アルファード

トヨタが中国にて販売する「広汽豊田」のクルマを見てきた!C-HR EV、カローラPHEV、RAV4現地版など。けっこう日本とは仕様や仕上げが異なるようだ

| やっぱり中国と日本との間には技術、好みの大きな差が横たわるようだ | さて、トヨタ・メガウェブに展示されていた「中国でトヨタが販売しているクルマ」。現在トヨタは中国市場において一汽集団、広汽集団と ...

中国でレクサスのミニバン「LM」人気爆発!プレミア付き”3500万円”で売られるもすべて完売し、中古車も「ゼロ」に

| なぜそんなに人気なのか、ボクなりに考えてみた | Autocarによると、中国ではレクサス初のミニバン、「LM」が爆発的人気とのこと。さらに記事中では、「新車価格が1856万円〜2340万円なのに ...

やっぱりアル/ヴェルには「金」!ゴールドをモチーフにした特別仕様車アルファード「S"TYPE GOLD"」、ヴェルファイア「Z"GOLDEN EYES"」発売

| もうちょっとゴールド部分を増やしても良かったかも | トヨタがアルファードとヴェルファイアに「ゴールドをテーマにした」特別仕様車を発売。アルファードには「S"TYPE GOLD"」、ヴェルファイア ...

トヨタ/レクサスが「エンストの可能性」として日本で11万台、北米で120万台のリコール発表。全世界では320万台にまで発展か

| 日本だとノア/ヴォクシー、アルファードやレクサスRX/NX/LS/LC等含めて合計30車種、112,934台 | トヨタが日本国内にて30車種112,934台、北米にて約120万台規模のリコールを ...

「レクサス史上、スピンドルグリルは最大だ」。中国レクサスがついに初のミニバン”LM300h”を1833万円から受注開始

| なお4人乗りの上位モデルは2304万円 | レクサスの中国法人が、レクサス初のミニバン「LM300h」について2月24日に発売すると発表し、さっそく先行販売を開始。LM300のベースとなるのはトヨ ...

トヨタ・ハリアーが5月にフルモデルチェンジ!?ボクが「新型ハリアーはフロントを全部グリルにしてイカツくすべき」と思うその理由

| もうスタイリッシュなだけじゃ生き残っていけない | さて、ベストカーWEB報じるところではトヨタ・ハリアーがフルモデルチェンジを受ける、との報道。2020年5月にもニューモデルが登場するという報道 ...

トヨタが人気のミニバン「アルファード/ヴェルファイア」ほか、ノア、ヴォクシー、エスクァイア、カムリやプリウスにリコール届け出。シートベルトやメーター表示不具合にて

| そこまで深刻な問題ではなさそうだ | トヨタが人気のミニバン、「アルファード」「ヴェルファイア」「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」、さらには「カムリ」「プリウス」といった主力車種にリコールを届 ...

リコール5連発。トヨタは「アルファード/ヴェルファイア/クラウン」、ほかレンジローバー・イヴォーク、アウディQ3/Q5も対象に

| 中には「ちょっとした間違い」も | 国土交通省のサイトにて、トヨタ、アウディ、レンジローバーのリコール情報が掲示。それぞれ異なる内容ですが、クルマが高度に電子化されるにあたっての問題や、想定を超え ...

トヨタがノア/ヴォクシー、アルファード/ヴェルファイアを対象に52万台の大量リコール。クルマが複雑化するにつれ予想外のトラブルも

| ただし簡単な部分でも同時にリコールを出していた | トヨタが522,354台にも及ぶ大型リコールを届け出。内容としては2つあり、「1:燃料ポンプの問題でエンストの可能性」「2:シートのリクライニン ...

リコール3連発。トヨタ「ノア、ヴォクシー、アルファードなど18万台」マセラティ「エアバッグ」BMW「M3のテールランプがガタつく」

| エアバッグ問題だけはどうしようもない | トヨタが珍しく大規模リコールを発表。ただし内容を見るに「タカタのエアバッグ関連」なのでトヨタに帰責性はなさそうです。対象となるのは「カローラ」「「カローラ ...

リバティーウォークがトヨタ・アルファード向けのエアロキットを初めて発売。プリウス50後期用キット、エアサスも登場

| 車高ベタベタなるも、さすがにオーバーフェンダーはナシ | リバティー・ウォークがトヨタ・アルファード向けのボディキットを発表。リバティー・ウォークというと、フェラーリやランボルギーニ、日産GT-R ...

「レクサスがミニバン発売」は本当っぽい!中部経済新聞が「2020年より量産」と報じる。中国やアジアでの需要の高まりを受けて

「これでもか」といわんばかりの過剰な豪華さを期待 先日、台湾のレクサスが「ミニバンらしき新型車を上海モーターショーにて発売する」と匂わせるティーザー画像をFacebookに投稿していますが、どうやらこ ...

香港では日本車人気が加速中!GT-Rやシビック・タイプR、スバルBRZのほかミニバンのカスタムも大人気

香港で人気の日本社ははスポーツモデルかミニバンだ さて、香港で見かけた日本車たちを紹介。香港は日本やイギリスと同じ「右ハンドル」国ということで古くから日本車が輸出されており、そのため日本車の人気がもと ...

レクサス海外法人「レクサスからのミニバン発売は時間の問題だ」。レクサスがミニバンを発売するべき理由とは?

| レクサスはミニバン発売でパラダイムシフトを発生させることができる可能性も | レクサス専門サイト、「LEXUS Enthusiast(レクサス・エンスージアスト)」が報じたところによると、「レクサ ...

価値が上がるクルマ、維持できるクルマ、下がるクルマはどうやって決まるの?市場理論を考える(後編)

| どんなクルマの値が下がる? | さて、「なぜ値が上がるクルマと値が下がらないクルマ、とめどなく値が下がるクルマ」があるかについての考察。 前編では「値が下がりにくいクルマ」につき、その理由として「 ...

トヨタ・アルファードの見積もり取得。659万円、ローン金利は4.9%。トヨタでローンを組まずに安く買う方法を考えよう

| けっこう高いアルファード | さて、先日試乗したトヨタ・アルファードの見積もりを取得。 グレードは「ハイブリッド(エアロボディ) SR Cパッケージ」を選んでいます。 車両本体価格は5,674,3 ...

【試乗:トヨタ・アルファード〜後編】もはやサルーン。セダン衰退の理由はミニバンだと確信させる実力の持ち主

| 新型トヨタ・アルファードの内装と走りをチェック | さて、マイナーチェンジを受けた新型トヨタ・アルファードの試乗「後編」。 前編ではそのエクステリアをチェックしましたが、今回はインテリアおよびその ...

【試乗:トヨタ・アルファード〜前編】これは売れそう。マイルドヤンキーを研究し尽くした意欲作

| 間違いなく売れまくる | さて、トヨタ・アルファードに試乗。 マイナーチェンジを受けたモデルの人気は高く、現在3-4ヶ月の納車待ちとなっているほど。 よって試乗についても現在積極的に受けておらず、 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5