>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

やはりBMW 8シリーズは大人気!またまた納車がはじまっていないのにチューナーが「621馬力チューン」を公開

マンハートは「マンハートらしい」ブラックとゴールドで攻めてきた まだ納車が開始されていないにも関わらずチューナー各社がチューニングメニューを発表しているという異例のニューモデル、「BMW 8シリーズ」。エンジンやトランスミッション含むドライブトレーンが既存モデルと共通ということからチューン/カスタムの予測を行いやすいためだとも思われますが、やはりその人気の高さがこれらチューナーを動かしている、と言えそう。 BMW 8シリーズはBMWにとって久々のラグジュアリークーペであり「ビッグネームの復活」。メルセデス ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

メルセデス・ベンツのトラック「Xクラス」が6輪化!外装フルカーボン、ブレーキはカーボンセラミック

内装チューナーがトラック専門ブランドを立ち上げ。メルセデス・ベンツXクラスをハードにカスタム 内装スペシャリスト、「カーレックス」が新たにトラックにフォーカスしたチューニングブランド「ピックアップデザイン」を立ち上げ。そして今回その第一弾としてメルセデス・ベンツ初のピックアップトラック「Xクラス」のカスタムを公開しています。 ただしその内容は「ただのXクラスのカスタム」ではなく、なんとメルセデス・ベンツG63 AMG 6×6ばりに「6輪化」。たしかに以前カーレックスはXクラスのカスタムカーを公開していたも ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】1000万円チョイで格安のマクラーレン12Cを購入した男。トラブルを乗り越えて幸せになれるか?

| トラブルを承知で格安マクラーレンを購入したユーチューバー。果たしてどうなる? | ユーチューバー、Tyler Hoover氏が格安のマクラーレンMP4-12Cを購入。 MP4-12Cはマクラーレンの市販車部門、マクラーレン・オートモーティブ初の量産ロードカーで2011年に発表されています。 発表時は「MP4-12C」という名称で、その後スパイダー版が2012年に登場した際に「12C」へと改名。 そして650S登場にあわせて生産の一時休止が発表され、そしてそのまま「二度と戻らぬ人」となっています。 なお ...

ReadMore

>マセラティ(Maserati)

その名は「高貴」。マセラティがギブリ、レヴァンテ、クワトロポルテに貴族的なスペシャルモデルを追加

| マセラティが見るからに高貴なスペシャルエディションを発表 | 残念ながら北米市場専用にはなるものの、マセラティがギブリ、クワトロポルテ、レヴァンテに対してスペシャルモデル「Edizione Nobile(エディツィオーネ・ノービレ)」を設定。 これは高級グレードの「グランルッソ」のみに選択可能なオプションという扱いになるようですが、これを選ぶとボディカラーは3層コートの「Blu Nobile」、20インチホイール、シルバーのブレーキキャリパーが専用装備として与えられることに。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

内装チューナーがBMW M3をカスタム。非レザーを使用した新感覚インテリアに

内装だけじゃなく外装もしっかりカスタム ブルガリアの内装スペシャリスト、VilnerがE30世代のBMW M3の内外装をカスタム。Vilnerはリマック・コンセプト・ワンの内装を担当するなどその高い技術が認められたショップですが、外装をカスタムするケースは非常に希。しかしながら内装で培った高いカスタムセンスが遺憾無く発揮され、外装も非常に美しい仕上がりに。

ReadMore

>フォード(FORD) ■ニュース

現代風にカスタムされた初代フォードGT。ハードカスタムで1000馬力を発生

フォードGTの発売は意外と新しくて2005年だった 先代フォードGTはアメリカ初のミドシップスーパースポーツとして知られますが、その生産は1,500台のみという希少車。ただし、それでもフォードGTをカスタム/チューンするオーナーは多く、このオーナーもその一人、ということになりますね。 なお、フォードGTについては、クライスラーにて「ヴァイパーのミドシップ化計画を進めていた人物がフォードに移籍して実現させたプロジェクト」である、という衝撃の事実も明かされています。 知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

内外装はモノトーンで統一。世界で28台のみ、アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが2億円で販売中

| あまりに美しいアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスター | アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが中古市場に登場。 走行わずか17キロの個体がJames Editionに登録されていますが、その価格はなんと2億円。 アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターは「クーペ」「ヴォランテ」「シューティングブレーク(ワゴン)」とともにリリースされた限定シリーズのひとつで、その中でも最も少ない限定台数「28台」を誇るレアカーです。 「2億円」というと ...

ReadMore

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■近況について ■駄文(日々考えること) ■ニュース

ボクがよくみる車の夢「狭い路地」「ぶつける」「やたら小さい車に乗っている」の意味を調べてみた!こんなことを暗示していたぞ

ぼくは自分の見た夢を克明に記憶している さて、ぼくは自分の見た夢をかなり正確に記憶しており、かつそれを思い出すことが可能。よって色々と思い起こしてみると「いくつかのパターン」に分類されますが、「クルマ」に関する夢は大別して下記の三つ。 大きなクルマに乗る羽目になり、車庫入れや狭い路地で苦労する自分が運転している車をぶつけたり破損してしまうなぜか、やたら小さな車に乗っている

ReadMore

>その他アメリカ車 ■ニュース

こういったジープもアリ!2ドアクーペのアクティブなオフローダー、「ジープ・フリーダム・コンセプト」

ジープがこれからシェアを広げようとすると、今と違うデザインの別ラインを投入するしかない レンダリング・アーティスト、アントニオ・パリア氏が作成したレンダリング「ジープ・フリーダム・コンセプト」。文字通りジープのコンセプトカーとなりますが、なんとボディ形状は「2ドアクーペ」。かつ、これまでのジープにはない(違う意味で)エッジの効いたデザインを持っています(7つのスリットをモチーフにしたフロントグリルは健在)。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

明るいカラーの大型セダンは魅力!BMWアブダビがイエローのカスタムM5を公開

BMWアブダビは派手なボディカラーを持つサルーンが好み いつも様々なカスタムカーを公開するBMWアブダビが、今回オースティン・イエローのBMW M5コンペティションを公開。この「オースティン・イエロー」はBMWがもともと持っているボディカラーではありますが、M5には標準で設定されておらず、それを正規ディーラーであるBMWアブダビが、BMWのカスタム・プログラム「インディビデュアル」を使用して特別にオーダーした、ということになります。 なお、BMWのボディカラーは「フェニックスイエロー」「ダカールイエロー」 ...

ReadMore

V12

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

アストンマーティンがヴァルキリーに使用される「1013馬力」エンジンを公開。自然吸気では自動車史上最高の出力を誇るユニットを見てみよう

コスワース製V12エンジンは質実剛健 アストンマーティンが公式にて、ヴァルキリーに採用されるV12エンジンを公開。これはウワサどおり6.5リッターV12、そして1013馬力を発生するという超高性能エン ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニCEO「PHEVは我々の未来」。次期V12はハイブリッド化で1172馬力、次期V10モデルは985馬力とのウワサ

| ランボルギーニはエレクトリックにその未来を見る | ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏がカーメディア「The Drive」のインタビューに答える形で「2021年に登場するであろうアヴェ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】まさかの「ランボルギーニ・エスパーダをホットロッド」に魔改造!これでもちゃんと4人乗れる

| 世の中にはとんでもない奴らがたくさんいる | 「まさかの」ランボルギーニ・エスパーダをホットロッドに改造してしまったチューナーが登場。 ランボルギーニ・エスパーダは1968年に発売され、今年でちょ ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■近況について ■ニュース

アストンマーティン大阪へ行ってきた!ショールームにあるレアな車たちを見てみよう(1)

| アストンマーティン大阪にはレアものアストンが勢揃い | さて、新型ヴァンテージの試乗のためにアストンマーティン大阪さんへ。 目当てはもちろんヴァンテージだったのですが、ショールームには「DB11 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「8シリーズにV12搭載はない。重量が重くなり、完璧な今のバランスが台無しになる」

| BMWは8シリーズにV12、プラグインハイブリッドを設定しない | BMWにおける副プロダクトマネージャー、カーステン・グローバー氏によると「新型8シリーズにV12エンジンの搭載はない」とのこと。 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期メルセデス・ベンツSL最新情報。AMGとの共同開発にて、よりスポーティーに←AMG GTとの差異は?

| 次期メルセデス・ベンツSLの方向性はまだまだ不透明? | Mercedes-AMG SL, R 231, 2015 次期メルセデス・ベンツSLは現行モデルから大きな変化を迎える、というウワサ。 加 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニが将来のハイブリッドについて語る。「ドライブモードに応じて電動アシストも変更される」

| ランボルギーニはターボエンジンの夢を見ない | ランボルギーニは次期V12(アヴェンタドール後継)、次期V10(ウラカン後継)モデルについて「自然吸気エンジンを継続」とかねてより発言していますが、 ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

大人気のアストンマーティン・ヴァンテージに「MT」が来年登場。果たして人気はいかほど?

| 待望のアストンマーティン・ヴァンテージ”MT”が来年登場 | アストンマーティンのチーフエンジニア、マット・ベッカー氏によると、「ヴァンテージのマニュアル・トランスミッション搭載モデルは2019年 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJは、最後の純粋なガソリンエンジン搭載V12モデルだ。次に人々が目にするV12モデルはHVになる」

| ついに一つの時代が終わり、新しい時代がはじまる | ランボルギーニは先日「アヴェンタドールSVJ」にてニュルブルクリンク最速の座を奪還しましたが、このモデルは「ニュル最速」だけではなく、「ランボル ...

>マクラーレン(McLaren)

【動画】これが「マフラーなし」状態のマクラーレンF1が発するV12サウンドだ!

| まず見ることがない、「分解したマクラーレンF1」 | 「ジェイ・レノ・ガレージ」でお馴染みのジェイ・レノが今日は「自分の」マクラーレンF1のメンテナンスがてら、「エキゾーストシステムを取り外した」 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティン・ヴァンテージ”S”と見られるスパイフォト。さらに今後V12、V6といった可能性も

| ヴァンテージSとみられる初期プロトタイプが目撃 | アストンマーティン・ヴァンテージのハイパフォーマンスモデル、「ヴァンテージS」とみられるプロトタイプが走行中。 ヴァンテージはアストンマーティン ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど

ランボルギーニ「ターボ、小排気量は絶対にない。自然吸気V10、V12こそが我々のDNA」

| ランボルギーニのダウンサイジングターボは「全体にない」 | ランボルギーニの技術部門責任者、マウリッツォ・レッジャーニ氏が「シリンダー数を減らすようなことはしない。いかなる圧力があろうとも徹底して ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】あのスモーキー永田V12スープラが北米へ!高速道路やトンネルを走り抜ける!

| あのスモーキー永田V12スープラは北米に渡っていた | イギリスの公道にて、時速316キロという前人未到かつ未だ破られていない速度違反記録を樹立し、その後ナルド・サーキットにて時速358.22キロ ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイス「我々は許される限りV12を作り続ける。ただし顧客はエレクトリック化に備えておけ」

| ロールスロイスがエレクトリック化する理由は「環境への配慮」ではない | ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトヴェッシュ氏がフィナンシャル・タイムズのインタビューに答えたところによると、 ...

>その他の国の車 >その他ポルシェ関連/ニュース

【動画】プーチン大統領専用リムジンが公開に!エンジンはポルシェ製V12ターボ

| ついにプーチン専用リムジンが完成、実際に走行する | プーチン大統領専用リムジンがついに公開。 これはロシアの式典の中で華々しくお披露目されたようで、動画では豪華絢爛な(たぶん)首相官邸の様子も記 ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWがル・マンに復帰したら?2030年のエレクトリックレーサー「BMW SPIKE」

| 2030年のBMWの製ル・マンレーサーはこうなる? | デザイナーのPavel Tomashevskiyさんが「ミシュランチャレンジ(デザインコンペ)」のために作成したレンダリング、「BMW SP ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデスAMG SL65が6月で生産終了。これでV12搭載メルセデスは残り3車種に

| メルセデス・ベンツはV12エンジンをラインナップから消す意向 | メルセデス・ベンツは「V12エンジンを徐々にラインナップから落とす」とすでに述べており、実際に「G65」をカタログドロップ。※現在 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.