>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスが「初のネオンカラー」を採用した限定シリーズ"ブラックバッジ・ネオンナイツ"発表!ドーン、レイス、カリナンに設定

投稿日:2020/11/26 更新日:

ロールスロイス・ブラックバッジの限定モデル、ネオンライト

| まさかロールスロイスが純正にてこういったボディカラーを展開するとは |

さて、ロールスロイスは「ブラックバッジ」なるBボーイ系シリーズを展開しており、これはグリルやバッジ類がブラックへと変更され、ちょっとだけ出力の向上がなされるという特別仕様。

そしてロールスロイスはこのブラックバッジを対象にこれまでにもいくつかの限定モデルを投入しているものの、今回新たに発表されたのがショッキングな「ネオンナイツ」シリーズです。

鮮やかなボディカラーはブラックバッジ「初」

このブラックバッジ「ネオンナイツ」が設定されるのはドーン、レイス、カリナンの3モデル。

ちなみにこのネオンナイツについては、アメリカのオーナーが自身のロールスロイスをビビッドなカラーにて注文したことに端を発しており、その後に同様の仕様を限定モデルとしてロールスロイスが販売するようになったと紹介されています。

rolls-royce-black-badge-neon-lights (3)

インスパイア元は「自然」

なお、ネオンというと人工的な印象があるものの、ロールスロイスいわく「これらネオンナイツは自然にインスパイアされた」とのこと。

たとえばこの「ロックグリーン」はオーストラリアに生息する「グリーンツリー・フロッグ」の体表に着目したものだそう。

rolls-royce-black-badge-neon-lights (1)

ちなみに欧州の自動車メーカーは「昆虫や爬虫類」からボディカラーのインスピレーションを得るものが多く、とくにポルシェは爬虫類由来のボディカラー(名)が多いように思います。

rolls-royce-black-badge-neon-lights (5)

参考までに、マクラーレンはクモをモチーフにした600LTを公開したことも。

マクラーレンが600LTスパイダーに欧州最大、”緑の牙を持つ”クモをイメージした限定モデルを追加。12台のみの「セゲストリア・ボレアリス」

この記事のもくじ1 | さすがにクモがモチーフなだけあって凶暴なルックスだ |1.1 ”グリーン”はクモの牙をイメージ1.2 「スパイダー・スパイダー」のインテリアはこうなっている1.3 マクラーレン ...

続きを見る

そしてこちらの「イーグルロックレッド」はハワイ原生の木にヒントを求めたもの。

rolls-royce-black-badge-neon-lights

この「ミラボーブルー」は中央〜南アフリカにかけて生息する蝶を模したカラーなのだそう。

rolls-royce-black-badge-neon-lights (2)

ペイントは新開発

ロールスロイスによると、これら3色のペイントはこのネオンナイツのために新しく開発したとのことで、いずれもマットカラーのようにも見えますね。

発色がよく、褪色が心配ではあるものの、もちろんそのあたりもテスト済みなのだと思われます(ブガッティが以前に新色開発のテストについて触れていたが、意図的に長期間日光に晒したりするため、テストを含めると新色の開発には最低半年はかかるという)。

rolls-royce-black-badge-neon-lights (10)

さらにロールスロイスは、これらネオンナイツに関し、「エッジの効いた、我々の恐るべき子供たち(Les enfants terribles=ジャン・コクトーの詩を引用している)」とも表現しています。

rolls-royce-black-badge-neon-lights (9)

ロールスロイス「ネオンナイツ」のインテリアも特別仕様

そしてこのネオンナイツのインテリアもまた、外装同様に「特別仕様」。

ダッシュボードには特殊なグラフィックが見えますが、これは「テクニカルファイバー」なる素材を使用することで”発光する”ようですね。

rolls-royce-black-badge-neon-lights (7)

なお、ドーンとレイスのインテリアカラーはアークティックホワイトもしくはシバログレーが選択可能。

rolls-royce-black-badge-neon-lights (6)

ロールスロイスというとシックなイメージもあるが

ロールスロイスというと「超高級」と同時にシックなイメージがあり、どちらかというとこういったアヴァンギャルドなボディカラーとは程遠いブランドであるようにも思えます。

ただ、ロールスロイス自身に言わせると、ロールスロイスの顧客は保守的ではなく変化に対して貪欲であり、進んで新しいものを取り入れる傾向にあるのだそう。

そこが「高級車ブランド中、非常に若い顧客の平均年齢」を誇る理由だと言われます。

ロシアより愛を込めて!ロシア限定、けして眠らないモスクワの夜をイメージしたロールスロイス・レイスの特別仕様が登場

| 成功者がロールスロイスを欲するのは世界共通 | ロールスロイスのモスクワ販売拠点、「ロールスロイス・モスクワ」より、モスクワの夜の雰囲気にインスパイアされたスペシャルエディションが発表に。これはロ ...

続きを見る

ロールスロイスが「暗号」モチーフの限定レイス「クリプトス」を発表!CIA本部に設置される暗号碑文をイメージ

この記事のもくじ1 | ルーフ内張には暗号を模した光が前から後ろに流れる |1.1 ロールスロイス・レイスの至るところに「暗号」1.2 ほかにはこんなレイスの限定モデルも | ルーフ内張には暗号を模し ...

続きを見る

ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し、まさかの「イヤー・オブ・ザ・ピッグ」エディションを限定発売

さすがにやりすぎ感が否めない ロールスロイスが中国に媚びる姿勢を見せ、カリナン、ドーン、ゴースト、レイスにおいて「中国の新年を祝う」スペシャルモデルそしてサービスを導入。今年は2月5日が旧暦での新年と ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f