ポルシェ

中国道にて希少な限定フェラーリがクラッシュし前半分が消失!こういった事故で必ず思い出す言葉が「スーパーカーに乗ったからといって、人はスーパーマンになれるわけではない」

| 事故の詳細は不明であり原因も報じられていない | さて、いつもお世話になっているフェラーリ ランボルギーニ ニュースさんにて紹介されていた、中国自動車道におけるフェラーリ458スペチアーレ・スパイ ...

VWグループが株主総会実施!「ランボルギーニ、ブガッティ等の高級ブランドはコロナ禍でも落ち込みが少ない」「ポルシェは2025年までに半数を電動化」etc.

| プレミアムブランドほど「不況に強い」 |  さて、フォルクスワーゲンが年次株主総会を開催し、2020年の業績見通しを再確認したほか、現状や将来についていくつか興味深い事実を述べています。言うまでも ...

ポルシェ創業者の末裔、BMWやポルシェを追い出された「はみ出し者」たちが展開する新興EVメーカー、ピエヒ。市販モデル「GT2」を発表し、実力が問われる

2020/10/15    , , , , ,

| 一時期は中国から資金提供を受けるのではと言われたが | さて、昨年のジュネーブ・モーターショーにてコンセプトカー「マーク・ゼロ」を発表した新興EVメーカー「ピエヒ」ですが、今回は市販モデル「GT2 ...

これがランボルギーニ1台ぶんの重み!車両代金を現金で支払うため、お金をトランクに詰めてディーラーに行ってみた

| 一度はこれをやってみたかった | さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの残金を支払いにランボルギーニ大阪さんへ。今回はいろいろな事情があり「現金一括」での支払いです。そして現金一括で支払う ...

【動画】これ車検通るん?ポルシェ初の「デュアルプレーンウイング」採用市販モデル、新型911GT3RS試作車がニュルを激走

| やはりポルシェは高級車メーカーではなくスポーツカーメーカーである | かなりな頻度で目撃されながらも、なかなか発表されない新型ポルシェ911GT3/GT3RS。そして今回はそのサウンドも高らかにニ ...

今日のポルシェ・マカンS。アルミペダル、ナンバープレートボルト、レーダー探知機/ドラレコ等カスタム5連発

| カスタムとは言っても「必需品」に近い | さて、購入したポルシェ・マカンS直近のカスタムをまとめて紹介。まずは「アルミペダル」ですが、これはネットにてアウディ純正品として販売されているものを購入し ...

ポルシェ・マカンのカスタム「ホイールセンターキャップ」。やはりボクはカラークレストを強く推したい

| 一度カラークレストセンターキャップを使用すると、もう後には戻れない | さて、納車されたポルシェ・マカンSのホイールセンターキャップを交換。ポルシェの場合、純正だとホイールセンターキャップのエンブ ...

ランボルギーニ、フェラーリは全滅!仏が「CO2排出225g以上のクルマを買う人」に500万~625万円の罰金を課す模様。ポルシェも半数程度が罰金不可避

| ポルシェ718ケイマンGTS4.0だと、1101万円のクルマを買うのに550万円も罰金が必要に | さて、このところ何かと締め付けが厳しいハイパフォーマンスカーですが、フランスにおいて「環境に優し ...

ポルシェ・マカンSの内外装にコーティング施工!サファイアブルーメタリックの美しさが最大限に引き出されたようだ

| サファイアブルーメタリックの輝きがさらに深く美しく | さて、今回は購入したポルシェ・マカンSに施工したコーティングを紹介したいと思います。ぼくは購入したクルマのいずれにもコーティングを施していま ...

東西ドイツが分断される時代、ポルシェの支援を受け、東独にて逮捕を恐れず「東独ポルシェ」の生産を行った男の物語

| ポルシェ公認レプリカ「ミエルシュ・ポルシェ」を生産した男 | さて、ポルシェのオンラインマガジン、クリストフォーラスにて「ポルシェ公認のレプリカが存在した」という記事が掲載に。このストーリーはいさ ...

今日のポルシェ・マカンS。マカンに乗り換えると、周囲からはこういった反響が帰ってきた

| やはりポルシェは誤解されているところが多いようだ | さて、ポルシェ718ケイマンからポルシェ・マカンSへと乗り換えたワケですが、ここで周囲の反応について触れてみたいと思います。ぼくが日常的に接す ...

プルシェンコがカスタム仕様のポルシェをインスタにUP→即批判コメント。しかし今回は批判を批判する意見の方が多かったようだ

| 自分が努力して稼いだお金は自分の好きなように使わせて欲しい | さて、オリンピック金メダリスト、元フィギュアスケート選手のプルシェンコのインスタグラムがちょっとだけ炎上、という話題。ことの発端とし ...

アストンマーティンがガレージ付き8億円豪邸を発売!なぜアストンは自動車以外のビジネスに熱心なのか?

| もうじき、自動車のみでは会社が成立しない時代がやってくる | アストンマーティンが米シルヴァン・ロック(マンハッタンからクルマで2時間くらいのところらしい)に8億円の豪邸を建設して販売を開始した、 ...

ランボルギーニ・ミウラがまさかの「暴走族風」に!そのほかポルシェやフェラーリの「もしも」系CGを見てみよう

| ホイールはRSワタナベ風 | さて、もしも系レンダリングでは右に出る者がいないというほどの知名度を誇るJON SIBAL(ジョン・シバル)氏。スーパーカーやハイパーカー、日本車に対して深い造詣を持 ...

ポルシェ・マカンのカスタム「メーターリング」!中国製を購入したら不良品だった件

| できれば高輝度塗装のシルバーが良かったが | さて、ポルシェ・マカンSのカスタム「メーターリング」。これは単に「メーターの枠にリングを貼り付ける」という超お手軽カスタムです。アマゾンにて販売されて ...

【動画】伝説のポルシェ959を「現代風に」手直ししたデザイナー現る!たしかにイマっぽい外観に変身を遂げる

| ポルシェ959は「とんでもなく維持費が高い」ことでも知られている | さて、これまでにも様々な「再デザイン」作品を公開してきたカーデザイナーのスケッチモンキー氏ですが、今回はポルシェ959を現代風 ...

ブガッティが「ニューモデルの開発中止を余儀なくされた」。コロナの影響に加え「売却のウワサ」も影響?

| 売却のための準備開始だとも受け止めることができそうだ | さて、なにかと話題のブガッティ。米ブルームバーグに対してブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏が語ったところでは、「コロナウイルス ...

カルロス・ゴーンが現在レバノンで乗っているのは日産リーフとポルシェ・カイエン!日産には怒りしかないと思っていたが

| 憎んでいるのは日産幹部であり、日産や日産車ではないようだ | さて、前代未聞の逃走劇にて、経済界や自動車業界のみならず、一般にまで広くその存在を知られるようになったカルロス・ゴーン。現在は祖国レバ ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5