ad-728

「■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等」 一覧

アメリカで「32万キロ以上走っている中古」を調査→トヨタはじめ特定メーカーの車しかなかった件

フォーブスによると、現在アメリカにおいて車の所有期間が短くなっている、とのこと。 ...

ポルシェにとっての2017年第一四半期は+7%。パナメーラ、マカンが好調。最大市場は中国

ポルシェが2017年第一四半期の販売状況を公開。 これによると全世界で約60,0 ...

レクサスLC500驚愕の大人気。1300万円を超えるのに受注目標の36倍、1800台を受注

レクサスが3月に発表したスポーツクーペ、「LC500」の受注が好調(というか絶好 ...

テスラが2017年に初めて「第1四半期に25,000台を販売」。2018年には通年で50万台が目標

テスラの発表によると、2017年において、初めて第1四半期の出荷が25,000台 ...

日本国内の2016年度輸入車登録ランキングが公開に。ロールスロイスは驚愕の前年比150%へ成長

日本自動車輸入組合が2016年度(2016年4月~2017年3月)の輸入車登録実 ...

2016年度の新車販売No.1はプリウス。2位はN-BOX、ノートは6位ながらも2017年はトップを狙える?

日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会2016年度(2016/4月-2 ...

ad-itiran



アメリカでも車離れ?家庭あたりの所有台数、走行距離が2004年辺りから減少中

ミシガン大学の調査によると、ここ数年、アメリカでの自動車所有台数が減少していると ...

0-100キロ加速が速い車でお買い得な中古は?ポルシェの旧モデルは今でも速くお買い得

0-100キロ加速が速くて、でも中古で安く買える車はないか?と考えてみましした。 ...

アメリカで販売される「もっとも安い車」ランキング。意外や韓国車は少なく日本車が上位に

「アメリカで販売される安価な車ランキング」が公開に。 これによると「最も安価」な ...

今年のBMWは一味違う。2月までの成長が大きく、過去最高の販売ペースを記録

BMWグループにとって2017年2月は良い月であったようで、昨年比3.1%増を記 ...

ポルシェは一台売って194万円、フェラーリは一台あたり1012万円の利益があるという統計

Bloombergによると、2016年の自動車業界において、利益の増加著しかった ...

米コンシューマーレポートが「ベスト・カー・ブランド」発表。アウディが一位に輝く

アウディが米国コンシューマーレポートにて「ベスト・カー・ブランド」に。 これは製 ...

アストンマーティンがミドシップスポーツカー投入予定。「ヴァルキリーは序章にすぎない」

アストンマーティンが今後ミドシップスーパーカーを発表する考えを公開。 これはアス ...

0-100km/h加速ランキング2017年版。ジュネーブでのニューモデル、国産車を追加

さて、0-100km/h加速について市販車のランキング(一覧)2017年第一弾。 ...

米コンシューマーレポートが「ベストバイ」「買ってはいけない」車2017年版公開。メーカーで明暗

米コンシューマー・レポートが各種統計、調査結果を続々発表。 今回は「2017年の ...

2016年アメリカにおいて販売を落とした「負け組」リスト公開。日本車はレクサス、GT-Rがランクイン

以前に「2016年、アメリカで販売を伸ばした車、落とした車ランキング」という記事 ...

ニュルブルクリンクのラップタイム2017年版。ウラカン・ペルフォルマンテ、AMG GT Rがランクイン

さて、ニュルブルクリンクのラップタイム・ランキング最新版(2017第一集)。 ラ ...

1月のカテゴリ別新車販売。トヨタC-HRがヴェゼルを下し1位に。ノートも1位を爆走中

carviewが毎月公開している新車売上ランキング。 カテゴリ別の売上を集計した ...

アメリカにて「最も信頼できるブランド」は6年連続でレクサス。2位はポルシェ

調査会社「JDパワー」が発表したところによると、最も信頼できる自動車ブランドの1 ...

マツダが2017年1月の生産/販売速報値を公開。生産・販売ともに前年割れの状況

マツダが2017年1月の速報値を発表。 これによると生産や販売で大きく前年実績を ...

「海外勤務の多い企業」ランキング公開。1位はトヨタ、2位はデンソー。商社系も多し

東洋経済にて、「海外勤務の多い企業」ランキングが公開に。 これによると1位は「ト ...

ランボルギーニが4年連続でホワイト企業に選出。給与や福利厚生が充実とのこと

ランボルギーニが四年連続で「イタリアにおけるトップエンプロイヤー(ホワイト企業) ...

東洋経済による「ランボルギーニ快進撃の理由」。日本の「ランボルギーニ比率」は世界一

東洋経済にて、「ランボルギーニが日本で存在感を増す理由」という記事が公開に。 現 ...