マクラーレン

マクラーレン・アルトゥーラを見てきた!この時点でここまで完成されたハイブリッドスポーツを出されると、他メーカーはさぞやりづらいだろうな・・・。

| スポーツカーとしてのパッケージング、バランスはマクラーレン史上最高かもしれない | さて、マクラーレンは初の量産(限定ではない)ハイブリッドスポーツ、アルトゥーラを発表していますが、さっそくアルト ...

マクラーレン・セナ

オプション総額2800万円!セナGTRにインスパイアされたワンオフ仕様のマクラーレン・セナが販売中。やはりセナはよく売りに出されるようだ・・・。

| ダッシュボードにはアイルトン・セナの甥と姪のサイン入り | さて、現在ペンシルバニア州にて、いまだかつて例を見ないカラーリングのマクラーレン・セナが出品中。もともとのオーナーはマクラーレン・フィラ ...

製造されたのはわずか3台、ほぼ未走行のマクラーレン・セナ・カンナム(Can-AM)が売りに出される

製造されたのはわずか3台、ほぼ未走行のマクラーレン・セナ・カンナム(Can-AM)が売りに出される!その価格3億4000万円

| やはりマクラーレン・セナの売り物は(ほかのマクラーレン製限定モデルに比較して)少なくないようだ | さて、3台のみしか製造されなかったマクラーレン・セナ・カンナム(Can-Am)が販売中。これは現 ...

720Sまでを担当したマクラーレンのデザイナーが最新モデル、アルトゥーラのデザインを「8.5点だな」と評価

【動画】720Sまでのデザイン担当がアルトゥーラを「8.5点だな」と評価。マクラーレンはデザイナーが交代したセナあたりから変調をきたしたような気がする

| マクラーレンはなんとしてもフランク・ステファンソン氏を慰留すべきだった | さて、マクラーレンに2008年から2017年まで在籍し、そのデザイン言語を作り上げたデザイナー、フランク・ステファンソン ...

マクラーレン×TUMI(トゥミ)本格始動!デザイン、素材、カラーにこだわった機能性抜群なバッグ他アイテムが発売開始

マクラーレン×TUMI(トゥミ)本格始動!デザイン、素材、カラーにこだわった機能性抜群なバッグ他アイテムが発売開始

| 強靭なナイロン生地にカーボンスキン、パパイヤオレンジのアクセント | さて、マクラーレンがバッグブランド、TUMI(トゥミ)とのコラボレーションを発表。ちなみにマクラーレンは、レザージャケット等で ...

大富豪がセナよりも気に入っているマクラーレンP1

【動画】大富豪がセナよりも気に入っているマクラーレンP1。「なぜ気に入っているのか、その理由を説明する」

| やはりエレクトリックモーターのアシストによる加速は「病みつき」になるようだ | さて、先日エルメス仕様の「ワンオフ」マクラーレン・スピードテールが納車されたばかりの米大富豪、マニー・コシュビン氏。 ...

EVキアの新型電気自動車「EV6」が加速でフェラーリやランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン、AMGに挑む

【動画】キアの新型電気自動車「EV6」が加速でフェラーリやランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン、AMGに挑む!驚くことにマクラーレン以外には圧勝

| EVの加速優位性は理解しているが、まさかキアEV6がここまで速いとは | さて、韓国キア自動車(KIA)が新型電気自動車「EV6」を正式発表。これは親会社であるヒュンダイがすでに発売して話題となっ ...

めったに売り物が出ないマクラーレン・スピードテールが中古市場に

めったに売り物が出ないマクラーレン・スピードテールが中古市場に!外装はクリーン、しかし内装には「サビ風アクセント」を持つエキゾチックな個体

| ホワイト、ブラック、そしてオレンジのクリーンな仕様 | さて、最近のマクラーレンにおいて「もっとも高価でもっとも特別な」限定モデル、スピードテール。文字通り「スピード」に特化しており、センターシー ...

マクラーレンのキー

マクラーレンが620Rの生産完了とともに「スポーツシリーズ」廃止。やはりマクラーレンのラインアップはなかなか安定せず、購入には勇気が必要とされそうだ

| せっかくクルマを購入しても、すぐにそれが改良されたり廃止されるのはちょっとツライ | さて、マクラーレンが「スポーツシリーズ最後のモデルである620Rの生産を(2020年11月に)終了した」と発表 ...

マクラーレン・アルトゥーラ・スパイダーのレンダリング

発売されるのは確実、マクラーレン・アルトゥーラ「スパイダー」の予想レンダリング公開!おそらくはほぼこの姿で登場しそう

| アルトゥーラ・スパイダーはおそらくクーペ同様のパフォーマンスを持つことになりそうだ | さて、マクラーレンは先月新型ハイブリッドスーパースポーツ「アルトゥーラ」を発表していますが、レンダリングアー ...

マクラーレン720Sを1016インダストリーズがチューン

なんとフルカーボンボディによって121kgも軽量化!ちょっと信じがたいワイドボディ装着のマクラーレン720Sが登場

| 製作したのは1016インダストリーズ、現時点では「プロトタイプ000」 | さて、ここ最近過激なカスタムを提案している1016インダストリーズ。今回はマクラーレン720用のカーボンファイバーと3D ...

マクラーレンの黄金時代を築いたレーシングカー、M8Dの現代版「マクラーレン・カンナムカー・オマージュ」

マクラーレンの黄金時代を築いたレーシングカー、M8Dの現代版「マクラーレン・カンナムカー・オマージュ」。デザインしたのは日本人

| マクラーレンの過去、現在そして未来が高次元でバランスしたレンダリング | さて、日本人デザイナー、Yosuke Yamada氏の考えた「マクラーレン・カンナムカー・オマージュ」。これはかの「マクラ ...

ゴードン・マレーT.50がはじめてサーキットを走る

【動画】ゴードン・マレーT.50がはじめてサーキットを走る!動画で見るとその姿は驚くほどマクラーレンF1にそっくり

| エンジン回転数は3000回転に制限されるも、そのサウンドからは精密さを感じることに | さて、マクラーレンF1の設計者、ゴードン・マレー。現在は自身の主宰する自動車メーカー「ゴードン・マレー・オー ...

カスタムされたランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

ランボルギーニも公式カスタムを公開!アドペルソナムにて仕上げられた「ブルー・ウラヌス・マット」のウラカンEVO RWD

| いくらくらいコストがかかるのか、ちょっと気になる | さて、現在スーパーカーは「速度や加速性能のみ」で語ることはできず、オーナーが購入を決定する際に重視するのは「そのカスタマイズ性」だとも。現代に ...

生産されたのはわずか1台!1990年当時、BMWが「高価すぎて販売できない」と判断しお蔵入りとなったM8プロト

【動画】生産されたのはわずか1台!1990年当時、BMWが「高価すぎて販売できない」と判断しお蔵入りとなったM8プロト。アイドリングは3000回転というトンデモカーだった

| なお、搭載されるV12エンジンは後にマクラーレンF1に搭載される | BMWが公式にて、1990年代に製作された「M8プロトタイプ」を公開。現代の(2代目)8シリーズにはM8が存在するものの、初代 ...

マクラーレンが突如新型車「720S GT3X」発表

マクラーレンが突如新型車「720S GT3X」発表!公道走行不可、公式競技にも参加不可、つまり個人でサーキット走行を楽しむためだけに作られた「何からも制限を受けない究極のサーキットウェポン」

| ここ最近、こういった「プライベートでサーキットを走行するためだけに存在する」クルマを発売するメーカーが増えてきた | マクラーレンが突如ニューモデル、720S GT3Xを発表。これは720Sのレー ...

マクラーレン・スピードテール・エルメスの「付属品」はこうなっている

【動画】マクラーレン・スピードテール・エルメスの「付属品」はこうなっている!フロントに収めるバッグだけで390万円

| スピードテール・エルメスの付属品総額だけで軽く高級車一台を買えそうだ | さて、先日めでたくマクラーレン・スピードテール・エルメスが納車された米大富豪、マニー・コシュビン氏。今回はその際の約束通り ...

マクラーレン・スピードテール「エルメス」が納車された大富豪!特殊な乗降方法や内装について紹介

【動画】マクラーレン・スピードテール「エルメス」が納車された大富豪!特殊な乗降方法や内装について紹介。アノ部分はこうなっていた

| 思った以上にエクステリアも「エルメス」だった | さて、先日は納車準備のためにディーラーへと到着した(自身の)マクラーレン・スピードテールを紹介した米富豪、マニー・コシュビン氏。今回はそのマクラー ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f