>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】マットオレンジにグロスブラック!カラーを絞り「光沢」のコントラストで勝負したランボルギーニ・アヴェンタドール

| このカラーのアヴェンタドールSVJはじはじめて見た | 様々なボディカラーが存在するランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。ネット上を見る限り、アクセント等も含めて「二台として同じボディカラーの個体はないんじゃないか」というほどですが、今回もまた、これまでに見たことがないカラーリングのアヴェンタドールSVJが登場。紹介するのはおなじみカナダのランボルギーニディーラーにてセールスパーソンを務めるヘザー・ボーレンタインさん。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

1台売って900万円の利益?ランボルギーニは大きく成長し、会社の評価額は今や2015年のフェラーリと同じ。上場すれば1兆2000億円の株式総額となり、上場検討中と報じられる

| ちょっと前までアウディから「売り飛ばすぞ」と言われていたのがウソのようだ | ランボルギーニはウルス発売以降、その販売台数を異常なまでに伸ばしていますが、ブルームバーグによると、そのおかげで企業の評価額が1兆2000億円相当にまで上昇した、とのこと。加えて今後ハイブリッドカー等の新型車が追加されれば、その利益率は30%程度まで改善され、フェラーリに並ぶ超高収益体制になる、とも指摘されています。ちなみにランボルギーニはちょっと前まで、フォルクスワーゲングループにとって「売却対象」のブランドであったと言わ ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスが米富豪向けに「フロリダのオレンジ」をイメージしたカリナンを発表。外装オレンジ、内装ホワイト

| 気軽には乗れない、「カーペットまでホワイト」 | ロールスロイスが、ワンオフにてカスタムされたカリナンを公開。これはペブルビーチにてお披露目されたもので、カーコレクターであるマイケル・フックス氏へと納車されるクルマだそう。ボディカラーはマイケル・フックス氏の指定による「フックス・オレンジ」で、会場ではロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏ミ自らがアンヴェールしたと伝えられており、それだけマイケル・フックス氏が重要な人物であることがわかります。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

発売されれば大ヒット?トヨタTJクルーザーが12月より予約開始、2020年に発売とのウワサ

| 一方、先行発売されると言われる北米のトヨタディーラー「何も聞いてない」 | ベストカーによれば、「TJクルーザーの発売が確実」とのこと。記事では「当面は北米専用」「エンジンは2リッターと1.8リッターハイブリッド」「12月から予約開始」としており、国内投入はC-HRの販売がもう少し落ちた後に行うのでは、と見ています。なお、既報の通りC-HRの販売は下落傾向にあり、数ヶ月前にホンダ・ヴェゼルに逆転されることに。この理由はいくつかあると思われますが、ひとつは「デザインが斬新だったので飽きられやすかった」。 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型Cクラスの内装スパイフォト。メルセデス・ベンツはインフォテイメントシステムの普及で従来の「重厚で優雅な」デザインを維持できなくなる?

| これはボクの求めるメルセデス・ベンツじゃない | 新型メルセデス・ベンツCクラスのプロトタイプが目撃に。これまでも新型メルセデス・ベンツCクラスは何度かそのテスト風景が捉えられていますが、今回のトピックは「インテリア」の克明な画像が撮影されたこと。これを見るに、そのインテリアは大きく変わり、デジタル式のメインメーターに加え、センターコンソールには巨大な液晶パネルも確認できますね。なお、現行Cクラスは2014年に登場しており、現行メルセデス・ベンツのラインナップとしては「比較的古い」部類。設計自体も旧世 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

カーボン✕チタン!軽量で視認性に優れる腕時計、G-SHOCK GWR-B1000(グラビティマスター)を買ってみた

| 見た目の「カーボン柄」、チタン製プッシュボタンが満足感を加速させる | さて、かねてより購入を考えていたカシオの腕時計、G-SHOCK”GWR-B1000-1A1JF”を購入。これはベゼルにエクスポーズドカーボン、本体ケースにカーボン混入樹脂、ボタン類にチタンを使用したという、クルマ好きになんとも受けそうな一本。さらには「タフソーラー」「電波(マルチバンド6)」採用ということでバッテリー交換や時刻合わせが不要なのもいいですね。

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】なんとランボルギーニ・ウラカンを「MT化」した連中があらわれた!廃車のウラカンを購入してきて「理想のウラカン」を作り上げる

| これだけの技術、設備があれば「思い通りの」クルマができそうだ | なんとランボルギーニ・ウラカンのトランスミッションを「マニュアル」へとコンバートしたショップが登場。これはアメリカのB is for Buildで、以前にも「廃車となった日産GT-Rを格安で購入してきて再生した」ショップ。そして今回のウラカンも「ジャンク」を格安で仕込み、それに「自分たちが思ったようなカスタムを盛り込んで」仕上げよう、ということでプロジェクトが進行中。 【動画】ユーチューバー、アメリカで最も安い日産R35 GT-Rを買う ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲンが70万台に及ぶ”超”大規模リコールを北米で実施、「駐車状態でなくともキーが抜け、勝手にクルマが動くことがある」

| 70万台のリコールは相当に規模が大きい | フォルクスワーゲンが、米国にてなんと679,027台という、70万台に迫る規模のリコールを発表。日本ではつい最近、年間販売台数の3.6倍に当たる17万台のリコールを実施していますが、この数が霞んでしまうほどの「超大規模リコール」だと言えそうです。 VWが3.6年分の販売台数に相当する17万台規模のリコール実施。ゴルフは5.7万台、ポロは5万台が対象となり「最悪の場合は走行不能」

ReadMore

■このサイトについて >シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) >その他アメリカ車

止まらぬカマロの販売減少にGMが喝!なんと「マスタングから買い換えるなら27万円値引きする」というプロモーションを大々的に展開

| そこまで苦しいのかシボレー・カマロ | とにかく下げ止まらないシボレー・カマロの販売低下ですが、シボレーは値下げしたり、フェイスリフトを行ったり、という手段を講じています。それでもフォード・マスタングやダッジ・チャレンジャーといったライバルに差をつけられることになり、今回シボレーが打ち出したのが「マスタングからの乗り換えなら、2500ドル(約27万円)を値引きする」という政策。これは全米規模で展開され、その期間は2019年9月3日まで。期間としては短いようにも思えるものの、おそらくですが、まずは「お試 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

内装専門ショップがランボルギーニ・アヴェンタドールをカスタム!そのスペシャルインテリア(400万円)を見てみよう

| たしかにカスタム費用は高いが、それだけ、いやそれ以上の満足感は得られる | オーストリア拠点のインテリア専門カスタムショップ、Neidfaktor(ニードファクター)がランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタムを披露。これまでもアウディ各モデル、そしてランボルギーニ・ウラカンの内装カスタムを公開していますが、ニードファクターがアヴェンタドールを手掛けるのはおそらく「初」。ランボルギーニは標準オプションでも相当数の内装カスタムが可能で、さらには自社のパーソナリゼーション部門「アドペルソナム」にて、さらに ...

ReadMore

964

>その他ポルシェ関連/ニュース

こんなポルシェ見たことない!356に964の足回り、レース用パーツを組み込んだ魔改造車が登場。出力400PS、重量は884kg

| 制作にかかったのは丸4年、細部にまでこだわった仕上がりを見よ | これまでも何度かポルシェ356のカスタム+レストア=レストモッドを披露してきたエモリー・モータースポーツ(Emory Motors ...

>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ356(1964)に911カレラ4(1990)のパワートレインと足回りを移植。「毎日乗れてスキーに行ける」クラシックポルシェが誕生

| 手に入るものであれば手に入れたい | 先日、ジョン・オーツのためにポルシェ356をレストア+カスタム=レストモッドしたエモリー・モータースポーツですが、今回はなんと356を「4WD化」。もちろん3 ...

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

ポルシェが新型911(992)のティーザー動画を追加。あわせて各世代を振り返るコンテンツも公開し発表に備える

2018/11/24    , , , , , , , ,

| ポルシェがさらに新型911(992)のティーザーキャンペーン進行中 | 992世代の新型911発表に向け、続々ティーザーキャンペーンを発表するポルシェ。 今回は動画にて992のシルエットを見せてい ...

>ポルシェ911関連

続々登場、「先祖返りポルシェ911カスタム」。老舗チューナー”DPモータースポーツ”も964を901風へとレストモッド

| 走り系チューナーも無視できない「この流れ」 | ドイツのチューナー、DPモータースポーツが964世代のポルシェ911を初代911、つまり901世代へと先祖返りさせるプログラムを公開し、その実車もお ...

>ポルシェ911関連

めったに売り物が出ない「RWBポルシェ」が中古市場に。巨大リアフェンダーにダックテール

| RWBポルシェが販売中。価格は「ASK」 | RWB(Rauh Welt Begriff=ラウヴェルト ベグリッフ)ポルシェの一台が中古市場に登場。 これは2015年に製作されたもので、2015年 ...

>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

なぜかMOMOがポルシェ911と356をニコイチにした魔改造「356アウトロー」を発表

| まだまだ製作中なるも強烈なポテンシャルを秘めていそう | MOMOが何を思ったか、ラグナセカで開催されたポルシェのイベント「レンシュポルト・リユニオン(Rennsport Reunion)」に激し ...

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ポルシェ964改、「935風」。レトロな逆行カスタムに飽きたら次はレーシングカー風だ

| これでも公道走行可能 | ドイツのチューナー、DPモータースポーツがポルシェ935を現代に再現する「935DP Ⅲ」プロジェクトを公開。 ポルシェ935は初代ポルシェ911ターボのレーシングモデル ...

>ポルシェ911関連

ポルシェのスポーツカーは70年でこう進化した(空冷編)。1948年のポルシェ356はわずか35馬力、0-100キロ加速は23秒だった

| ポルシェ911のエンジンはこう進化した | ポルシェがその70周年記念コンテンツのひとつとして、スポーツカーの軌跡を公開していますが、今回はその「エンジン」について見てみましょう。 ポルシェ911 ...

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911(992)ほぼ偽装なしの姿が目撃。930/964へと先祖返りしたかのようなフロントに

| 突如、プロダクションモデルと思われる次期ポルシェ911が目撃される | 細部にはカモフラージュが残るものの、ほぼ「むき出し」の新型ポルシェ911(992)が目撃。 つまりはモデルチェンジを迎えると ...

>ポルシェ911関連

走行わずか251キロ、930世代のポルシェ911スピードスター販売中。トップはこう閉じる

| おそらく世界で最も走行距離が少ない930スピードスター | 1989年製ポルシェ911 3.2スピードスターの出物が登場。 これは同年の1月から6月にかけて2,100台のみが製造された限定モデルで ...

>ポルシェ911関連

ポルシェ911タルガをスピードスター風にカスタムしたツワモノ。しかも964を930風に”逆行”

| 911タルガをスピードスター風にカスタム | ドイツの「DPモータースポーツ」が1989年式のポルシェ911タルガをスピードスター風にカスタム。 なお911スピードスターは911、964、997世 ...

>ポルシェ911関連

ジンガーが新たにポルシェ911をカスタム。964をベースに930風へと先祖返り

| ジンガーが最新作「マルホランド・ドライブ」を公開 | 空冷ポルシェのレストア&カスタムを得意とするジンガー(Singer Vehicle Design)が最新作を公開。 これまでのモデルとは異なり ...

>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが959や964のパーツを3Dプリンタで供給すると発表。今までより安価かつ素早く生産可能に

| 今後も対応パーツはどんどん増えそう | ポルシェが3Dプリンターにて過去の車の補修用パーツを制作し発売する、と発表。 まず代表的なものとしては911スピードスターのドアミラー、フューエルキャップ・ ...

>ポルシェ911関連

【動画】亡き父の遺してくれたポルシェ911をレストアして乗る男の物語。「この車に乗ると、父がそばにいてくれると感じる」

2018/1/31    , , , , ,

| ある親子と、ポルシェ911とのストーリー | ポルシェが公式にて感動的な親子の話を動画で公開。 今回の主人公はナジャさんで、彼が乗るのは父から受け継いだ964世代のポルシェ911。 彼の父はカーコ ...

>ポルシェ911関連

964世代のポルシェ911が一気に12台も競売に。RS/RSR、スピードスター、フラットノーズなどレアモデルも

| これまでいったいどこに? | カナダ拠点、アメリア・アイランドの開催するオークションにて、12台もの964世代ポルシェ911が出品予定。 964世代の911は1989-1993年、とかなり生産期間 ...

>ポルシェ911関連

アメリカに「ただ一台」、パールホワイトのボディカラーを持つ964世代の911が販売中。その価格4200万円ナリ

|珍しいパールホワトのポルシェ911が中古市場に登場| アメリカに一台しか輸入されなかったボディカラーを持つポルシェ911(964)ターボが販売中。 価格は約4200万円となっており、過去に同じ964 ...

>ポルシェ911関連

生産わずか6台、964世代のカレラRS"ツーリング"がオークションに。予想では最高3000万円

生産わずが11台のみの964世代「911RS」がオークションに登場予定。 ポルシェは新車時にRSに対し「スポーツ(ライトウエイトとも呼ばれる)」「ツーリング」を設定していますが、その顧客のほとんどが「 ...

>ポルシェ911関連

クラシックポルシェ911のレストア&チューンを行うニューカマー登場。純正比で重量-25%、パワーは30%向上

ドイツの「DPモータースポーツ」がクラシックポルシェのレストア&カスタムビジネスに参入。 この業界への扉は「ジンガー」が開いたものですが、そこから多くのチューナーがここへ入ってくることに。 ジンガー従 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.