■駄文(日々考えること) ■映画や音楽、本について ■ニュース

「ドライブデートを成功させるお作法」10か条、女子編、男子編はこうなっている!なかなかハードルが高いぞ!

| とくに男子編では執事並みの気遣いが要求される | blog さて、「じゃらん」に”ドライブデートのマナー”なる記事が掲載。もはや「ドライブデート」そのものが過去のものとなったような気がしないでもないですが、「女子編」「男子編」とあって、それぞれなかなかに興味深い内容でもあり、ここで紹介してみたいと思います。まずは「女子編」、行ってみましょう。

ReadMore

>フォード(FORD) >その他イギリス車

【動画】こう見えてピュアEV!フォードの許諾を得て英メーカーが「エレクトリックマスタング」を発売。ただし499台限定、4100万円

| 価格設定がかなり強気に思えるが、EVは現時点で高くならざるを得ない | フォードはマスタングをエレクトリック化し、かつSUV化した車両を発売すると報じられています。ただし今回紹介するのはフォード自身によるものではなく、イギリスのチューナー、「チャージ・カーズ」によるクラシックマスタング風の外観を持つピュアエレクトリックカー。まずは画像そして動画のみのリリースですが、実車はグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて公開されるようですね。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダはこっそりロータリーエンジンとその搭載車を開発していた!特許が公開され、その存在が明らかに。2020年1月30日の”マツダ100周年”に発表あるか

| ターボ装着を前提に給排気系を効率化。特許では「ロータリーエンジン搭載車」にも触れる | マツダが新型ロータリーエンジン関連特許を2件申請していたことが判明。申請自体は2017年に行われたものですが、審査の後、2019年1月31日に公開となっています。そして気になる特許の内容自体ですが、「吸気効率を高めることのできるロータリーピス トンエンジンを提供する」がひとつ、そしてもうひとつは「吸気効率を高めることのできるロータリーピストンエンジンシステムおよびこれが搭載された車両を提供する」。つまり、ロータリー ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】メルセデス・ベンツがGクラスのカスタムプログラム始動。100万通り以上の組み合わせから”自分だけの”Gクラスを作ることが可能

| ボディだと22箇所のカラーを指定可能 | メルセデス・ベンツがGクラスのカスタマイゼーションプログラム、「G Manufaktur Program(Gマヌファクトゥア・プログラム)を始動。これは読んで字のごとくGクラスを自在にカスタムできるもので、たとえばトップレンジのG63だと外装で22箇所のペイントを指定できるようですね。ただ、その価格は例によって「安くはなく」、安価なものでも28万円、高価なものだと53万円ほどが必要に。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

新型ランドローバー・ディフェンダーのインテリアが激写!イヴォークとも異なる独自のデザインを持つようだ

| やはり新型ディフェンダーは”未来に行き過ぎなかった”ようだ | つい先日、新型ランドローバー・ディフェンダーのメーターパネル内の画像が捉えられたばかりですが、今回は新型ディフェンダーのダッシュボード回りの画像が登場。これは3ドア(ディフェンダー90)、5ドア(ディフェンダー110)とが同時にテストをする中、駐車場に停めてあるプロトタイプの内装を撮影したもののようですね。 ↓こちらは先にリークされた新型ディフェンダーのメーター内画像 新型ランドローバー・ディフェンダーのメーター画像がリーク!メーター内に ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■バイク(自転車/自動二輪)

BMWがバイクにおける未来「ヴィジョンDCロードスター」発表。究極にシンプル、そして軽量なエレクトリックバイク

| 水平対向エンジン風のデザイン、そしてシャフトドライブ採用 | BMWがそのバイク部門「モトラッド」より、「ヴィジョンDCロードスター(Vision DC Roadster)を発表。「ヴィジョン」の名が示すとおり、BMWの未来を表すもので、もちろんパワートレインは「エレクトリック」。BMWのバイクといえば「水平対向(ボクサー)」エンジンが特徴ですが、このヴィジョンDCのロードスターでは水平対向エンジンのヘッドが左右に突き出る代わりに「クーリングのためのファン」が左右同じ位置に配置されるのが特徴。

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベットに最強グレード「ZR1」が登場したら?というレンダリング。しかし本当のC8世代ZR1は予想より過激かも

| 新型コルベットの発表はまずベースグレードから。ZR1は1,000馬力を超える? | さて、7月18日に発表される新型シボレー・コルベット。最初に発表されるのは「スタンダードモデル」だとされ、価格は800万円程度だと見られています。そして新型(C8)コルベットにもZ06やZR1に相当するハイパフォーマンスモデルが追加されると思われますが、コルベット専門掲示板「Corvette Forum」にて、新型コルベットZR1をイメージしたレンダリングが公開に。

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

元GM副会長「ポルシェ911から新型コルベットに乗り換える人は誰もいないだろう。ミドシップ化するよりもSUVにしたほうがいい」

| 経営的視点からすると正論としか言いようがない | 7月18日の発表が刻々と迫る新型シボレー・コルベット。しかし今回、シボレーを擁するGMの副会長を努めたボブ・ラッツ氏が「誰もポルシェ911を売って新型コルベットを買わないだろう」という衝撃的な発言を行っています。新型コルベットはこれまでのフロントエンジンから「ミドシップ」へとパッケージングが変更されますが、その理由はポルシェはもちろん、フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンといった欧州のスーパースポーツに対抗するため。

ReadMore

>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

トヨタが合計13.7万台のリコール届け出。「ハイブリッドシステムに充電できずシステム破損」「豪雨があるとエンジンに浸水しエンジン破損」

| アウディもブレーキ、プログラム、燃料ラインの問題でリコール届け出 | トヨタが珍しく、ハイブリッド関連についてリコールを届け出。同じハイブリッドでも不具合の種類は2つあり、ひとつは「ハイブリッドシステムが破損して走行不能」、もうひとつは「エンジン破損」。前者はアクア、カローラアクシオ、シエンタ、ヴィッツが対象になって19,618台が影響し、後者はシエンタのみが対象となり137,016台が対象に。ここでその内容を見てみましょう。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが新型X7(1079万円~、7シリーズ(1090万円~)、X3M/X4M(1268万円~)を発表。7シリーズの最上位モデルは2523万円

| 最近のBMWは強気の価格設定を行うことが多いようだ | BMWが一気に新型7シリーズ、X7、X3M/X4Mを国内にて発表。これまでの例からすると国内発表のタイミングはかなり早いと思いますが、ここでそれぞれの内容を見てみましょう。まずは完全なるブランニューモデル「X7」ですが、こちらは「X7 xDrive35d(10,790,000円)「、」7 xDrive35dデザイン・ピュア・エクセレンス(12,060,000円)「」7 xDrive35d M Sport(12,420,000円)「MW X7 M5 ...

ReadMore

964

>その他ポルシェ関連/ニュース

こんなポルシェ見たことない!356に964の足回り、レース用パーツを組み込んだ魔改造車が登場。出力400PS、重量は884kg

| 制作にかかったのは丸4年、細部にまでこだわった仕上がりを見よ | これまでも何度かポルシェ356のカスタム+レストア=レストモッドを披露してきたエモリー・モータースポーツ(Emory Motors ...

>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ356(1964)に911カレラ4(1990)のパワートレインと足回りを移植。「毎日乗れてスキーに行ける」クラシックポルシェが誕生

| 手に入るものであれば手に入れたい | 先日、ジョン・オーツのためにポルシェ356をレストア+カスタム=レストモッドしたエモリー・モータースポーツですが、今回はなんと356を「4WD化」。もちろん3 ...

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

ポルシェが新型911(992)のティーザー動画を追加。あわせて各世代を振り返るコンテンツも公開し発表に備える

2018/11/24    , , , , , , , ,

| ポルシェがさらに新型911(992)のティーザーキャンペーン進行中 | 992世代の新型911発表に向け、続々ティーザーキャンペーンを発表するポルシェ。 今回は動画にて992のシルエットを見せてい ...

>ポルシェ911関連

続々登場、「先祖返りポルシェ911カスタム」。老舗チューナー”DPモータースポーツ”も964を901風へとレストモッド

| 走り系チューナーも無視できない「この流れ」 | ドイツのチューナー、DPモータースポーツが964世代のポルシェ911を初代911、つまり901世代へと先祖返りさせるプログラムを公開し、その実車もお ...

>ポルシェ911関連

めったに売り物が出ない「RWBポルシェ」が中古市場に。巨大リアフェンダーにダックテール

| RWBポルシェが販売中。価格は「ASK」 | RWB(Rauh Welt Begriff=ラウヴェルト ベグリッフ)ポルシェの一台が中古市場に登場。 これは2015年に製作されたもので、2015年 ...

>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

なぜかMOMOがポルシェ911と356をニコイチにした魔改造「356アウトロー」を発表

| まだまだ製作中なるも強烈なポテンシャルを秘めていそう | MOMOが何を思ったか、ラグナセカで開催されたポルシェのイベント「レンシュポルト・リユニオン(Rennsport Reunion)」に激し ...

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ポルシェ964改、「935風」。レトロな逆行カスタムに飽きたら次はレーシングカー風だ

| これでも公道走行可能 | ドイツのチューナー、DPモータースポーツがポルシェ935を現代に再現する「935DP Ⅲ」プロジェクトを公開。 ポルシェ935は初代ポルシェ911ターボのレーシングモデル ...

>ポルシェ911関連

ポルシェのスポーツカーは70年でこう進化した(空冷編)。1948年のポルシェ356はわずか35馬力、0-100キロ加速は23秒だった

| ポルシェ911のエンジンはこう進化した | ポルシェがその70周年記念コンテンツのひとつとして、スポーツカーの軌跡を公開していますが、今回はその「エンジン」について見てみましょう。 ポルシェ911 ...

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911(992)ほぼ偽装なしの姿が目撃。930/964へと先祖返りしたかのようなフロントに

| 突如、プロダクションモデルと思われる次期ポルシェ911が目撃される | 細部にはカモフラージュが残るものの、ほぼ「むき出し」の新型ポルシェ911(992)が目撃。 つまりはモデルチェンジを迎えると ...

>ポルシェ911関連

走行わずか251キロ、930世代のポルシェ911スピードスター販売中。トップはこう閉じる

| おそらく世界で最も走行距離が少ない930スピードスター | 1989年製ポルシェ911 3.2スピードスターの出物が登場。 これは同年の1月から6月にかけて2,100台のみが製造された限定モデルで ...

>ポルシェ911関連

ポルシェ911タルガをスピードスター風にカスタムしたツワモノ。しかも964を930風に”逆行”

| 911タルガをスピードスター風にカスタム | ドイツの「DPモータースポーツ」が1989年式のポルシェ911タルガをスピードスター風にカスタム。 なお911スピードスターは911、964、997世 ...

>ポルシェ911関連

ジンガーが新たにポルシェ911をカスタム。964をベースに930風へと先祖返り

| ジンガーが最新作「マルホランド・ドライブ」を公開 | 空冷ポルシェのレストア&カスタムを得意とするジンガー(Singer Vehicle Design)が最新作を公開。 これまでのモデルとは異なり ...

>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが959や964のパーツを3Dプリンタで供給すると発表。今までより安価かつ素早く生産可能に

| 今後も対応パーツはどんどん増えそう | ポルシェが3Dプリンターにて過去の車の補修用パーツを制作し発売する、と発表。 まず代表的なものとしては911スピードスターのドアミラー、フューエルキャップ・ ...

>ポルシェ911関連

【動画】亡き父の遺してくれたポルシェ911をレストアして乗る男の物語。「この車に乗ると、父がそばにいてくれると感じる」

2018/1/31    , , , , ,

| ある親子と、ポルシェ911とのストーリー | ポルシェが公式にて感動的な親子の話を動画で公開。 今回の主人公はナジャさんで、彼が乗るのは父から受け継いだ964世代のポルシェ911。 彼の父はカーコ ...

>ポルシェ911関連

【動画】「内装は野球グローブの香りがする」。ジンガーポルシェのオーナーが愛車を語る、珍しいレビュー

| そのサウンドには酔いしれる | クルマにこだわりをもつオーナーたちのライフスタイルを紹介するユーチューブチャンネル「Petrolicious」から新しい動画が到着。 今回はなんと「ジンガー・ポルシ ...

>ポルシェ911関連

964世代のポルシェ911が一気に12台も競売に。RS/RSR、スピードスター、フラットノーズなどレアモデルも

| これまでいったいどこに? | カナダ拠点、アメリア・アイランドの開催するオークションにて、12台もの964世代ポルシェ911が出品予定。 964世代の911は1989-1993年、とかなり生産期間 ...

>ポルシェ911関連

アメリカに「ただ一台」、パールホワイトのボディカラーを持つ964世代の911が販売中。その価格4200万円ナリ

|珍しいパールホワトのポルシェ911が中古市場に登場| アメリカに一台しか輸入されなかったボディカラーを持つポルシェ911(964)ターボが販売中。 価格は約4200万円となっており、過去に同じ964 ...

>ポルシェ911関連

生産わずか6台、964世代のカレラRS"ツーリング"がオークションに。予想では最高3000万円

生産わずが11台のみの964世代「911RS」がオークションに登場予定。 ポルシェは新車時にRSに対し「スポーツ(ライトウエイトとも呼ばれる)」「ツーリング」を設定していますが、その顧客のほとんどが「 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.