みたい、ベルトーネ関連投稿

こんなストラトスもあった。オリジナルと同じデザイナーが30年後に再解釈した「ストーラS81」

| これが「ストラトス」復刻の狼煙だった | ランチア・ストラトス(ストラダーレ)の原型となる「ストラトスHFゼロ・コンセプト」は1970年デビュー、そしてその後のストラトスHFプロトーティポのデビュ ...

続きを見る

ランチア・ストラトスが2025年に蘇ったら!「ストラトス(ストラタス)2025」が公開

| ランチアは絶対にストラトスを復活させるべき | ロンドン在住のアーティスト、colorsponge氏がデザインした「ストラトス2025」。正確に言うならば、そのスペルはSTRATUSとなっており、 ...

続きを見る

よく名前の出て来るベルトーネ。そのデザインや「なぜ消滅したのか」を考えてみる

| ぜひとも後世に残ってほしかったが | 自動車史において外すことができない存在、「ベルトーネ」。1912年にイタリア・トリノで創業し、1930年創業のピニンファリーナ、1968年創業のイタルデザイン ...

続きを見る

参照:Matteo Gentile

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5