デ・トマソ

デ・トマソがアメリカに生産拠点を構えると発表!「アメリカの自動車産業にルネッサンスをもたらすのだ」

| 半年以内に生産拠点を確定、2022年より一号車”P72”の生産を開始 | さて、デ・トマソは2019年に「P72」を発表し復活ののろしを上げていますが、今回「生産拠点をアメリカに設ける」とアナウン ...

【動画】ランボルギーニベースにて「デ・トマソ・パンテーラ」を再現した”パンサー”がついに生産開始!限定21台、価格は7500万円

| リリースするのは元フェラーリ副社長による「アレス・デザイン」 | さて、元フェラーリ副社長、ロータスCEOを歴任したのちにコーチビルダー「アレス・デザイン」を立ち上げたダニ・バハー氏。ちなみに会社 ...

新生デ・トマソ「P72」が搭載するのは、その歴史を反映して”フォードのエンジン”。700馬力以上、トランスミッションは6MTのみの「超高速ツアラー」に

| マスタングGT用の5リッターV8を700馬力以上にチューン | 今年6月にその姿が公表された新型「デ・トマソP72」。デ・トマソはかつてイタリアにてスーパーカー(マングスタやパンテーラなど)を製造 ...

デ・トマソP72のデザインはフェラーリP4/5のパクリ?”ワンオフモデル”P4/5とは何なのか、オーダーしたのは誰なのかを解説してみる

| この類似性は正直なところ、言い逃れできないだろう | 先日デ・トマソはブランニューモデル「P72」を発表し、大いなる喝采を浴びたところ。しかし今回、これに対してジェームズ・グリッケンハウス氏が「我 ...

予想してたのと違う!デ・トマソの新型車「P72」発表。価格1億円、72台限定、そして究極のゴージャスさ

| デザインは1964年のレーシングカー「P70」へのオマージュ | 予告どおり「デ・トマソ」がグッドウッドにて新型車を公開。デ・トマソは現在経営権(商標使用権)が香港の会社”ITV=Ideal Te ...

意外と早くその姿が拝めそうだ!新生「デ・トマソ」が追加にてティーザー画像公開。実車は7月公開予定

| 新生デ・トマソ”プロジェクトP”は驚くほどパンテーラと共通性が高い | 先日、復活の狼煙をあげたイタリアの老舗スポーツカーメーカー「デ・トマソ」。つい最近、「デ・トマソ・パンテーラを現代に」蘇らせ ...

【動画】現代版デ・トマソ・パンテーラ、”プロジェクト・パンサー”市販モデルが公開に。前回のプロトタイプからちょっと進化

| なお価格は7500万円以上の予定 | 1971年に発表された伝説のスーパーカー、デ・トマソ・パンテーラ。そのパンテーラを現代に蘇らせようと数年前からそのプロジェクトを推進しているのがイタリアはモデ ...

伝説の「デ・トマソ」復活!アポロの母体が経営権を獲得し7月にコンセプトカーを発表予定。デ・トマソって何よ?

2019/5/17    , , ,

| デ・トマソはかなり評価の分かれるブランドそして人物だ | デ・トマソが復活する、との報道。これは「新生」デ・トマソが公開したもので、7月4日に「プロジェクトP」と呼ばれるニューモデルを(グッドウッ ...

「デ・トマソ・パンテーラ」復刻版「アレス・パンサー」がついに生産へ。7800万円、650馬力、リトラクタブルヘッドライト、そして中身はランボルギーニ

ちなみにテールランプはシボレー・コルベット 先般より少しづつ情報が公開されていた、アレスデザインによる「プロジェクト・パンサー」。これはかの「デ・トマソ・パンテーラ」を現代によみがえらせるというもので ...

【動画】アメリカの朽ち果てたビュイックディーラー内にて、40年以上眠っていたランボルギーニ、ジャガー他レアカーが発見される

まさかこんなところに希少なクルマが眠っていたとは さて、アメリカでは大人気の「納屋で見つかったレアな車たち」シリーズ。今回はアイオワ州で大量のレアカーが眠っているという報告を受け、おなじみハガーティの ...

ヘッドライトは「リトラクタブル」!デ・トマソ・パンテーラ現代版、”パンサー”のプロトタイプが公開

| プロジェクト・パンサーの開発は滞りなく進行中 | かの名車「デ・トマソ・パンテーラ」を現代に蘇らせるとした「プロジェクト・パンサー」ですが、そのプロトタイプが公開に。 画像はプロジェクト・パンサー ...

【動画】テールランプはコルベット、ウインカーはフェラーリ?”プロジェクト・パンサー”の細部を紹介

| 思ったのとちょっと違う | Motor1がアレス・デザインのファクトリーを訪問し、「プロジェクト・パンサー」を紹介。 プロジェクト・パンサーは「デ・トマソ・パンテーラ」を現代に蘇らせた車であり、ト ...

新型パンテーラ「プロジェクト・パンサー」詳細が公開に。内装はヴィーガン対応、出力658馬力

| 新型「パンテーラ」の詳細が公開に | 元フェラーリ副社長、元ロータスCEOといった肩書きを持つダニ・バハー(ダニー・バハールとも表記される)氏が2014年に立ち上げたイタリアの「アレス・デザイン」 ...

元ロータスCEOが「中身はランボルギーニ」でデ・トマソ・パンテーラを復活させる計画を公表

| 元ロータスCEO、ダニ・バハーの手がけるスーパーカープロジェクト | アレス・デザインが自社のスーパーカー「プロジェクト・パンサー」のイメージを公開。 アレス・デザインはフェラーリの副社長、ロータ ...

高額落札相次ぐオークション。一方でデ・トマソ・パンテーラ・コンセプトは予想の1/4以下の価格に

RMサザビーズ開催のオークションにて、事前の予想では1100万円を超えるであろうと思われたデ・トマソ(De Tomaso)・ヌオヴァ・パンテーラのプロトタイプが予想に遥かに及ばず、250万円でしか落札 ...

マセラティ「2019年以降発売する車はエレクトリック化」。そもそもマセラティってどんな会社?

マセラティが「2019年以降に発売する車はすべてエレクトリック化」と発表。 まずはハイブリッド化からはじめ、2021年には「オールエレクトリック」モデルが登場する可能性があるようですね。 これはフェラ ...

生産は5台のみ、行方知れずだったAMC AMX/3が競売に。予想では1億6000万円の落札予想

アメリカン・モーター・カンパニー(AMC)がわずか5台のみ製造したAMC AMX/3がオークションに登場。 これはAMCが1970年にシカゴ・モーターショーにて発表したもので、デザイン/設計はAMC、 ...

メジャーになれなかったスーパーカー、デ・トマソ・パンテーラが競売に。程度良好、メンテナンス済み

デ・トマソ・パンテーラがオークションに登場。 デ・トマソ・パンテーラというとスーパーカーブームの際にその一角をなした車ではありますが、その後はあまり人気が出ず、新型車もなくそのまま衰退。 「デ・トマソ ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5