洗車

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDへのペイントプロテクションフィルム(PPF)施工後はじめての洗車!施工前との勝手の違いにちょっと戸惑う

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDへのペイントプロテクションフィルム(PPF)施工後はじめての洗車!施工前との勝手の違いにちょっと戸惑う

| 結果的には、やはりペイントプロテクションフィルムを貼ってよかったと思う | これから新車注文時にはPPFがボクのスタンダードとなりそうだ さて、久々にランボルギーニ・ウラカンEVO RWDを洗車。 ...

【動画】12年間放置されていたポルシェ911が発見される!埃だらけのクルマをディティーリング業者が買い取って見事復活させるまで

【動画】12年間放置されていたポルシェ911が発見される!埃だらけのクルマをディティーリング業者が買い取って見事復活させるまで

| なぜここまで長期間放置されていたのかは明かされていない | 幸い大きな補修を必要とせず機能や外観を復帰させることができたようだ さて、カーディティーリング業者、WDディティーリングが自身のYout ...

【動画】祖父の死後、40年近くも納屋に眠っていたポルシェ911が発見される。孫は多数の高額購入オファーを断り、自ら修復して再び走らせることを決意

【動画】祖父の死後、40年近くも納屋に眠っていたポルシェ911が発見される。孫は多数の高額購入オファーを断り、自ら修復して再び走らせることを決意

| 所有者は祖父のみのワンオーナー、程度は「極上」と言っていい | 中には3400万円程度の購入オファーもあったというが さて、世の中には多数の「納屋から発見された希少なクルマ」という話で溢れています ...

【動画】え?こんなところでフェラーリを洗車?出張洗車を頼んだら路上にてイキナリ洗車が開始された件

【動画】え?こんなところでフェラーリを洗車?出張洗車を頼んだら路上にてイキナリ洗車が開始された件

| 周囲のクルマを気にせず洗車を開始するところは日本とは大きく異る | 意外とロンドンでは日常的な風景なのかもしれない さて、出張洗車を行うTino Car CareがフェラーリF8トリブートを洗車す ...

ルーフを持たない限定フェラーリ、モンツァSP2はどうやって洗車するのか?プロが「水なし洗車」を使用しディティーリングを行う

【動画】ルーフを持たない限定フェラーリ、モンツァSP2はどうやって洗車するのか?プロが「水なし洗車」を使用しディティーリングを行う

| たしかにフェラーリ・モンツァSP2に「水をぶっかける」のはリスクが高すぎる | 環境面からも「水なし洗車」はけっこう普及するかもしれない さて、ニューヨーク拠点のカーディティーリングショップ、AM ...

世界に一台!希少なフェラーリP4/5に容赦なく水や泡をぶっかけて洗車。見ているこちらのほうがハラハラする

【動画】世界に一台!希少なフェラーリP4/5に容赦なく水や泡をぶっかけて洗車。見ているこちらのほうがハラハラする

| いつ見ても、エンジンルームに水を掛ける様子は心臓によろしくない | それにしても、この希少なフェラーリのオーナーが「日常的にこれに乗っている」ことに驚かされる さて、フェラーリコレクターとして知ら ...

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD久々に洗車。軽量鍛造ホイールは「肉抜き」のためにちょっと洗いにくく、現在はムートンを使用することで対応中

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD久々に洗車。軽量鍛造ホイールは「肉抜き」のためにちょっと洗いにくく、現在はムートンを使用することで対応中

| カーボンディスクローターをオプションで入れているのでブレーキダストがほぼ出ないのが幸い | 今後、ハイパフォーマンスカーのホイール形状はどんどん複雑になるだろう さて、久しぶりにランボルギーニ・ウ ...

ポルシェ・マカンS洗車!やはり懸念はブレーキダスト、そしてサテン仕上げのホイールには汚れが付着しやすいようだ

ポルシェ・マカンS洗車!やはり懸念はブレーキダスト、そしてサテン仕上げのホイールには汚れが付着しやすいようだ

| どんなクルマでも、洗車の都度あたらしい発見がある | だからこそボクは洗車が大好きだ さて、ようやく長雨も一段落し、ポルシェ・マカンSを洗車。前回の洗車からずいぶん時間が経過し走行距離が伸びていま ...

10年間洗っていない「世界に2台しかない」ルーフ・スラントノーズ・カブリオレ(ポルシェ930ターボ)をディティーリング!洗車とメンテでここまできれいになる

【動画】10年間洗っていない「世界に2台しかない」ルーフ・スラントノーズ・カブリオレ(ポルシェ930ターボ)をディティーリング!洗車とメンテでここまできれいになる

| いったいどういった経緯でこの希少な車が放置されていたのかはわからないが | 幸いなことに保管状況は悪くなかったようだ さて、ニューヨークを拠点にカーディティーリングを行うAMMO NYC。これまで ...

ポルシェ・マカン(天保山/ナナガン)

ポルシェ・マカンS洗車!1.95トン、354馬力の割にはタイヤ、ブレーキディスクの摩耗はさほど大きくはないようだ。ただし前面投影面積が大きく飛び石キズは増加中

| この様子だと、マカンSの維持費はこれまでに乗ってきた他のポルシェに比較するとけっこう安上がりかもしれない | とくにブレーキパッドのローターへの攻撃性は低いようだ 久々にポルシェ・マカンを洗車。最 ...

あのマクラーレンF1はこうやって洗車する!

【動画】あのマクラーレンF1はこうやって洗車する!普通ならビビって洗車を断りそうな希少車を「3種類の洗剤、7つのステップ」で隅々まで洗う

| ボクだったら頼まれてもマクラーレンF1を洗いたくない | トパーズ・ディティーリングはこれまでにも様々な希少車を洗ってきた さて、様々なスーパーカーやハイパーカー、そして希少なクラシックカーのディ ...

3年間毎日乗り、一度も洗車されなかったフェラーリ458

【動画】3年間毎日乗り、一度も洗車されなかったフェラーリ458が「はじめて」洗車される!プロテクションフィルムも放っておけばここまで劣化するようだ

| とにかくプロテクションフィルムを剥がすのには苦労したようだ | さて、これまでにも「災害レベル」に汚れたクルマ、長年放置されたクルマなど、そのコンディションが究極によろしくない車両を磨いてきたカー ...

ブルーのポルシェ・マカンS(天保山・ナナガンにて)

ポルシェ・マカンS洗車!クルマは走行距離15,000kmを越えたあたりから急速にタイヤ/ブレーキの摩耗が進み、見た目にくたびれた印象となるようだ

| このままのペースだと、あっという間に「過走行」になってしまいそうだ | さて、ポルシェ・マカンSを洗車。現在の走行距離は約15000kmですが、今までの経験上、どんなクルマでも15000kmを超え ...

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(ブルー・ル・マン)

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。ボディ上に見慣れない線を発見→傷か?と思って調べると、どうもナメクジが這い回った跡のようだ・・・

| さすがにナメクジがクルマの上を這い回った経験はこのほかにない | さて、今日のランボルギーニ・ウラカン。ふとウラカンのフロントスプリッター(フロントバンパー下の、ピアノブラックの部分)を見ると、左 ...

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD3度めの洗車

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD二度めの洗車!さっそく飛び石キズを見つけてちょっとブルーに(ボクはプロテクションフィルムを貼ってない)

| ただしいつかは飛び石キズが入ることを理解していた | さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDを洗車。今回はツーリング中に雨に降られたということもあり、帰宅そうそうの洗車となっていますが、残念 ...

ブルーのポルシェ・マカン

ポルシェ・マカンS、3度めの洗車。マカンは同じ距離を走ったとしてもブレーキローターの摩耗は911やケイマン、ボクスターと比べて少ないようだ。ただしブレーキダストは多め

| 同じポルシェでもこういった差があるのは面白い | さて、ポルシェ・マカンSを洗車。実のところ、ぼくはそれほど頻繁に洗車をしているわけではなく、マカンについては納車されてからようやく3回目の洗車とな ...

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD初めての洗車!構造が複雑化し洗いにくくなったものの、エアロダイナミクスの改善によって水切れが改善し拭き取りが楽になったようだ

| 自分の手でクルマを洗ってみるといろいろと楽しい発見がある | さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDはじめての洗車。11月に納車され、その後にコーティングをお願いしてからもはじめて(つまり1 ...

ポルシェ・マカンSのV6ターボエンジン

ポルシェ・マカンS洗車!以前にボンネット内でネズミが死んでいたことがトラウマとなり、いまでもフロントエンジン車のボンネットを開けるのにはためらいがある

| できるだけエンジンルーム内には何も侵入させないようにするのが肝心だ | さて、ポルシェ・マカンSを洗車。なんだかんだ言ってまだ気温が低く、洗車には厳しい季節ではあるものの、汚れたまま放っておくこと ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5