>シボレー(CHEVROLET) ■ニュース

朗報!2021年モデルのコルベットはウワサされていた値上げ「ナシ」!初年度と同じ価格で購入できることに

投稿日:2020/06/03 更新日:

| これで日本向けのコルベットも値上げされることはなさそうだ |

以前に「新型コルベットは1台売るごとに220万円もの赤字が出ており、それを補うために2年目以降は大幅値上げを行う」という報道があったものの、どうやら2年目(2021年モデル)は値上げ無しで販売されることになりそう。

これはCorvette Bloggerが報じたもので、コルベットのエンジニアが「我々は顧客に対し、正しい行いをしなければならない」と語り、59,995ドルというベース価格を維持すると宣言したようですね。

C8コルベットは「失敗できない」モデルチェンジだった

なお、この「1台売るごとに220万円の赤字」の理由としては、シボレーはなんとしてもC8コルベットのモデルチェンジを成功させる必要があったため。

C7までのフロントエンジンから一気に「ミッドシップ」へと変更するというドラスティックな変更を行っており、これに際して最も心配していたのは消費者ではなくシボレー。

そのためシボレーは当初「C8コルベット発売後もC7コルベットを併売し、C8コルベットが失敗したらさっさと引き上げてC7に集中する」という計画を持っていたとも報じられています。

しかしながらシボレーはその計画をキャンセルして「C8コルベット一本に」絞ることとし、そのかわりに用いたのが「C7コルベットの5000ドルアップのみ」という割安な価格設定。

C8コルベットは「コストを考慮するとC7コルベットの30%~50%増しの価格設定が妥当」と言われていたことを考えれば「驚くべき安さ」であり、この価格設定によってC8コルベットは大きな人気を得たとも言えそう。

ただ、その代償が「1台売って220万円の赤字」だったわけですが、この赤字はもちろん当初から想定済みであり、対策としてシボレーは「多彩なオプション」を用意。

これによって多数のオプションを装着するオーナーが多数登場し、「ノーオプションにてオーダーされたC8コルベットはわずか1台のみ」という現状に。

新型コルベット受注内訳。最上位グレードに74%が集中、ベースグレードは”たったの一人”。ノーオプションでの購入はゼロ、平均だと280万円、最高だと460万円のOP装着

この記事のもくじ1 | さすがにコルベットだけあってパフォーマンス系オプションが人気のようだ |1.1 一番オプションを装着した人は「車両本体価格の42%の金額」に相当する装備を追加1.2 人気のグレ ...

続きを見る

そしておそらく、この「高いオプション装着率」はシボレーの想定を超えており、よって「値上げしなくてもすむ」ようになったのかもしれませんね。

2021年モデルのコルベットはオプションがちょっと変更に

そして「値上げなし」の発表とともにアナウンスされたのが若干のオプション内容変更。

大きなものだと「Z51パッケージを選択しなくても、マグネライドを単品で選べるようになる」というものがあり、単品設定されることによって、乗り心地を重視するアメリカ人の多くがこれを選びそう(Z51パッケージを選ぶとけっこう高価になり、かつ”走り”に関するオーバースペックなオプションもついてくる)。

そのほか、ボディカラーだとブレードシルバーとロングビーチレッドが廃止となり、かわりにシルバーフレアとレッドミストメタリックが加入。

シボレーによれば、ブレードシルバーを選んだ人は6%、ロングビーチレッドを選んだ人はわずか5%にとどまる、とのこと。※一番人気はトーチレッド(25%)、次いでアークティックホワイト(15%)

人気オプションだとスポーツエキゾースト(装着率89%)、フロントリフター(58%)、GT2シート(62%)、エンジンアピアランスパッケージ(44%)、そしてブレーキキャリパーだとレッドが一番人気で42%、ホイールだとブラック仕上げが43%で最多となっています。

なお、初年度モデル(2020年モデル)のオーダーは合計20,181台に達し(デリバリー数においてもポルシェ911を抑えてラグジュアリースポーツセグメントでナンバーワン)、83%がハードトップ、17%がコンバーチブルを選んだということですが、「オープン大好きな米国」にしては意外な数字でもありますね。

ちなみに日本仕様のコルベットは1140万円からという設定ですが、今回本国での値上げがなかたったということで、予定通りこの価格を維持できることになりそう。

ただし、装備の違いはあるかもしれませんが、北米での開始価格(邦貨換算で約640万円)に対して日本仕様の1140万円というのはかなり高いプライシングでもあり、このあたりが「日本でアメ車がが売れない」理由のひとつなのでしょうね。

台数が出ないので(この設定については)理解はできるものの、この内外格差が小さくならないことには「高いので売れない」「売れないので安くできない」という連鎖がいつまでも続くことになりそうです。

新型コルベットは日本での発表後1日で注文100台!購入している人は「自営業が多い」「欧州車オーナーが興味」

| 日本ではコルベットのミドシップ化に対して「抵抗が少ない」 | オートカーによれば日本においても新型コルベットの受注が好調、とのことで、なんと発表1日で100件もの注文が集まった、とのこと。新型コル ...

続きを見る

参照:Corvette Blogger, Carscoops

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5