■新型車情報/スパイフォト/噂など >ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

ダイハツがオートサロンの布陣を公開!市販前提「TAFTコンセプト」ほかコペンGR Sport、ロッキーのカスタムカーも出展

投稿日:2019/12/27 更新日:

| TAFT(タフト)コンセプトはなかなか面白そうなクルマだ |

ダイハツが東京オートサロン2020にて展示するモデルの概要を公開するとともに、特設サイトもオープン。
出展内容としてはオートサロンらしく、すべて「カスタムカー」もしくは「コンセプトカー」となっていて、それぞれに魅力的なカスタマイズが施されているようです。

その中でも目を引くのは「コペンGR Sport カスタマイズVer.」で、これは通常のコペンGT Sportにカーボン製ボンネットやダクト周辺のガイド、フロントリップスポイラー、サイドステップ、リアスポイラーの装着ほか、数々のカスタムパーツが装着されたもの。

TAFTコンセプトは市販前提

そして今回、ダイハツブースで最大の目玉と思われるのが「TAFTコンセプト」。
モデル名は”Tough & Almighty Fun Tool”の略をあらわし、ダイハツいわく「日常からレジャーまで多方面に活躍できる相棒」。
ボクシーなスタイルそして樹脂製クラッディングなど「タフな」外観を持つことが特徴で、アウトドア好きをターゲットとしたクルマだと思われます。
ダイハツはこれまで「ボディカラー同色塗装部分の多い」クリーンで都会的なクルマが多かっただけに、新たな客層を呼び込めるかもしれませんね。

なお、機能面ではガラスルーフ、フラットになる荷室などを持っており、2020年央に向けて開発を進めている、とのこと。

car_taft

そのほかにはこんなコンセプトカーも出展予定

そのほかに展示されるクルマとしては「タント クロスフィールドVer.」。
家族のための頼れるアクティブギアというコンセプトです。

car_tanto

「タント カスタムPremium Ver.はおそらくマイルドヤンキー向けの「精悍なブラックフェイスで圧倒的な存在感を放つ至高のカスタム」。

car_tanto_02

「HIJET トラック PEAKS Ver.」は雑誌ピークスとのコラボによる”遊べる”オーバーランダー。
車高はリフトアップされてスキッドガードにLEDライトバーが装着され、側面にはボルダリングウォールが取り付けられています。

car_hijet

そしてダイハツ版「サイバートラック」、HIJET TRUCK DJ Ver.。
会場では「DJカクシカ」が登場し、実際にライブパフォーマンスを行う、とのこと。

car_hijet_02

こちらはエアロパーツやブラックのホイール、ストライプで精悍な印象を演出した「ロッキー・スポーティスタイル」。

car_rocky

ダイハツが毎年行う「初音ミクとのコラボ」。
今年はHIJET TRUCKとカフェスタンド仕様マルシェトラックです。※特設ページはこちら

car_miku

ちなみにこちらは昨年版、「ムーヴ・キャンバス 初音ミク・リミテッドパッケージ ビーチクルージンVer.」。

miku

そのほか会場では田中むねよし氏によるライブ・ドローイング・ショー、ダイハツのエンジニアと一緒にエンジンを組みたてることができる「エンジン組み立てチャレンジ(これは楽しそう)」も開催され、モーターショー同様、オートサロンも「モノ」から「コト」に出展内容がシフトしているようですね。

VIA:DAIHATSU

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5