■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルBRZが7月20日で受注終了!次期BRZは2021年6月に新型86と同時に登場?ファイナルモデルにも期待

投稿日:

| 最短でも1年ほどは「BRZ不在期間」が発生しそう |

subaru-brz

スバルBRZが2020年7月20日をもって受注終了。

これは神奈川スバルが自社の公式ツイッター、東京スバルが自社サイトにて相次ぎ発表したものです。

現在、次期スバルBRZ/トヨタ86は開発中ということが公式にコメントされているものの、新型(フルモデルチェンジ版)に切り替わるのまだまだは先だと考えていただけに、これは「早すぎる生産終了」。

そして受注終了となるのはBRZのみなのか、それとも86も同時に受注停止となるのか(もしくは86のみ継続されるのか)は判明しておらず、BRZについても受注を停止した後にまもなく新型BRZが発表が発表されるのかどうか等も不明です。

なお、先日北米にて開催されたディーラーミーティングの内容によると、次期86の登場は2021年6月発表、とのこと。

新型BRZ/86も現行同様にスバルとトヨタとの共同開発になると言われ、製造が(現行モデルと同じ)群馬製作所であるとすれば、日本でのニューモデル発表も(日本で作る以上は)同時期になるのかもしれません。

トヨタ北米のディーラー会合にて今後の計画が明らかに!「次期86は255馬力ターボ、2021年6月発表」「次期ランクルはオフローダーの性格を強め価格を抑える」等

この記事のもくじ1 | ちなみにTjクルーザーの話は出なかったようだ |1.1 今後のトヨタの新型車計画はこうなっている1.2 ランドクルーザーは「原点回帰」?1.3 この記事を読んだ人は、他にもこん ...

続きを見る

次期スバルBRZ/トヨタ86は255馬力ターボ?

スバルBRZ/トヨタ86は両方ともスバルの群馬製作所にて製造される兄弟車ですが、スバルBRZの販売はトヨタ86の1/6~1/9程度。

トヨタ86のほうは日本含め北米でも比較的安定した販売台数を維持していると聞いていて、しかしスバルはBRZについて「作れば作るだけコストがかかる」と判断し、(86よりも)早い時期に生産終了に踏み切るのかもしれません。

なお、上述の北米ディーラーミーティングの情報によると、次期86は255馬力ターボを搭載するとされ、ただしスバルはすでにEJ20を「終了」させるため、これの搭載はナシ。

代わりに搭載されるのはおそらく「1.8リッター・リーンターボ」エンジンだと考えているものの、これについて確証はなく、FA20(300馬力)をデチューンして搭載する可能性も。

やはりスポーツカーにとって、「排気量ダウン」はあまりイメージが良くなく、とくに北米においては嫌われる傾向にあるため、排気量を維持してくる可能性もありそうです。

スバルが長期計画公表。2020年に新型エンジン、2020年代はじめに”ファン・トゥ・ドライブな”EVを投入し、2030年代にはついに全車EVに

この記事のもくじ1 | けっこう思い切った計画を出してきたな |1.0.1 スバルのSTEPはこういったプランだった1.0.2 スバルは何が違うのか1.0.3 スバルでは「客が主役」1.0.4 スバル ...

続きを見る

ちなみに「255馬力」というのはスープラSZ-Rへの配慮かもしれず(258馬力)、そしてもう一つの理由としては「車体強度」かも。

以前にトヨタのスポーツ車両統括責任部長(86プロジェクトの責任者)、多田哲哉氏が語ったところによると、ターボエンジンを搭載すると、そのトルクやパワーに対応するだけの車体強度を確保する必要があり、それが「コスト増加」に繋がるため、いたずらにパワーアップをすべきではない、という趣旨のコメントを行っています。

86/BRZは比較的求めやすい価格が魅力の一つでもあるので、「パワーアップによって価格が上がってしまう」のは本望ではなく、かつスープラとの棲み分けも考慮し、「なんとか価格上昇を抑えられる範囲」が255馬力なのだろうとも推測しています。

トヨタ86開発担当者語る。「何百万回も聞かれたが、現行86にターボ装着はない。次期モデルではわからないけど」

| 現行トヨタ86にターボエンジン搭載はない | ジュネーブ・モーターショー開催期間中に、トヨタのスポーツ車両統括責任部長(86プロジェクトの責任者でもある)、多田哲哉氏がオーストラリアのCarAdv ...

続きを見る

なお、最近のスバルは、生産を終了するモデルやエンジンについて「記念モデル」を設定する傾向にあるので、BRZについても(次期BRZへとつなげる意味で)なんらかの特別仕様車が登場するかもしれませんね。

スバルがWRX STI、そして搭載されるエンジンの生産終了を発表し、記念限定モデル「EJ20 Final Edition」発売。内容はすでにスペインで発売された限定モデルに準じる?

| スペインの限定「WRX STI Final Edition」は8台のみ、価格は720万円 | スバルがWRX STIに搭載される2リッター水平対向4気筒エンジン「EJ20」の生産を終了し、加えてW ...

続きを見る

さよならスバルBRZ。ドイツ市場から撤退することになり、「ファイナルエディション」が100台のみ限定販売されることに

この記事のもくじ1 | 内装にはブルーステッチが採用されて特別感を演出 |1.1 インテリアは特別仕様1.2 どうなる新型スバルBRZ?1.3 この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます | ...

続きを見る

スバルBRZ/トヨタ86は素晴らしいスポーツカーだ

そしてぼくがスバルBRZ/トヨタ86に対して抱く印象は「日本車きってのピュアスポーツ」。

アンダーパワーであることから低い評価を下す向きもありますが、ぼくとしては「非常にバランスのいいクルマで、運転の基礎を学ぶにはもってこい」だと考えています。

簡単に言うと、速く走るには「カーブの手前でちゃんと減速し、フロントに荷重を移してからステアリングホイールを切って鼻先の向きを変え、そのあとアクセルを開けて後輪の駆動力でカーブの内側に車体を向ける」ことが必要。

48906762367_2b0eb9c4d1_c

これはまったくの基本ではありますが、最近のスポーツカーはあまりに電子制御が良くできており、さらに電制デフを搭載していると簡単にクルマの向きが変わるので、「誰がどうやっても曲がることができる」わけですね。

トヨタGRスープラは「ピュアスポーツではない」?トヨタ86、ポルシェ718ケイマン、アルピーヌA110と比較試乗してわかった真実

| 同じスポーツカーでもメーカーが異なれば考え方がぜんぜん違う | さて、先日試乗したトヨタGRスープラ。いろいろな意味で期待と異なる部分があり、考えさせられるクルマであったと思います。そして新型スー ...

続きを見る

ただ、スバルBRZ/トヨタ86の場合はそういった「過剰な運転支援」がなく、ドライバーのスキルがそのまま反映される鏡のようなクルマ。

よって、最新のスポーツカーに慣れてしまったぼくがスバルBRZ/86に乗ると、「なんて曲がらないクルマなんだ」と思わされるものの、よくよく考えると、それは「最近の高性能車に慣れて運転がズボラになってしまい、基本を忘れた自分」が突きつけられているだけであり、いかに自分がクルマに頼りっきりの、そして下手な運転をしていたかを思い知っただけなのですね。

こういったクルマは現在の日本、そして世界を見渡してもほかに見当たらず(マツダ・ロードスターはかなり安定志向)、その意味でもスバルBRZ/トヨタ86はとても貴重。

よって、次期スバルBRZ/トヨタ86についても、こういった「純度」を保ってほしいとも考えています。

スバルBRZのマイチェン版?はたまたトヨタ86の限定モデル?謎なプロトタイプがアルピーヌA110を従えてテスト中

この記事のもくじ1 | これがマイナーチェンジ版だとすると、けっこう本気な内容になりそうだ |1.1 新旧スバルBRZ、トヨタ86を比較してみよう1.2 この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んで ...

続きを見る

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >スバル(SUBARU), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5