>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ「新型GRスープラはニュルを7:40で走れる」←7:40はレクサスLFA、ブガッティ・ヴェイロンと同じタイムだが・・・

本当に実現できれば一大事 トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏によると、GRスープラはニュルブルクリンクを7分40秒程度で走行できる、とのこと。ただし現在のところはニュルブルクリンクのタイムアタックを行っていないので「想像」の範囲に留まりそうですが、新型スープラは幾度となくニュルブルクリンクを走り込むことで熟成を重ねており、そこから得た感触であれば実際にこのタイムを出すことは難しくないのかもしれません。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW 7シリーズ発表!「キドニーグリルは40%大きくなり、5cm高くなった」。なおBMWエンブレムもあわせて巨大化

これでBMWも「脱金太郎飴」デザインへとシフト 直前にオフィシャルフォトがリークされてしまった新型BMW 7シリーズが公式に公開。今回は「新型」とはいえどもフェイスリフト(マイナーチェンジ)に該当する改良となります。ただ、内外装において「見える部分」は大幅にアップデートされており、アッパーマーケットにおいて影響力を強めようというBMWの強い意思を見て取れる内容となっているようですね。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタGRスープラにはMT追加の可能性も。「無視できないほどの要望があればMT搭載も考えねばならない」

過去にはMTを実際にテスト済み、その上でATのみとした経緯も GRスープラが発表されてから数日が経ちましたが、市場の反応は概ね良好。おそらくは最大の市場となる北米からもとくにネガティブな意見は出ていないようで、そのほとんどは好意的、いや熱狂的とも言えるものばかり。新型GRスープラはBMW Z4との共同開発ではありますが、目に入る部分でZ4との共通点は(ドアミラーを除くと)見当たらず、トヨタのデザイナーは本当にいい仕事をした、と考えています。 なお、新型GRスープラは非常に複雑な面構成を持っていて、それはお ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン600LTスパイダー参上。グローブボックスなし、カーペットもなし。リトラクタブルルーフは「布よりも軽い」

完全に妥協を廃したピュアスポーツ マクラーレンが先般よりティーザーキャンペーンを展開していた「600LTスパイダー」を公開。「600LT」は570Sをベースにしたマクラーレンきってのハードコアモデルですが、そのオープンモデルが「600LTスパイダー」となります。 ”マクラーレンオレンジ”の600LTが公開。加えて本国価格は185500ポンド(2750万円)と発表

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スバル(SUBARU) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

香港では日本車人気が加速中!GT-Rやシビック・タイプR、スバルBRZのほかミニバンのカスタムも大人気

香港で人気の日本社ははスポーツモデルかミニバンだ さて、香港で見かけた日本車たちを紹介。香港は日本やイギリスと同じ「右ハンドル」国ということで古くから日本車が輸出されており、そのため日本車の人気がもともと高い地域でもあります。そして現在人気の日本車というと「スポーツカー」「ミニバン」。そのほかだとコンパクトカーは時々見かけるものの、セダンは欧州勢(特にジャーマンスリー)に押されて日本車はあまり走っていないようですね。※せいぜいレクサスのセダンくらい

ReadMore

>フォード(FORD) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

フォルクスワーゲンとフォードが提携!電気自動車や自動運転関連技術を共有しコスト削減に動く

フォルクスワーゲン版「フォードF-150」、フォード版「ワーゲンバス」が登場するかも ロイターによると、フォルクスワーゲンとフォードとが提携を行うと発表した、とのこと。両社とも非常に大きな規模を誇る自動車メーカーですが、電気自動車や自動運転関連技術、トラックやバンといった商用車部門での共同開発を行ってゆくことが目的だと伝えられています。※2017年の売上高だと、フォルクスワーゲンは1位、フォードは6位

ReadMore

■このサイトについて >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWは新型Z4の加速タイムを”スープラ超え”に上方修正。新型スープラのスペックよりも劣るのが我慢できなかった模様

BMW Z4の0-60マイル加速タイムが4.4秒から3.9秒に修正される トヨタは先日デトロイト・モーターショーにて新型スープラを発表しましたが、その際に公表したのが「0-100km/h加速4.3秒」という数字。アメリカだとキロではなく「マイル」が使用されるため、「時速0-60マイル(時速96キロ)」が「0-100キロ」の代わりに用いられるのが一般的ですが、この「0-60マイル」だと新型トヨタ・スープラは4.1秒という数字を誇ることになります。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW 7シリーズの公式画像がリーク!新旧BMW 750Liを比較してみると大きなキドニーグリルが格好良く見えてきた

新旧7シリーズを比較すると、やはり新型のほうが高級感と威厳があるようだ 先日、おそらくカーコンフィギュレーター上のものと思われる画像が流出した新型BMW7シリーズですが、今回はオフィシャルフォトっぽい画像がリーク。ちなみに新型7シリーズ自体は一両日中に発表される予定であり、その直前になっての流出、ということになります。BMWの場合、これまでにも8シリーズやX5、X7の画像が発表直前にリークされていて、比較的「漏れやすい」会社なのかもしれません。 ついに新型BMW 7シリーズのオフィシャルフォトがリーク。キ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ゲンバラが0-100km/h加速2.38秒の「911GTR 8XX Evo-R」発表!前後リベット留めのオーバーフェンダーを持ち「993GT2」風のルックス

ボディパネルはフルカーボン ポルシェチューナーとして知られるゲンバラ(Gemballa)が991世代の911ターボをベースにチューンした「ゲンバラGTR 8XX Evo-Rの実車を公開。ゲンバラはすでに昨年、「構想」としてのGTR 8XX Evo-Rを公開していますが、この時点での「目標」出力は828馬力、0-100キロ加速2.3秒というスペック。今回発表された実車はこれに少し届かず「810馬力」「2.38秒」とやや目標に遅れるものの、ノーマルの911ターボの出力「580馬力」はもちろん、911GT2RS ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

マクラーレンの2018年は+43.9%、4,806台へ成長。なんとランボルギーニを抜き、さらにフェラーリに王手をかける可能性も

スーパーカーセグメントでこの成長率は異常 マクラーレンが2018年に4,806台を販売し、2017年に比較して43.9%の成長を記録した、と発表。市場別に見てみると北米が「最大」となっており、実に累計 ...

2018年12月の輸入車販売。マクラーレンが伸びてランボルギーニと並び、アストンマーティンは前年比3倍、ブガッティは「1台」が登録

フェラーリは前年比100%と変わらず。アストンマーティンとマクラーレンがフェラーリ、ランボルギーニの顧客を獲得? 日本自動車輸入組合が2018年12月の輸入車登録ランキングを発表。何かと「明暗」が別れ ...

2019年新成人が欲しい車は「アクア」。あこがれの車1位も例年通り「BMW」なるも、上位にポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニが入る。若者の間に「上昇志向」が発生していると考えるその理由

近年の若者はこれまでの世代に比べ、稼ぐことと消費することに貪欲だ 毎年恒例、ソニー損保による「新成人のカーライフ意識調査」結果が公開に(統計の結果はこちら)。ここでやはり気になるのは「欲しいクルマ」「 ...

2018年12月の国産車登録ランキング。レクサスUXがランクインするもSUV人気に陰りが見え、一方ルーミーなど「トールワゴン」が急成長

2019/1/10  

ミニバン・コンパクト勢強し。CX-5、CR-Vは先月比で半分に減少 日本自動車販売連合協会による、2018年12月の乗用車登録台数(車種別)が公開に。トヨタは日産ノートの独走を阻止すべくアクアの販売を ...

ジェレミー・クラークソンの考える「2018年のベスト/ワーストカー」。ベストはランボルギーニ・ウラカン、ワーストはフィアット695

意外とジェレミー・クラークソンは車とその性格とをあわせて冷静に見ている lamborghini huracan ジェレミー・クラークソンの考える「2018年のベスト5」「2018年のワースト5」が公開 ...

2018年度自動車ブランド各種調査にてレクサスがブッチギリの一位。「カーナビ」などマイナー部門ですら首位を獲得し王座に君臨

品質、セールス、アフターサービス、魅力などすべてでトップ JDパワーが、日本国内にて行った自動車関連CS調査の結果を発表。その内容はかなり多岐にわたりますが、大きく分けると下記の通り。 自動車トータル ...

レクサスが「UX」につき目標の10倍、8,800台の受注を集めたと発表。どこが評価されているのかを考えてみた

2018/12/28    , , , ,

レクサスUXは日本市場に「ぴったり」のクロスオーバーかもしれない トヨタが発売したばかりのレクサスUXの受注状況を発表。これによると発売後一ヶ月経過した時点での受注台数は8800台で、これは月販目標9 ...

2018年11月の国内輸入車登録ランキング。ヒットが出るも「後が続かずに」反動で落ち込むブランドも

| 2018年11月の輸入車販売は平常通り | さて、2018年11月の国内に置ける輸入車登録(販売)状況。 これまでと比べて大きな変化はなく、フォルクスワーゲンがいつもどおり2位に返り咲いています。 ...

なぜ売れん!米でもっとも売れないクルマは「アルファロメオ4C」。ワースト15まではこのメンツ

| アメリカでは本当にSUVとトラックしか売れていないようだ | アメリカの統計サイト、「Good Car Bad Car」にて2018年10月のアメリカの「売れているクルマ」「売れていないクルマ」が ...

2018年11月の国内自動車登録ランキング。ノートは首位陥落、地味に「ホンダ・シャトル」がチャート上昇中

| 2018年通年のナンバーワンは”アクア”で決まりそうだ | さて、2018年11月の国内登録状況が公開に。 先月までは「日産ノートが通年でも首位を獲得できるかどうか」が焦点で、つまり今年前半に見せ ...

2018年、30年間伸び続けた中国の自動車市場がはじめて「前年割れ」の可能性。世界同時不況の前触れか

2018/11/26    , , ,

| 中国依存度の高い自動車メーカーは中国と”共倒れ”の可能性も | 中国の自動車市場はここ30年ほどずっと成長を続けていますが、ロイターによると今年10月に11.7%の減少を記録し、これが響いて「通年 ...

米調査「購入段階での顧客満足度」、堂々の1位はポルシェ。今回は韓国勢が入ってない

| ポルシェはあらゆるアンケートで上位常連 | アメリカの調査会社、JDパワーが全米のディーラーを対象に「販売過程における顧客満足度」を調査し、ラグジュアリーブランドでは「ポルシェが最も優れる」、そし ...

米での「満足度の高い車」価格別ベスト5。価格帯によって傾向が異なるもトヨタ/レクサス強し

| 韓国勢の躍進は著しい。フォードがさじを投げるのも無理はない | JDパワーが「販売価格帯別、オーナーの満足度の高いクルマBest5」を公開。 これを見ると意外な結果が出ていて、公開された20台のう ...

最も検索された自動車ブランドは?トヨタが171カ国中「57」でトップ、ランボルギーニも健闘。日本での人気は「BMW」

| トヨタは171カ国・地域中で57ものナンバーワンを獲得 | 保険会社「Veyago」による、「その国で最も検索された自動車ブランド」が公表。 これは2017年において、キーワードとして検索された自 ...

新型ミドシップ・コルベット(C8)の価格は現行ベースグレードの3倍というウワサ。全米が騒然となる

| 新型シボレー・コルベットの価格は予想を遥かに上回るゾーンに | C8世代、つまり次期シボレー・コルベットはミドシップ化されるのは間違いのないところですが、この価格がなんと17万ドル、つまり邦貨換算 ...

国内自動車ディーラーにおける「購入前」「購入後」ランキング。1位はやっぱりレクサスだった

| 国内ではレクサスとフォルクスワーゲンがブッチギリの高評価 | 調査会社、JDパワーが日本国内において「日本自動車セールス満足度調査(SSI)」、「日本自動車サービス満足度調査(CSI)」という2つ ...

フェラーリの2018年第三四半期は台数ベースで10.6%成長。しかし台数増加を喜べないフェラーリならではの理由とは?

| フェラーリは販売を伸ばしたくとも大幅に伸ばせない | フェラーリが第三四半期の販売状況を公開し、この期間における販売台数は2,262台であったことを発表。 これは前年同期比で+10.6%となり「成 ...

2018年10月の国産車販売ランキング。クラウンがベスト10に入り、日産はトップ陥落の危機、ホンダ・シャトルが地味に伸びる

| トヨタがそろそろ本気出した | さて、2018年10月の国内乗用車登録ランキング。 ここ数ヶ月続いた日産ノートが首位から陥落し、なんと3位となっていますが、おそらくはこのまま逃げ切って「年間首位」 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.