ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

●ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの納車から1年!ここでボクがウラカンEVO RWDに感じていることなどをまとめてみた

投稿日:

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

| ここまでランボルギーニを乗り継いでこれたのは幸運というより他はない |

このウラカンEVO RWDはボクが「もっともこだわった」ウラカンでもある

さて、早いものでランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの納車からはや1年が過ぎ去ったため、ここでその印象を述べてみたいと思います。

ちなみにぼくがはじめてランボルギーニを購入したのは2009年であり、つまりはもう13年くらいもランボルギーニに乗っているということになりますね。

さらにいうとポルシェに乗りはじめて20年が経過し、ポルシェ、そしてランボルギーニともその間(納車待ちの空白時間を抜きにすると)絶やすことなく乗り継ぐことができ、これはもう色々な事情に感謝するしかない、といった感じです。

3K4A3658

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの満足度は非常に高い

そして最初にウラカンEVO RWDの満足度から述べておくと「非常に高い」というひとことに尽き、ウラカンEVO注文後そして納車後にも様々なスーパーカーを運転したものの、ウラカンEVO RWDの満足度や(ぼくの中での)優位性はまったく揺らいでいない、とも断言できます。

このウラカンEVO RWDはぼくにとって2台目のウラカンで、1台目のウラカンLP610-4を味わい尽くしてなお2台目を買ったということになり、それだけウラカンに対しては魅力を感じている、ということになるわけですね。

そしてウラカンEVO RWDについて高い満足度を(ぼくが感じる)理由としては、ウラカンLP610-4よりもいっそうアグレッシブになったスタイル(というかディティール)。

ぼくはかねてよりウラカンLP610-4のリヤビューがやや大人しいと感じていたので、ウラカンEVO RWDのリヤはぼくにとっての「ど真ん中ストレート」。

ちなみにウラカンLP610-4のデザイナーはフィリッポ・ペリーニ氏、ウラカンEVO RWDではミッチャ・ボルカート氏といった具合に変更があったものの、むしろミッチャ・ボルカート氏のデザインは「もともとウラカンはこうあるべきだった」というくらい(フェイスリフト前の)ウラカンのデザインと整合性が高く、しかもそのレベルを押し上げているように思います。

3K4A3653

それに加え、今回ぼくはアドペルソナム(ランボルギーニのパーソナリゼーションプログラム)にて160万円を投じてボディカラーに「ブルー・ル・マン」を選んでおり、これもまた満足度が高い理由の一つ。

基本的にぼくは「自分仕様」にてクルマをオーダーすることに魅力を感じており、それはやはり一つの達成感を得られるから。

3K4A3617

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
ブルーのランボルギーニに乗って考えた。一般には「安らぎ」「平穏」を表現するブルーであっても、色味次第では注目を集めるカラー、エネルギッシュさを表現することになるようだ

| 道路標識、JAFの車両、ブルーシートなど、意外とブルーを「注意を引くための色」として使う場合が多い |この記事のもくじ| 道路標識、JAFの車両、ブルーシートなど、意外とブルーを「注意を引くための ...

続きを見る

たとえ金額的に高くなったとしても、「ランボルギーニに、自分の考えた、世界に一台しかない仕様のクルマを作ってもらった」という満足感は非常に大きく、そしてそれが人生の糧になっていることは間違いない、とも考えています。

そしてこのブルーは非常に美しく、このクルマを見るたびに「ブルー・ル・マンを選んで良かったな」と実感させられることになります。

3K4A3604

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(ブルー・ル・マン)
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー「オプション編(1)」!ボディカラーのブルー・ル・マン(159万円)は高価だが本当に選んでよかったと思う

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー、「オプション」編。どういったオプションを装着し、なぜそれを選んだのか、そして実際にどうだったのかについて述べてみたいと思います。そこで最初に伝え ...

続きを見る

そのほかのオプションにも概ね満足

ちなみにぼくはウラカンEVO RWDに対し、約490万円程度のオプションを装着していますが、まずこちらは選択したオプションの一覧。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに装着したオプション一覧

オプション装備(合計4,895,770円)
ボディカラー(Blu Le Mans)1,596,540円
ライフスタイルパック+ドライバーパック 631,620円
・盗難防止システム
・フロント&リアパーキングセンサー
・リフティングシステム
・透明エンジンボンネット 
・マグネトレオロジカルサスペンション
スマートフォンインターフェース 406,780円
Narvi 20インチホイール(シャイニーブラック) 602,580円
カーボンセラミックブレーキ+オレンジキャリパー 316,320円
スタイルパッケージ(ハイグロスブラック)225,940円
リアバンパーハイグロス/リアディフューザーボディカラー 標準
ユニカラーレザー 標準
カラーステッチ 105,490円
マルチファンクションステアリング 標準
オプションステッチ(ステアリングホイール)30,140円
オレンジシートベルト 188,430円
センソナム 610,170円
リヤビューカメラ 241,010円

そしてオプションについてはちょっとだけ後悔しているところがあり、それは「もうちょっとインテリアについて手間をかければ良かったな」ということ。

発注時には「レトロなスーパーカー」をイメージし、あえて地味めな仕様を選んだわけですが、実際に納車されると「地味過ぎたかな・・・」とも考えていて、もうちょっと刺激を求めても良かったかもしれません。

具体的には、シートやドアインナーパネルにブルーのアクセントを入れたりしても良かったんじゃないかということですが、これについてはそこまで深刻に悩んでいるわけではなく、「ちょっとした後悔」程度となっています(いざとなれば、樹脂部分をペイントするなり、なんらかのカスタムも可能ではある)。

L1280902

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのインテリア
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー「オプション編(5)」!インテリアにはなぜ「ブラック」を選んだのか

| ランボルギーニ・ウラカンVO RWDで狙ったイメージは「タイムレス |この記事のもくじ| ランボルギーニ・ウラカンVO RWDで狙ったイメージは「タイムレス |ウラカンEVO RWDにはオプション ...

続きを見る

やはりウラカンの大きな魅力は5.2リッター自然吸気V10エンジンの奏でるサウンド

そして特筆すべきはウラカンEVO RWDに積まれる「自然吸気」5.2リッターV10エンジンのサウンド。

今や圧倒的少数派となった大排気量エンジンですが、低回転から高回転までしびれるような音を奏でてくれる、と思います。

L1290892

ランボルギーニ・ウラカンEVOと女子高生
女子高生もびっくり!ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのエンジン始動時の音はかなり大きい

| ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのエキゾーストサウンドはとにかくデカイ |この記事のもくじ| ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのエキゾーストサウンドはとにかくデカイ |その音量は確実に ...

続きを見る

利便性や快適性も申し分ない

そして利便性についていうと、「ぼくにとっては問題のない」レベル。

もともとウラカンLP610-4にてその収納スペースなどを理解しており、なんら不満なく使用していたので(ウラカンEVO RWDの収納スペースに不満を感じないのは)当然といえば当然かもしれません。

L1280885

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのリア(天保山にて)
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにはどれくらい荷物が載るのか?フロントトランク、室内の収納スペースはこんな感じ

| それほど荷物が載るわけではないが、ボクはとくに不便を感じていない |この記事のもくじ| それほど荷物が載るわけではないが、ボクはとくに不便を感じていない |ウラカンEVO RWDの収納スペースは「 ...

続きを見る

そして運転のしやすさも申し分なく、低いダッシュボード、サイドウインドウ前方に設けられた三角窓、前方に突き出てから外に広がることで広い範囲を映すドアミラーなど非常によく考えられた内装を持っていて、このあたりはポルシェ911や718ケイマン / ボクスターよりも優れる視界を持つんじゃないかという印象です(ただしウラカンでは斜め後方、真後ろの視界はかなり悪い)。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのインテリア
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー「内装編」その2!信じられないがウラカンはドライバーに優しい設計を持っていて"もっとも運転しやすい"スーパーカーの一台だと考えている

| 見た目のスパルタンさに比較して、実際の構造はよく”使い勝手”が考えられている |この記事のもくじ| 見た目のスパルタンさに比較して、実際の構造はよく”使い勝手”が考えられている |ランボルギーニ・ ...

続きを見る

3K4A3146

そのほか、フロントにはスイッチひとつで車高を4センチほど上げることができるフロントリフターが備わり、これもまた「ありがたい」装備の一つ。

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
スーパーカーはフロントを擦りやすい?ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの最低地上高を実際に測ってみるとGRスープラの12cmを超えて13cmもあった件

| ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDは非常に高い実用性を持っている |この記事のもくじ| ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDは非常に高い実用性を持っている |最低地上高の計測にはこういったツ ...

続きを見る

快適性についても「普通に乗る」ことができる許容範囲内だと考えていますが、ウラカンEVO RWDは(4WDモデルの)ウラカンEVOに比較して足回りが固く設定されているようで、以前に乗っていたウラカンLP610-4に比較しても相当に締め上げられているようですね。

納車直後はその硬さに戸惑ったものの、今ではすっかり慣れてしまっています。

L1280623

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのホイール
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー「足回り」編!思わず「ぐはっ・・・」と声が出るほど硬く感じられるときもあるけれど、ライトウエイトスポーツのような鋭い感覚はなにものにも代え難い

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの初期レビュー、今回は「足回り」編。スーパーカーというと足回りがガチガチで乗り心地が悪いという印象を持っている人も多いかと思いますが、ウラカンEVO RWD ...

続きを見る

そのほか、オプションにてパーキングセンサーやバックカメラを装着しているので駐車時に困ることはなく、しかし内装についてちょっと不満を述べるならば、やはり最新のクルマに比較するとインフォテイメントシステムやアンビエントライトなど、「コミュニケーション」といった部分で遅れを取っていること。

ランボルギーニもそれを理解しており、ウラカンEVO系ではそれらを強化しているものの、基本設計の年次を考えるとちょっと限界もあったようですね。

L1280911

燃費については現在リッター7キロ前後(納車直後から伸びている)、直近の平均燃費ではリッター8.1キロを記録していて、望外に燃費が優れるように思います。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのメーター
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの燃費は現在リッター6.4km!世間では「リッター2とか3km」と思われているため、この数字を言うとたいてい驚かれる

| 世間の印象ほどランボルギーニの燃費は悪くない、と思う |この記事のもくじ| 世間の印象ほどランボルギーニの燃費は悪くない、と思う |ウラカンLP610-4とウラカンEVO RWDとはこう違う2WD ...

続きを見る

逆に不便さを感じるのは、ドアが長く、かつ先端尖っているので、周囲のクルマや壁に当てないように注意する必要があること。

L1290906

そしてサイドシルが車両の外側に向けて大きく張り出していて、乗降時にはこれをまたがねばならないということくらいです。

3K4A3005

参考までにですが、さすがにアウディの血が多く流れているということもあり、以前に乗っていたウラカンLP610-4、そしてこのウラカンEVO RWDともに「トラブルフリー」です。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの印象について述べる動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカン関連投稿

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDを1年所有した維持・カスタム費は合計140万円!なにも弄らなければ年間30万円、スーパーカーもずいぶん維持のハードルが下がったようだ

| ランボルギーニの維持のハードルはぐっと下がった |この記事のもくじ| ランボルギーニの維持のハードルはぐっと下がった |正直、維持費としてはポルシェよりも安価ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD ...

続きを見る

いつの間にかランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの納車から1年!納車1年を記念しランボルギーニからギフトを頂いた
いつの間にかランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの納車から1年!納車1年を記念しランボルギーニからギフトを頂いた

| 最近のランボルギーニはこれまでになく顧客を大切にしているようだ |この記事のもくじ| 最近のランボルギーニはこれまでになく顧客を大切にしているようだ |ガソリンエンジン時代最後の記念品として大切に ...

続きを見る

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの1年点検を受けてきた!現在ウルスとウラカンの新車には「メンテナンスパッケージ」が付与され、これまで高額だった点検費用がなんと無料に

| これまでには毎年、普通のクルマの「車検」くらいの点検費用をランボルギーニに投じていた |この記事のもくじ| これまでには毎年、普通のクルマの「車検」くらいの点検費用をランボルギーニに投じていた | ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-●ランボルギーニ・ウラカン
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5