>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

アルピーヌがこの上ない特別感を持つ限定モデル「A110レジェンドGT」発表

アルピーヌがこの上ない特別感を持つ限定モデル「A110レジェンドGT」発表!A110は現在ボクの考える「欲しいクルマ」筆頭だ

| アルピーヌA110のようなクルマはもう二度と現れない | さて、先日「ルノーのスポーツブランドに置き換えられる」と発表されたアルピーヌですが、2021年モデルの「A110レジェンドGT(A110 ...

ルノーが20年続いた「ルノースポール」を廃止し、今後スポーツモデルには「アルピーヌ」の名を関すると発表

ルノーが20年続いた「ルノースポール」を廃止し、今後スポーツモデルには「アルピーヌ」の名を関すると発表!予想はしていたが衝撃的だ・・・

| たしかに合理的に考えるとこれ以外の判断はない | さて、ルノーが「ルノー・スポールを廃止し、今後ルノーのスポーツモデルには”アルピーヌ”の名を与える」と正式にアナウンス。これは今年1月に発表された ...

アストンマーティン

2021年4月の輸入車販売状況!国内登録は約1.5倍、しかしスポーツカーは落ち込みも少ないぶん急激な成長もなく、フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンは揃って累計で前年割れ

| 相変わらずジープなど「嗜好性が強い」ブランドはよく売れているようだ | さて、2021年4月の日本国内における輸入車登録状況が公開に。全体的には昨年比で148.5%(約1.5倍)と非常に好調で、ほ ...

ルノーCEO「ユーロ7が導入されれば、触媒の価格が高騰しコンパクトカーの価格が倍になる」

ルノーCEO「ユーロ7が導入されれば、触媒の価格が高騰しコンパクトカーの価格が倍になる」。よって小型車メーカーは上級移行かEV移行かしか道が無さそう

| まさか触媒の価格がここまで高騰することになろうとは | さて、ルノーCEO、ルカ・デ・メオ氏が英国Autocarに語ったところでは、「欧州におけるコンパクトカーの価格は2倍になる」とのこと。その理 ...

アルピーヌA110

存在するのは世界に二台!「アルピーヌF1仕様の」公式アルピーヌA110Sが公開。これを手に入れるにはF1ドライバーになるしかないようだ

| このアルピーヌA110Sほど入手が難しい特別仕様車もほかに無いだろう | さて、現在最ブランディング中のアルピーヌ。その軽量性を武器に鳴り物入りでデビューしたものの、今ひとつハイパフォーマンスカー ...

スバルが24万台の大規模リコール届け出

スバルが24万台の大規模リコール届け出!アルピーヌは実際に問題が50件発生した燃料関係のリコール実施、ほかルノー、スズキ、マツダ、ダイハツもリコール

| やっぱりスバルのリコールは少なくない | さて、4月に入ってからも多数のリコールが届け出られており、今回スバルはのべ24万台にも及ぶリコールを発表。なお、2020年におけるスバルの国内販売台数は2 ...

80年代の変態車「ルノー5ターボ2」にマツダの13Bロータリーエンジンをスワップした上級変態車が販売中

80年代の変態車「ルノー5ターボ2」にマツダの13Bロータリーエンジンをスワップした上級変態車が販売中!もしかしたら1000万円に届くかも

| こういったクルマをメーカーが作ることができた時代が懐かしい | さて、1980年代にはさまざまな「変態」ともいうべき愛すべきクルマが多数リリースされていますが、その中でもルノー5(サンク)ターボは ...

ジープ・ラングラー

2021年3月の国内輸入車販売はアメリカ勢躍進!ジープの好調に加えキャデラック、ダッジ、シボレーは前年比約2倍の台数が売れる

| 現在の息苦しい世の中にてアメリカの開放感や明るさが支持された?| さて、日本自動車輸入組合が2021年3月の輸入車登録台数を公開。まず全体としては前年比103.0%の31,411台。いずれのブラン ...

全然ハイパーカーじゃない!アルピーヌがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するA480を公開

全然ハイパーカーじゃない!アルピーヌがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するA480を公開。結局ハイパーカーの参戦がほとんどないハイパーカークラスになってしまったな・・・。

| ル・マンを走るレーシングカーはほかカテゴリに比べ、ずいぶん特異な形状を持つようだ | さて、アルピーヌがル・マン24時間レースのハイパーカークラスを走るレーシングカー、A480を公開。当初ル・マン ...

ルノーもデジタル化対応の新ロゴ(エンブレム)を発表

ルノーもデジタル化対応の新ロゴ(エンブレム)を発表!これまで8回のロゴ変更を行うも「じつはひし形の由来はよくわかってない」らしい

| ルノーはかつて、「戦車」をロゴに用いていたこともあった | さて、先日はプジョーがロゴの変更を発表したところですが、今回はルノーもロゴ(エンブレム)変更を発表。この新しいロゴは先に発表された「ルノ ...

アストンマーティン

2021年2月の輸入車登録状況!VWの落ち込みが大きくボルボも不振。反面ジープとロータス、アストンマーティンが躍進する

| フォルクスワーゲンはプジョーやシトロエンなどフランス勢に対して強みを発揮できていない | さて、2021年2月の国内自動車登録状況が公開に。全体を見ると昨年比96%の水準まで回復しており、消費意欲 ...

元VW、ルノー、ジェネシス、ケーニグセグを経たデザイナーの考える「アルピーヌGTA」がカッコいい

元VW、ルノー、ジェネシス、ケーニグセグを経たデザイナーの考える「アルピーヌGTA」がカッコいい!実際に出資者を探し実現させる計画も持っているようだ

| ただ、実現したとしてもアルピーヌの名を使用することは難しいと思われる | かつてフォルクスワーゲン、ルノー、ジェネシスにてデザイナーを務め、ケーニグセグ・ジェメラのデザインにも携わった工業デザイナ ...

メルセデスAMG A45 Sは速かった!BMW M2 CS、アルピーヌA110 Sとの加速競争

【動画】やはりメルセデスAMG A45 Sは速かった!BMW M2 CS、アルピーヌA110 Sとの加速競争においても「圧勝」

| 正直、ここまで圧倒的なパフォーマンスを見せつけられるとぐうの音も出ない | さて、「4気筒エンジン史上最強」、421馬力を発生するエンジンを積むメルセデスAMG A45 S。 加速はもちろんサーキ ...

もっとも価値の残るブランド/クルマのランキング。1位はポルシェ・マカン

【動画】もっとも価値の残るブランド/クルマのランキング!ポルシェ、ランボルギーニ、トヨタ、アストンマーティン、アルピーヌetc。あのクルマは何位?

| やはりSUV人気は強かった | さて、クルマを買うときに気になるのが「売却時の価格」。買う前から売るときのことを考えるのはどうかとは思うものの、実際問題としてお金が無限にあるわけではないので、やは ...

ルノー4がEVとなって復活?

ルノー5(サンク)に続き4(キャトル)も復活?5との車体共有にて、EVとして2025年に発売とのウワサ

| 過去にも同様のウワサが出ており、可能性として「ルノー4の復活」は低くはないだろう | さて、ルノーは先日公式に「5(サンク)を復活させる」と発表したところですが、今回は4(キャトル)復活のウワサ。 ...

メルセデス・ベンツ

2021年1月の輸入車登録ランキング!BMWが2位に浮上、アメ車は好調、イギリス車は不調という傾向が明白に。なおヒュンダイは4台が登録、紅旗はまだその名が見えず

| 先行き不透明な状況では、上品なクルマよりもアクの強いクルマが売れる? | さて、2021年1月の日本国内における輸入車登録ランキング。1位はメルセデス・ベンツと変わらず、しかしBMWがフォルクスワ ...

アルピーヌとルノーが提携

アルピーヌとロータスが提携!よくよく考えるとこれ以上相性のいい組み合わせもなく、両者は「ピュアエレクトリックスポーツ」を今後開発するようだ

| おそらくはアルピーヌ側のほうが得るものが多いと思われる | さて、ルノーは先日大きな改革を行うと発表したところですが、その中で挙げられていたのが「アルピーヌブランドの再構築」。すでにルノーはF1チ ...

ヴェルデ・スキャンダルのランボルギーニ・ウラカン

塗料メーカーによる「今年イチオシのボディカラー」はプリウスやジムニーでおなじみ、あの「明るい黄緑色」だそうだ!調べてみるとけっこう多くのクルマが採用しているぞ

| けっこう特殊な部類の色なのに、オフローダーやコンパクトカー、エコカー、はてはスーパーカーにも採用される摩訶不思議な色 | さて、塗料メーカーのアクサルタ(Axalta)が2021年の「オートモーテ ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f