ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

BMWは当面「ガソリンエンジン廃止」は考えていない?今が最大の踏ん張りどころだと捉え、「ユーロ7を乗り越える」ために最大限の投資をガソリンエンジンに対して行う模様

投稿日:2021/10/11 更新日:

BMWは当面「ガソリンエンジン廃止」は考えていない?今が最大の踏ん張りどころだと捉え、「ユーロ7を乗り越える」ために最大限の投資をガソリンエンジンに対して行う模様

| 一方、メルセデス・ベンツは「ガソリンエンジンの開発」をすでに停止 |

BMWはトヨタに近い戦略を採用するようだ。ただしその理由は微妙に異なる

さて、自動車メーカー間で対応が大きく分かれる「ガソリンエンジン車の製造」。

メルセデス・ベンツは2030年までにラインナップのすべてを電気自動車にすることを宣言し、そしてアウディは2026年から電気自動車のみを発売したうえで、それまでに発売していたガソリン/ディーゼルについても2033年までに生産を(ほぼ)終了させる予定です。

一方、トヨタは「市場の状況を見ながら」ガソリンエンジン車を作り続けるとコメントしていて、大手自動車メーカー間であってもその方向性がずいぶん異なるようですね。

トヨタが株主総会にて改めて「EV一辺倒にはならず、ガソリン車も残す」と明示
トヨタが株主総会にて改めて「EV一辺倒にはならず、ガソリン車も残す」と明示。なぜトヨタはエレクトリック化に躊躇するのか?

| トヨタは「出遅れている」のではなく、そもそもEVレースに参加する気がないようだ |この記事のもくじ| トヨタは「出遅れている」のではなく、そもそもEVレースに参加する気がないようだ |メジャーメー ...

続きを見る

BMWは今後どう動く?

そこでBMWについてですが、いちはやく電動化に取り組んできたブランドであるにもかかわらず「内燃機関にはまだ寿命がある」と主張しており、急激な電動化を進める予定はないようです。

BMWの開発責任者であるフランク・ウェーバー氏によると、「EVへの移行は一夜にして実現するものではなく、最初に解決しなければならない問題があり、それはすべてのバッテリー式電気自動車を受け入れるだけの社会的システムの準備はいつ整うのかということです。つまり充電インフラや、電力を供給する再生可能エネルギーの問題なのです。さらに、まだまだ人々の準備もできていません」とのこと。

BMW ix

実際のところ、EVはまだまだ高価で、バッテリーがすぐ消耗し、しかし充電する場所もなく、かつトラブルも多いといった問題を抱えており、EVを購入した人の少なくない数が(ぼくを含め)ガソリン車へと戻ることに。

BMWのキー
米ではもっともEV化が進み、EVに優しいカリフォルニアでも「EV購入者の1/5がガソリンに戻っている」という事実。その理由とは?

| 地域こそ違えど、ボクもEVからガソリンに戻った一人でもある。そして当面EVを買うつもりはない |この記事のもくじ| 地域こそ違えど、ボクもEVからガソリンに戻った一人でもある。そして当面EVを買う ...

続きを見る

社内のリソースを「EVへ」振り分けることも容易ではない

BMWは、他の多くの自動車メーカーと同様に、ガソリンやディーゼルエンジンの開発に多くの人材を投入しており、現在この人材を徐々にEVにシフトしているものの、これはいうほど簡単ではなく、スタッフが適切なトレーニングを受けるには相当な時間が必要になる、とも。

一方、ユーロ7の規制は急速に近づいており、フランク・ウェーバー氏は、今がガソリンおよびディーゼルエンジンへの最後の大きな投資の時期だとコメントしており、「より厳しい排ガス規制に対応するために研究開発に投入された資金は、ガソリンやディーゼルエンジンの近未来、具体的には少なくとも10年後までは確保される」と述べていて、つまり今回ユーロ7を乗り切れば、ユーロ8(があるとすれば)が導入されるであろう時期まではそのエンジンを使い続けることができるということになり、そのために現在多大な投資を行っているということだと考えられます。

これは「ガソリンエンジンの開発を停止した」メルセデス・ベンツとは大きな差異でもあり、興味深い戦略でもありますね。

メルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツが「あと10年でガソリエンジンはほぼ廃止」「ピュアEV注力のためPHEVは開発しない」と宣言。ますます業界はEV化を加速

| ついにメルセデス・ベンツまでもが脱ガソリン宣言 |この記事のもくじ| ついにメルセデス・ベンツまでもが脱ガソリン宣言 |ただし明確な時期についてはコメントせず、「流れ」に任せるという意向もまだまだ ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

アウディのステアリングホイール
アウディが「2026年以降、ガソリン/ディーゼルエンジン搭載車を一切発売しない」。HV、PHEVからも手を引いてピュアエレクトリックブランドへと移行

| まさかアウディがここまで早くエレクトリック化を進めるとは |この記事のもくじ| まさかアウディがここまで早くエレクトリック化を進めるとは |一方、フォルクスワーゲングループと世界1、2を争うトヨタ ...

続きを見る

アストンマーティン・ヴァンキッシュ
アストンマーティンが方針転換!「2025年にはすべて電動化」「2030年にはガソリン車廃止」「2030年の販売構成はピュアEVが50%、スポーツHVが45%、サーキット専用モデル5%」

| アストンマーティンは新体制への移行とともに計画を大きくシフト |この記事のもくじ| アストンマーティンは新体制への移行とともに計画を大きくシフト |2025年以降、アストンマーティンのクルマはすべ ...

続きを見る

カナダが2035年までに「ガソリンエンジン搭載車の販売を全面禁止」と発表!現時点で「ガソリン禁止」の国・地域、そしてその時期などをまとめてみた

| ガソリンエンジン禁止の流れは政治的利用もあって、想定よりも遥かに速く進んでいるようだ |この記事のもくじ| ガソリンエンジン禁止の流れは政治的利用もあって、想定よりも遥かに速く進んでいるようだ | ...

続きを見る

参照:Automotive News Europe

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5