ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスLFAがワイルド・スピード風のドリ車になったら・・・?けっこう雰囲気が出ているレンダリングが登場。このクルマの価値を考えると現実でのカスタムは絶対ムリ

投稿日:

レクサスLFAがワイルド・スピード風のドリ車になったら・・・?けっこう雰囲気が出ているレンダリングが登場。このクルマの価値を考えると現実でのカスタムは絶対ムリ

| レクサスLFAの価値はどんどん上昇しており、もはや現実的にこういったカスタムをできるクルマではなくなってしまった |

だからこそデジタル上でだけは「もしも」を楽しみたい

さて、これまでにも様々な「もしも」系レンダリングを公開しているアビメレックデザイン(Abimelec Design)。

以前にも美しいピンクのレクサスLFAのCGを公開していますが、今回はワイルド・スピード風、そして初期のD1グランプリの要素を混ぜたというパープルラメボディのレクサスLFAを公開しています。

なお、アビメレックデザインは日本車や暴走族スタイル、さらに(アメリカの)ローライダーといったカスタム文化に強い関心があるようで、しかもそれらに対する理解も深く、ほかのアーティストに比較してマニアックな(よく事情を理解した)作品を制作することが多いように思います。

まさかのピンク!レクサスLFAのボディカラーにポルシェの「フローズンベリーメタリック」を反映させたらこうなった
まさかのピンク!レクサスLFAのボディカラーにポルシェの「フローズンベリーメタリック」を反映させたらこうなった

| このボディカラーはレクサスLFAのマイルドなボディラインによく似合う |この記事のもくじ| このボディカラーはレクサスLFAのマイルドなボディラインによく似合う |さらにはクリアブルー仕上げのカー ...

続きを見る

ワイルド・スピード風レクサスLFAはこんな仕様に

そこで今回のレンダリングを見てみたいと思いますが、たしかにアビメレックデザインに言う通り「初期のD1グランプリ風」でもあり、ラメ、そしてクローム調ラッピングという当時の流行がしっかり再現されています。

加えてスポンサーステッカーも「いい味を出している」という感じですね。

そしてブレーキは(ロゴはないものの)エンドレスをイメージしたのだと思われます。

車高がドカンと落とされ、フロント、サイド、リアアンダーの形状も変更に。

画像を見る限りでは室内にレッドのロールケージが組まれているようですね。

リアにはリトラクタブルウイングを上昇させた状態を活用したスポイラー、そしうてキラキラのハウジングを持つクリアテールもまた「当時風」。

こうやって見ると塗装のラメっぷり、クロームのステッカーの質感がよくわかります。

そしてこちらはアビメレックデザインが「もっとも気に入っている」というリアのルーバー。

このルーバーはアメリカ西海岸にて、「強い日差しから車内を守り、かつ後方視界を確保するため」に取り付けられていたことが多いようですが、ランボルギーニ・ミウラなどいくつかの欧州車に装着されたことも(ただ、ミウラの場合は、「ガラス製ウインドウを装着すると、その内側へ、エンジンから飛び散ったオイルが付着して後ろが見えなくなるから」という理由でガラスを装着できず、かわりにルーバーが装着されたようだ)。

なお、このレクサスLFAの場合は珍しく「透明」なパーツで成形されており、そこはアビメレックデザインがこだわったところなのでしょうね。

ランボルギーニ・ミウラの「あのルーバー」にはちゃんと”これでないとダメ”な理由があった!ほかにも今だからこそ話せる事実が公開に

ランボルギーニは昔からチャレンジ精神に溢れていた 「Octane」にて面白い記事があったので個々で紹介したいと思います。記事そのものは「ランボルギーニ・ミウラ誕生秘話」といったものですが、その中でもっ ...

続きを見る

他にはこんなレンダリングも公開されている

そして上述の通りアビメレックデザインは様々なレンダリングを公開しており、こちらだは「ローライダー風に改造されたフェラーリF40」。

これも当時っぽいラメにグラデーション塗装、そしてワイヤースポーク状のメッキホイールにスピナーなど「要点を押さえた」作品となっています。

フェラーリF40のローライダー風カスタム
まさかのフェラーリF40を「ローライダー」に!1970年代風カスタムが施された秀逸なレンダリングが公開

| このローライダー風カスタムは今見るとむしろ新鮮だ |この記事のもくじ| このローライダー風カスタムは今見るとむしろ新鮮だ |ローライダー風フェラーリF40はこうなっている「ローライダーマガジン」は ...

続きを見る

こちらは竹ヤリに出っ歯、ローダウンにハの字という、日本の暴走族スタイルを見事に再現したフェラーリF40。

え・・・?フェラーリF40が族車に?竹ヤリ出っ歯に日章旗風、シルエットフォーミュラっぽい暴走族カスタムを見てみよう
え・・・?フェラーリF40が族車に?竹ヤリ出っ歯に日章旗風、シルエットフォーミュラっぽい暴走族カスタムを見てみよう

| 安心して欲しい。これはバーチャルでの出来事だ。だがしかし現実世界でこれをやると非難轟々なのは間違いない |この記事のもくじ| 安心して欲しい。これはバーチャルでの出来事だ。だがしかし現実世界でこれ ...

続きを見る

こちらもやはりローライダー風なランボルギーニ・ミウラ。

クロームメッキに金メッキという”いかにも”なスタイルに加え、リボンタイヤにピンストライプというユニークな仕様です。

まさかのランボルギーニ・ミウラ×ローライダー
まさかのランボルギーニ・ミウラ×ローライダー!なかなか似合ってると思うのはボクだけじゃないハズだ

| 「ローライダー」は完全に絶命危惧種になってしまったな |この記事のもくじ| 「ローライダー」は完全に絶命危惧種になってしまったな |ただしAbimelec Designは違ったほかにはこんな「バー ...

続きを見る

合わせて読みたい、「もしも」系レンダリング関連投稿

この発想はなかったな!GRスープラをアルピナ仕様へと変更したレンダリングが登場。「M仕様」よりもこっちのほうを期待したい
この発想はなかったな!GRスープラをアルピナ仕様へと変更したレンダリング「アルピナ クーペS」登場。M仕様よりもこっちのほうを期待したい

| アルピナとGRスープラとの性格はマッチしないかもしれないが、このエレガントさは捨てがたい |この記事のもくじ| アルピナとGRスープラとの性格はマッチしないかもしれないが、このエレガントさは捨てが ...

続きを見る

フェラーリが完全電動化時代の限定モデルを発表したら?過去と現在、未来が交錯する「ICONA SP-X」のレンダリング
フェラーリが完全電動化時代の限定モデルを発表したら?過去と現在、未来が交錯する「ICONA SP-X」のレンダリング

| おそらく、どんな時代になろうともフェラーリはその伝統を捨てることはないだろう |この記事のもくじ| おそらく、どんな時代になろうともフェラーリはその伝統を捨てることはないだろう |むしろガソリンエ ...

続きを見る

やっぱりホンダは3ドア版のインテグラを発売すべきだったな・・・。CGデザイナーが「ホンダ・インテグラ 無限バージョン」のレンダリングを公開
やっぱりホンダは3ドア版のインテグラを発売すべきだったな・・・。CGデザイナーが「ホンダ・インテグラ 無限バージョン」のレンダリングを公開

さて、アメリカでは「アキュラ・インテグラ」、中国でも「ホンダ・インテグラ」が発表されていますが、いずれも4ドアボディを持ち、ぼくらの考えるインテグラとはちょっと様相が異なります。そこでCGアーティスト ...

続きを見る

参照:Abimelec Design

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5