P1

720Sまでを担当したマクラーレンのデザイナーが最新モデル、アルトゥーラのデザインを「8.5点だな」と評価

【動画】720Sまでのデザイン担当がアルトゥーラを「8.5点だな」と評価。マクラーレンはデザイナーが交代したセナあたりから変調をきたしたような気がする

| マクラーレンはなんとしてもフランク・ステファンソン氏を慰留すべきだった | さて、マクラーレンに2008年から2017年まで在籍し、そのデザイン言語を作り上げたデザイナー、フランク・ステファンソン ...

大富豪がセナよりも気に入っているマクラーレンP1

【動画】大富豪がセナよりも気に入っているマクラーレンP1。「なぜ気に入っているのか、その理由を説明する」

| やはりエレクトリックモーターのアシストによる加速は「病みつき」になるようだ | さて、先日エルメス仕様の「ワンオフ」マクラーレン・スピードテールが納車されたばかりの米大富豪、マニー・コシュビン氏。 ...

マクラーレンP1 GTRを公道にて乗る動画

【動画】サーキット走行専用モデル「マクラーレンP1 GTR」!公道走行可能な仕様とするにはこういった部分が変更されている

| ボクはとてもこのクルマを公道で乗る勇気はない | さて、おなじみダグ・デムーロ氏がマクラーレンP1 GTRのレビューを動画にて公開。マクラーレンP1そのものは375台のみが製造されたハイブリッドハ ...

マクラーレンのキー

マクラーレン「ハイパーカー市場はもう過密状態。ちょっと息継ぎが必要だ」。当面ハイパーカーを発売せず、2025年にP1後継を発表する模様

| さすがにマクラーレンはハイパーカーを「連発」しすぎた | マクラーレンはトップレンジとして「アルティメットシリーズ(P1やセナ、エルヴァ、スピードテール)」、その下に「スーパーシリーズ(720S、 ...

【動画】あの伝説のフェラーリF40、そしてマクラーレンP1との加速競争!両者の間に流れる「26年」はどれくらいの差なのか

| それでもさすがはフェラーリF40 | 英国LovecarsがフェラーリF40とマクラーレンP1とのドラッグレース対決を行い、動画にてその様子を公開。これはなかなかに面白い組み合わせでもあり、フェラ ...

フォードのeスポーツ部門が25万人のファンと共に作ったバーチャルレーサー「Fordzilla P1」公開!実車の製造、ゲームへの投入も検討中

| ボディパネルは走るコースに合わせて変形可能 | 全く知らなかったのですが、フォードは2019年にeスポーツ部門「チーム・フォージラ(Team Fordzilla)」を立ち上げていたそうで、ここには ...

【動画】マクラーレンP1のオーナーが「エレクトリックモード」での加速、HVモードでの加速を比較!モーターのみだと0-100km/h加速は10秒以上かかるようだ

| こんなレビューはオーナーでないと絶対にできない | さて、3台のブガッティはじめ、数々のスーパーカーやハイパーカーを所有する北米のコレクター、マニー・コシュビン氏。今回は6年間所有しているマクラー ...

1996年の「マクラーレンF1 GTR」と同じカラーリングを再現した「P1 GTR-18」公開!カラーコードまでが当時と全く同一

| 製作したのはマクラーレン・スペシャリスト”ランザンテ” | イギリスのレーシングファクトリー、ランザンテ。マクラーレンとの関連性が深く、サーキット走行専用モデルであるP1 GTRを公道走行可能な仕 ...

マクラーレンP1後継モデルは2024年登場?マクラーレンが一度は捨てたハイブリッドをもう一度採用するワケ

| サーキットを速く走るにはハイブリッドは不要だと切り捨てはずだが | マクラーレンCEO、マイク・フルーイット氏が英国Autocarに語ったところによると、「P1の後継モデルは2024年に登場」との ...

【動画】「お前ら退屈してないか?今日はオレの持つハイパーカーのサウンドを聞かせてやろう」→ブガッティ、マクラーレン、パガーニをガレージ内で次々始動

| これだけサービス精神旺盛なハイパーカーオーナーもそううそういない | さて、コロナウイルスの影響によって世界中で外出規制が敷かれているため、自動車関係のイベントはそのほとんどが開催中止もしくは延期 ...

世界限定75台、マクラーレン・セナGTRが競売に登場予定。予想落札価格は思いのほか「高くなく」、新車価格のちょっと上。さすがにサーキット走行専用モデルは供給過多?

| いずれは各社とも、このビジネスモデルが破綻する日がやってくるのかも | オークションハウス、RMサザビーズ開催の競売にて「マクラーレン・セナGTR」が出品(転売)されることに。セナGTRは言わずと ...

サーキット専用「マクラーレンP1 GTR」の半分がなんと「公道仕様」へとコンバートされていた!そのうちの1台をマクラーレン正規ディーラーが4.2億円にて販売中

| 限定販売台数58台のうち、少なくとも28台がロードカー仕様へと変更されている | マクラーレンP1 GTRの”ロードバージョン”がマクラーレンの正規ディーラー、「マクラーレン・ロンドン」にて販売中 ...

14台が製造され、生き残ったのはわずか5台。マクラーレンP1のプロトタイプ中5番目に製造された「XP05」が販売中

| そのレア度を考えると、販売価格の1億8000万円は破格の安さ | 2017年11月にも販売されたことがある、マクラーレンP1の開発用車両が「ふたたび」中古市場に登場。ただ、ちょっと奇妙なのは、前回 ...

世界に5台、サーキット専用の「マクラーレンP1 GTR」を公道走行用にコンバートした車両が販売中。なお定員は「1名」

| これを公道で乗るには相当な勇気が要求されそうだ | マクラーレンP1 GTRは「マクラーレンP1購入者のみに販売された、サーキット走行用モデル」で、その生産台数はわずか58台のみ。その後、かつてマ ...

世界限定40台、マクラーレンP1 GTRが中古市場に。所有者は「最もポルシェを知る男」、ボディカラーは専用に調合されたグリーン。付属品には「あんなもの」も

2019/3/30    , , , ,

| オーナーは「カネパ・レーシング」代表、ブルース・カネパ氏 | アメリカに納車された「最初の」マクラーレンP1 GTRが中古市場に登場。走行距離はわずか193キロで、ボディカラーは「カネパ・グリーン ...

【動画】その価格5億4000万円のマクラーレンP1 LM。そのP1 LMでドライブスルーに行ったりダートでドリフトするオーナーが登場

たしかにクルマは置いておくものではなく乗るものではあるが マクラーレンは2013年にそのハイパーカー「P1」を375台限定にて発表しましたが、そのP1オーナー向けに「サーキット専用」として発売したのが ...

ものすごく「ギャン」なマクラーレン・セナが中古市場に登場!ガンダムファンには見逃せない一台

もうギャンにしか見えない ▲これでカーボン部分がブルークリアだったら完全にギャン 何度か中古市場に登場しているマクラーレン・セナ。限定台数はわずか500台で、マクラーレンは販売対象を慎重に選び「転売が ...

マクラーレンが「セナのF1タイトル獲得30周年記念」としてマールボロカラーのP1 GTRを公開

まだマクラーレンP1 GTRは完売していなかった? マクラーレンのカスタム部門、MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)がアイルトン・セナのF1タイトル獲得30周年を記念し、セナが1988 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f