ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

「スバル・エフェクト」がホンダにも!?ホンダがパスポートのマイチェンにてワイルドな「トレイルスポーツ」を設定し、スバルのようだと話題に

投稿日:2021/09/25 更新日:

「スバル・エフェクト」がホンダにも!?ホンダがパスポートのマイチェンにてワイルドな「トレイルスポーツ」を設定し、スバルのようだと話題に

| ホンダはこれまで都会的でクリーンなデザインを売り物にしてきたが |

やはり現代において「低刺激な」デザインでは売れないようだ

さて、ホンダが米国などで販売しているSUV、パスポートをマイナーチェンジ。

ただしマイナーチェンジといえどその変更の内容はけっこう大きく、というのもこれまでのシティ派路線から急に「マッチョ派」へと転じたため。

アップデートされた内容としてはフロントバンパーに始まり、パワーバルジを備えた新しいボンネット、新形状を持つフロントフェンダー、新しいアップライトグリルデザインなど(フロントバンパーは現在流行の”バンパー内の空気をフロントタイヤへと導く新しいベントを装着”することで空力性能を向上させている)。

さらにはリアエンドにも変更が加えられており、より大きなテールパイプを備えたアグレッシブなリアバンパー、トウヒッチカバー、スキッドプレートガーニッシュが採用されています。

ホンダはトヨタに惨敗したことで路線変更?

参考までに、ホンダはこれまでCR-Vのライバル関係にあったRAV4に(モデルチェンジを期に)惨敗し、それはヤリス(ヴィッツ)とフィットでも同じです。

つまりホンダは全世界で、そしてセグメント問わずトヨタのマッチョで奇天烈なデザインに対抗できないという現実を思い知らされており、これまでの薄口デザインからマッチョへと路線変更を図ることを検討中だとも報じられていますね。

2022-Honda-Passport-2

CR-V、フィットがRAV4/ヤリスに惨敗のホンダ。無味無臭な都会派デザインを捨て「マッチョになる」ことを検討中

| 現代では「個性的なクルマ」のほうが売れやすい傾向にあるようだ |この記事のもくじ| 現代では「個性的なクルマ」のほうが売れやすい傾向にあるようだ |世の中は「アクの強いクルマ」を好む方向へ?金太郎 ...

続きを見る

実際のところ、ホンダのデザインは「マッチョ」路線へ

そして実際にホンダは徐々にマッチョ路線へと転じており、この新型パスポートは最たる例かもしれません。

さらにこの新型パスポートには「トレイルスポーツ」なる新グレードが設定されており、これは画像を見る限りではスバルの「ウィルダネス」に強く影響を受けたものだと考えて良さそう。

2022-Honda-Passport-5

スバルが新型車「アウトバック・ワイルダーネス」発表
スバルが新型車「アウトバック・ウィルダネス」発表!SUBARU史上最強のオフロード特化モデル、ワイルドなだけじゃなくちょっとオシャレ

| ただ単に「車高を上げた」アウトバックではないようだ |この記事のもくじ| ただ単に「車高を上げた」アウトバックではないようだ |スバル・アウトバック・ウィルダネスはこんなクルマスバル・アウトバック ...

続きを見る

スバルの影響を受けたのはホンダだけではない

なお、ウィルダネス発表以前から、スバルの「ちょっとゴツめのルックス」は非常に高く評価され、実際に売れていたわけですが、これまで「ソフトでオシャレ」なプレミアム路線を貫いていたマツダもこの路線に倣うことになっており、つい最近のCX-5のフェイスリフトではなんと「オフロード風味」のグレードを投入することとなっています。

これはある意味では非常に大きな衝撃であり、この現象は一部で「スバル・エフェクト」と呼ばれているようですね。

2022-Mazda-CX-5-facelift-44

「スバル・エフェクト」?マツダがCX-5のマイチェンを機に「スバルっぽく」変化しつつあるようだ。アウトドア風の外観にシフト、さらに北米では「SUVを全車標準で4WD化」へ
「スバル・エフェクト」?マツダがCX-5のマイチェンを機に「スバルっぽく」変化しつつあるようだ。アウトドア風の外観に一部シフト、さらに北米では「SUVを全車標準で4WD化」へ

| やはりマツダの「プレミアム」はだれも望んでおらず、スバルの「シンプルなアウトドア仕様」は多くの人が望んでいたのか |この記事のもくじ| やはりマツダの「プレミアム」はだれも望んでおらず、スバルの「 ...

続きを見る

そして「スバル化」を行ったのはマツダのみではなかったようで、今回のホンダ・パスポートもまた然り。

このトレイルスポーツはフロントとリアのトラック(トレッド)が10mm広くなり、専用デザインを持つグリル、よりアグレッシブなフロントとリアのバンパー、シルバーで仕上げられたリアのスキッドガーニッシュが特徴です。

2022-Honda-Passport-4

さらには245/60R18タイヤを装着した新デザインの18インチホイールを装備し、エクステリア全体に「TrailSport」バッジを配しています。

キャビンについても、TrailSportバッジや刺繍のほか、ステアリングホイール、ドアパネル、シートに施されたオレンジ色のコントラストステッチなどが採用され、メータークラスターはブラッククロームで囲まれた個性的なデザインに。

こういった部分もまたスバル「ウィルダネス」を連想させるところでもありますね。

2022-Honda-Passport-6

なお、今回のマイナーチェンジにおいて、トレイルスポーツを含むパスポート全モデルに対し最高出力280ps、最大トルク262lb-ft(355Nm)の3.5リッター自然吸気V6エンジンが標準装備されることになり、トルクベクタリング方式の四輪駆動システムと9速オートマチックトランスミッションとの組み合わせにて提供されるとのこと。

そのほか運転支援システムとして前方衝突警告機能付き衝突軽減ブレーキシステム、車線維持支援システム、車線逸脱警告機能付き道路逸脱軽減システム、アダプティブ・クルーズ・コントロールなどが標準装備されているようですね。

2022-Honda-Passport-3

今後はさらにハードなオフローダーも

驚くことに、ホンダは将来的に「よりアグレッシブなタイヤやオフロードチューンのサスペンションなどを装備したモデルを用意する」としていますが、手始めに(今回のパスポートに対し)グリルやフェンダーフレア、ホイール、リアクオーターパネルのHPDグラフィックなどを変更した「HPD(ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント)パッケージ」をオプションにて設定しており、アメリカン・ホンダのナショナル・オペレーション担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるデイブ・ガードナー氏によれば、「当社のライトトラックの真の頑丈さ、オフロード性能を知らない人もいるかもしれません。しかしトレイルスポーツを追加することで、将来的にはさらにオフロード性能を向上させる下地ができました」とコメントしており、ホンダにおいてはますますスバル化が進むことになりそうです。※HPDによるオプションは、先にマイチェンしたリッジラインにも用意されている

マイチェンしたホンダのピックアップトラック「リッジライン」がカッコいい!ハイラックス同様、ぜひ日本にも導入してほしい

| 今までの「インテリ顔」から一気に「ワル顔」へ |この記事のもくじ| 今までの「インテリ顔」から一気に「ワル顔」へ |今まではソフトさがウリだったが新型リッジラインのインテリアは「あえて」一部アナロ ...

続きを見る

合わせて読みたい、ホンダ関連投稿

なんでこんなことに・・・。ホンダ社長「車種、グレード、オプションを減らす」。営業利益率はトヨタの1/4へと転落し、”儲からない会社”へと没落

| ホンダは純血主義をやめ、地域別展開をやめてグローバル化を目指すべき |この記事のもくじ| ホンダは純血主義をやめ、地域別展開をやめてグローバル化を目指すべき |ホンダの操業コストはかなり高いなぜホ ...

続きを見る

トヨタ・ヤリス
自動車デザインに異変アリ?トヨタの奇天烈なデザインが支持され、ホンダのスマートなデザインが不人気になってしまった現状を考える

| ここまで自動車に「個性」が求められるようなった時代は今までにない |この記事のもくじ| ここまで自動車に「個性」が求められるようなった時代は今までにない |ただし実際にはアクの強い顔のほうが好まれ ...

続きを見る

なぜホンダ・オデッセイはスマート路線から押し出しの強いデザインへ転じたのか?クルマもいまや「インスタ映え」の時代へ

| ホンダはこれからデザインを大きくシフトさせるかもしれない |この記事のもくじ| ホンダはこれからデザインを大きくシフトさせるかもしれない |初代オデッセイのイメージは黒豹だったなぜ6代目の新型オデ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5