>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのコーティングメンテナンス完了!外装は透明感のある輝きに、内装は真っ白に

更新日:

| これでまた一年キレイなクルマに乗れることに |

さて、先日コーティングのメンテナンスに出していたランボルギーニ・ウラカン。
無事にメンテナンスが終了し、早速引き取って来たところ。
お願いしていたのは兵庫県は尼崎にある「煌(きらめき)」さんですが、メンテナンスを依頼するのは今回で二回目です。

黒い部分をちゃんと仕上げられるショップは少ない

ぼくのウラカンにはオプションにて「スタイルパッケージ」を装着しているためにグロスブラック(ピアノブラック)仕上げのパーツが多く、ここは洗車時にも気を使うところ。
ただし、いかに気を使ったとしてもやはり洗車キズや磨きキズが入るもので、しかし今回のメンテナンスではそういった傷もすっかりキレイに。

L1110724

たとえば、こんな感じでLEDライトを当ててみるとこれまでいくつか見えていた傷も消え、LEDライトの素子の形状すらくっきりと写り込んだ状態です。

L1110752

画像ではちょっとわかりにくいですが、肉眼だとまさに「鏡」のようにLEDライトの内部まで映り込むことに(ぼくはいつもここまで入念にチェックしているわけではない。念のため)。

L1110750

そしてグロスブラックのホイールもピカピカ。

L1110728

ちなみに今回驚いたのは、ホイールアーチの折り返し部分までがすっかりきれいになっていたこと。

L1110760

この部分はビスやサイドステップとの継ぎ目があったりして汚れがかなり溜まる部分です。
よって平時よりぼくはかなり入念に手入れを行っていたものの、どうしても汚れが蓄積するわけですね。
ですが今回、そういった「隠れた部分の汚れ」までをすっかり落としてくれているのはまさに驚き。

L1110730

そしてもちろんボディ本体も透明な輝き放っていて、ブラックの部分と同じようにLEDライトを当ててもその光がぼやけることなく、くっきりと光源を写し込んでいます。

L1110737

こちらはざっとコーティングメンテナンス直後のウラカンを撮ってみた動画。

そして内装もメンテナンスしていただき、内外装ともすっかり美しくなったぼくのウラカン。

L1110721

やはりクルマがきれいになると非常に気分が良く、これでまたドライブが楽しくなりそうです。

L1110741

その他の画像はFacebookのアルバム「Lamborghini Huracan 2019-5」に保存中。

最後になりましたが、メンテナンスいただいた煌さんには大変感謝。
夏頃にはポルシェ718ケイマンのコーティングメンテンナスをお願いしようと考えています。

ガラスコーティング・煌(きらめき)
住所:〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町2丁目2丁目22−2
営業時間:
電話:06-6430-7732
定休日:火曜日
地図はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ウラカンの仕様/インプレッション/近況, >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費, ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5