ミウラ

製造されたのは4台のみ!「ランボルギーニの聖杯」とまで言われた伝説のミウラSVJが中古市場に登場

製造されたのは4台のみ!「ランボルギーニの聖杯」とまで言われた伝説のミウラSVJが中古市場に登場。いったいいくらで取引されるのか想像できないな・・・

| いったいいくらで取引されるのか想像もつかない | ランボルギーニ・イオタ/SVJについては謎が多い さて、わずか4台のみが製造されたと言われるミウラSVJ(3台説もあるが、ランボルギーニの公式見解 ...

ランボルギーニ・カウンタック

ランボルギーニは間もなく今後数年にわたる未来のビジョンを公開!あわせて「カウンタックオマージュ」のシアンを発表するとのウワサも

| ランボルギーニは今後どういった変化を迎えるのか、その方向性には注目だ | ランボルギーニ・カウンタックは今年で50周年 さて、ランボルギーニは18日に「Vision for the future ...

もしランボルギーニ・ミウラが現代にエクストリームなオフローダーとして蘇ったなら!「ミウラ・オールテレーン」

もしランボルギーニ・ミウラが現代にエクストリームなオフローダーとして蘇ったなら!「ミウラ・オールテレーン」を見てみよう

| ランボルギーニ・ミウラがオフローダーとして登場する可能性はゼロに近いとは思うが、それでも興味をそそるレンダリング | さて、ランボルギーニ・ミウラが現代に(現代風の装備をもって)オフローダーとして ...

ランボルギーニ・ミウラSV

ランボルギーニ・ミウラSVは今年で50周年!ミウラSVで「まつ毛」が採用されなかったのは「製造に手間がかかるから」だった!

さて、ランボルギーニが「ミウラSVが50周年を迎えた」と発表。ミウラシリーズ最初の市販モデルであるミウラ「P400」は1966年に発売されており、その後1968年には「ミウラS」、そして1971年には ...

1位はムルシエラゴ!ランボルギーニの歴代モデルを格付けした動画が登場

【動画】1位はムルシエラゴ!ランボルギーニの歴代モデルを格付けした動画が登場、視聴者によるランキングも公開に

| ランボルギーニ・ウラッコの「最下位」は不当だと思う | さて、いつもユニークな動画を届けてくれる米ドーナツメディアですが、今回は「過去に発売されたランボルギーニ各モデルのランキング」を作成していま ...

現代版ミウラはこうなる?デザイナー考案「ランボルギーニ・ミウラ・カーボニオ」

現代にミウラが蘇ったらこうなる?デザイナー考案「ランボルギーニ・ミウラ・カーボニオ」

| ランボルギーニは幾度となくミウラ復活を検討しているはずだが | さて、レンダリングアーティスト、アンダーソン・トマゾーニ氏が公開したレンダリング「Lamborghini Miura Carboni ...

まさかのランボルギーニ・ミウラ×ローライダー

まさかのランボルギーニ・ミウラ×ローライダー!なかなか似合ってると思うのはボクだけじゃないハズだ

| 「ローライダー」は完全に絶命危惧種になってしまったな | さて、先日は「ローライダー風のフェラーリF40」をCGにて作成・公開したAbimelec Designですが、今回は「ローライダー風のラン ...

トミカプレミアム ランボルギーニセット

トミカがランボルギーニの限定セット、シアンFKP37、ミウラP400Sを発売!2021東京オートサロン記念トミカからはオリジナルカラーのアヴェンタドールSVJも

| ただし、なかなかウラカンは発売されないようだ | さて、次々新製品を発表するトミカですが、今回はランボルギーニに関連にていくつか新製品を発表しており、ここで紹介してみたいと思います。まずは「タカラ ...

ランボルギーニ・ミウラがまさかの「暴走族風」に!そのほかポルシェやフェラーリの「もしも」系CGを見てみよう

| ホイールはRSワタナベ風 | さて、もしも系レンダリングでは右に出る者がいないというほどの知名度を誇るJON SIBAL(ジョン・シバル)氏。スーパーカーやハイパーカー、日本車に対して深い造詣を持 ...

ランボルギーニ・ミウラSVが予想を大きく超える4.5億円で落札!「たった一台しか生産されなかった」特別仕様のミウラSVに迫る

| ”イオタ”由来のドライサンプ、リミテッド・スリップ・デフを装備 | Gooding&Companyの開催したオークションにて、1971年製ランボルギーニ・ミウラP400 SVが「予想価格上 ...

生産150台のみ、ランボルギーニ・ミウラSVのさらに「ほぼ最終」生産に近い個体が競売へ。左ハンドルから右ハンドルへコンバートされた珍しい一台

| 当初は欧州スペックとして生産され、後にオーストラリア向けに右ハンドルへ | SilverstoneAuctionsが7月末から8月初旬にかけて開催するオークションにて、右ハンドル仕様のランボルギー ...

ランボルギーニ・ミウラはなぜ人気にもかかわらず5年で生産が打ち切られたのか?そしてそのデザインルーツとは?知られざるミウラの謎に迫る

| ランボルギーニ・ミウラ生産終了には謎が多い | さて、東洋経済オンラインにて、「ランボルギーニ・ミウラがたった5年で生産中止になった理由」という記事が公開に。ランボルギーニ・ミウラは1966年のジ ...

京商が17年ぶりに「ランボルギーニ・ミウラSVR(1/18)」を再販!世界に一台しか存在しないミウラは今も昔も変わらない姿だった

| 実車のランボルギーニ・ミウラSVRはレストアされるも当時とほぼ変わらぬ姿を保っている | さて、先日は「頭文字D」に登場する高橋啓介のマツダRX-7(FD3S)」と藤原拓海のトヨタ・スプリンター・ ...

クラシックカーも任せとけ!超高級ディティーリングショップがレアなランボルギーニ・ミウラSVを洗って磨いてラッピング

| これだけの技術力でプロテクションフィルムを貼れるショップはそうそうない | さて、これまでにもマクラーレン・セナ、ランボルギーニ・ヴェネーノといったハイパーカーたちのディティーリングを公開してきた ...

未来派ランボルギーニ・カウンタック”E.V.E XENOX”登場!誰か実際につくってくれないものか

| ランボルギーニ自身が”カウンタックのオマージュ”を計画しているというウワサもあるが | さて、たびたび紹介しているコンセプトアーティスト、Khyzyl Saleem氏。同氏は大の日本車ファンだと見 ...

内外装は特別仕様!「世界で最も走行距離の少ないミウラ」が販売中。サウジの王族がランボルギーニに特注したものの2005年まで”ダンボールと一緒に放置”

| 1972年に「カナード」を装着していたのは驚きそのもの | サウジアラビアの王族が所有していた”ユニークな”ランボルギーニ・ミウラSVが、ロンドンのエキゾチックカーディーラー、Joe Macari ...

ランボルギーニが「4台しか生産しなかった」ミウラSVJをレストアし公開。公の場にて展示されるのは「初」

| ミウラSVRはかの「イオタ」に触発されて製造されたオーナーのオーダーによって4台のみが生産 | ミウラはランボルギーニにとっても重要なヘリテージではありますが、その歴史の中には数々のバリエーション ...

【動画】40年以上納屋に保管されていたシェルビーGT500が納屋から出される!オーナーは盗難を恐れ納屋の扉を打ち付け「それと知られぬよう」厳重に保管

| なぜ乗らずに保管することにしたのか、そしてなぜこれを出すことにしたのかは謎 | さて、昨年も様々なクルマが「納屋から発見」されましたが、今年も多くのレアカーがその眠りから目覚めることになりそう。今 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5