>フォード(FORD)

フォードの巨大トラック、F-250をゾンビハンター化。もう怖いものはなにもない

投稿日:2018/09/15 更新日:

| もう何があっても大丈夫 |

アメリカのEVSモータースが「フォードF-250」をカスタム。
F-150の名はまだよく聞きますが、F-250とな?という人に説明しておくと、フォードF-250はF-150のでっかい版。
F-150は現在独立したモデルとして存在し、それとは別に「スーパーーデューティー」というシリーズがあって、その中に存在するのがF-250。

なおF-250のほか、F-350、F-450といったトラックもありますが、数字が大きくなるほど車体サイズも大きくなる、というのが大まかな考え方です。

ちなみに、(たぶん)F-450と思われるトラックがコルベットに追突した画像がこちら。
とんでもなく大きなクルマであることがわかりますね。

ただただヘビーデューティー

カスタムの内容としてはフロントグリルにウインチ、オーバーフェンダー、フロントウインドウ周りのシールド&LEDライト、リアベッドサイドのプレート&メッシュ、そしてリアのLEDライトバー、リアバンパーなど。

もちろんボディカラーの「マットブラック」も変更点ですね。

意図的に見せたであろう「リベット」が大迫力。

ちなみにホイールはフォージアート製「25インチ」ですが、このサイズでもまったく大きく見えない、というところが車体の大きさを物語っている模様。

アメリカではスーパーオフローダーが流行中?

なお、アメリカでは最近「超ヘビーデューティー」なオフロードカスタムが流行中。

最近勢力を拡大しているハマーH1のカスタムや、

ハマーH1をカスタムするショップが現れた。内外装を大幅カスタム、出力は500馬力に

超ハードなウニモグのキャンピングカー、

メルセデス・ベンツ・ウニモグのキャンピングカー登場。これなら文明崩壊後も生き残れそう

ゾンビハンターなアウディRS6アバント、

今度は「サバイバー」系カスタム。ゾンビがが襲ってきても大丈夫なアウディRS6アバント

三菱がショーのためにオフィシャルで作った「バーバリアン」、

三菱がゾンビハンター風のトラック”バーバリアン”をワンオフ製作。カスタム部門も新設

マンハートがBMW X6Mを改造しまくった「MHX6 ダート」、

レンダリングで終わらないぞ。本当に発売されるBMW M6ベース「MHX6 Dirt²」の画像が公開

マッドマックス風なランドローバー・ディフェンダー、

3000万円をかけてマッドマックス風に改造したランドローバー・ディフェンダーが登場

アルパインも銃座付きのジープ・ラングラーを作ってみたり。

なぜ?アルパインが「銃座付き」のカスタムジープを公開。リモコン操作でDJブース風に変形

こういった流れは今までにも「チョコチョコ」とはあったもののメインストリームに出てくることはなく、しかし現在ではひとつのカスタム手法として確立されていて、これもひとつの時代の変化なのかもしれません。

アメリカ人はゾンビの襲来を本気で信じている人が多かったり、「ゾンビ」の検索キーワードのほとんどがアメリカに集中していたりということもありますが、どこかで世界や文明の崩壊を信じていて、それに対する「備え」として暗にこういった車両やカスタムが人気化しているのかもしれず、漠然とした不安に対する裏返しのようなものかも、と考えたりします。

ちなみにこちらは実際に軍用として使用されるメルセデス・ベンツGクラス。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5