>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各社業績/ランキング等 ■ニュース

自動車デザインに異変アリ?トヨタの奇天烈なデザインが支持され、ホンダのスマートなデザインが不人気になってしまった現状を考える

投稿日:

| ここまで自動車に「個性」が求められるようなった時代は今までにない |

さて、最近の国内自動車登録ランキングを見ていて思うことがあり、それは「アクが強いクルマばかりが売れるようになったな」ということ。

もしくは「アクが強い車しか売れなくなった」と考えることもできます。

ちなみにベストテンのうち8車種までがトヨタですが、トヨタは「プリウス」に代表されるように奇天烈なデザインを採用することで知られ、それは「ヤリス」も同じ。

なお、ヤリスと新型フィットはほぼ同時期に発売されており、その直後は「フィット圧勝」だったので、ぼくは「やはりアクの強い顔つきのヤリスは(コンパクトカーという性質上)受け入れられず、ナチュラルで刺激の少ないフィットのほうが時代に合っていたのか・・・」と考えたわけですね。

ただし実際にはアクの強い顔のほうが好まれたようだ

まずはこちらが昨年1月~今年2月のフィットとヴィッツ(2月以降はヤリス)との販売を比較したもの。

新型フィットは予定していた2019年10月に(ブレーキ問題で)発売ができず、よってそこから2020年2月の発売開始までには売るためのクルマがなく、ヴィッツに大きく水を開けられています。

ただ、それまでの販売状況については、フィット/ヴィッツともに不思議なくらい似た動きとなっており、抜きつ抜かれつ、まさに好敵手といったイメージです。

f

そして2020年2月にはフィットとヤリスが発売となり、フィットは今までの予約を納車したということもあって大きく販売を伸ばし、ヤリスをリードすることに。

しかしながらヤリス発売初月は4WD含む一部ラインアップが欠損していて、そのために販売が伸びていなかったのだと見え、2020年3月以降はこんな感じで「ヤリスの連勝」。

2

しかもフィットとヤリスとの差は大きくなるばかりで、これまでの「フィットとヴィッツ時代」のライバル関係は完全に崩れることとなっています。

なぜフィットはヤリスに勝てなかったのか

そこで疑問に思うのが、なぜフィットはヴィッツ改めヤリスにこうもボロ負けしてしまったのかということ。

これまでの両者の関係からは想像できないほどの差がついてしまっていますが、両モデルにおける大きな差は「外観」だと考えていて、フィットは低刺激な「使いやすいタオル」をイメージしたクリーンでナチュラルな外観。

一方でヤリスはアクの強いエネルギッシュなルックスを持っていますが、世間は「ナチュラルさ」よりも「エネルギッシュ」を好んだのかもしれませんね。

同様の傾向はトヨタRAV4とCR-Vにも

そしてフィットとヤリスとの状況に似た関係性が「トヨタRAV4とホンダCR-V」。

両者ともにライバルとして競い合い、そしてアメリカ市場へと主戦場を移した後に日本へと導入されることになっていますが、こちらの戦いはRAV4の圧勝。

外観上だとCR-Vはスマートな都会派、RAV4はアクティブなアウトドア派と考えることができ、そして多くの人々が「アクティブなRAV4を選んだ」ということになりますね。

これについては折からのアウトドアブームが手伝っているとも思いますが、北米市場においても「これまではスマートなシティSUVだったRAV4」が現行アウトドア派へとフルモデルチェンジした途端に大きく販売を伸ばしていると報じられており、そして「これまではなかなか勝てなかった」CR-Vの販売を凌駕することとなっています。

なお、ホンダは現在世界的に販売不振に陥っていると言われ、それはデザインが「代わり映えせず、飽きられてきた」からなのかもしれません。

そしてこれを受けてか、ホンダはSUVについて「マッチョなデザイン」へとスイッチすることを示唆していますね。

そしてこういった状況を見る限り、世界では「エネルギッシュでアクティブな」デザインが好まれるようになり、ホンダのように「クリーンでナチュラルな」デザインはあまり受けなくなっているのかもしれません。

その理由は定かではありませんが、もはや自動車は生活必需品ではなくなり、嗜好品としての位置づけを強めるにあたり、クルマを「自己満足のためのプロダクト」「自己主張、セルフプロデュースのためのアイテム」として捉える人が多くなり、主張の強いデザインを持つクルマに人気が集まったのではないか、とも考えています(機械式腕時計がそうであるように)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5