>スウェーデンの自動車メーカー

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ、NIO EP9、ケーニグセグ・アゲーラRのドラッグレース動画

【動画】スマン、思わず笑ってしまった・・・!アヴェンタドールSVJとアゲーラRとのドラッグレース中、撮影用「カメラカー」がぶっちぎりの速さを見せてゴールする

| さすがにヤラセの可能性も否定できない | さて、中国のカーメディア、YiCheが収録したドラッグレース動画にて珍事が発生。この動画はランボルギーニにおける最強モデル「アヴェンタドールSVJ」、そし ...

ケーニグセグ・レゲーラがオークションへ出品

オプション総額2200万円!ボディ上のラインには本物の金を使用したケーニグセグ・レゲーラが競売に登場予定

| ケーニグセグ・レゲーラはすでに80台すべてが販売済み、新車ではもう買えない | さて、ケーニグセグの「恐ろしく速く、恐ろしく快適な」ハイパーカー、レゲーラがオークションに登場予定。ゲーニグセグのラ ...

ケーニグセグ・アゲーラRSリファインメント

ケーニグセグが2017年モデルのアゲーラRSを自ら「レストモッド」!最新スペックを持つ"アゲーラRSリファインメント"として蘇る

| こういったサービスを行ってくれるのは少量生産メーカーならでは | ケーニグセグが2017年モデルのアゲーラRSを自らカスタムし「ケーニグセグ・アゲーラRSリファインメント」として公開。なお、ケーニ ...

レンジローバー・イヴォークにリコール、火災のおそれ

レンジローバー・イヴォーク、ボルボS60/S80にリコール!イヴォークはハイブリッド関連の問題にて「最悪の場合は車両が燃える」

| レンジローバー・イヴォークのリコールは珍しい | さて、年の瀬に差し掛かった現在、ランドローバーとボルボにリコール発表。両者ともに「あまりリコールの例を見ることはない」珍しい顔ぶれですが、まずラン ...

ボルボXC40

ボルボCEO「今後、SUVの販売比率は75%になるだろう」。実際に多くのメーカーはSUVによって救われ、SUVがもっとも売れているラインアップに

| どこまでSUVブームは続くのか。いや、ここまでくるとそれは「ブーム」ではなく時代の要望なのか | ボルボCEO、ヘイカン・サミュエルソン氏によると、「将来、自動車販売に占める75%はSUVになるだ ...

マツダMX30

マツダが初の首位を獲得!自動車メーカー信頼性調査最新版。上位常連のレクサスとポルシェがダウン、一方で米国勢の品質が向上

| マツダはこれまで「コツコツと」信頼性調査の順位を上げてきた | さて、米コンシューマーレポートが「最も信頼できる自動車メーカー(ブランド)」ランキング最新版を発表。コンシューマーレポートは非営利団 ...

【動画】たとえケーニグセグであっても悪名高き「5マイルバンパー」装着からは逃れられない。ただしレゲーラにはスマートに装着される

| そしてこの5マイルバンパーひとつで、ちょっとした中古車一台が買えそうだ | さて、80台限定、出力1800馬力とも言われるケーニグセグ・レゲーラ。これは5リッターV8ツインターボ・ガソリンエンジン ...

ボルボが新型EV「XC20」発売との報道。車体は2800億円を投じて親会社である吉利汽車が開発した「SEA」プラットフォーム

| 吉利汽車はシナジー効果を極限まで高めたい意向だ | ボルボがコンパクトなフルエレクトリックSUV、XC20を発売するとのウワサ(画像はXCクーペ)。※ボルボはすでに、XC10とXC20の商標を出願 ...

SSCトゥアタラが「世界最速記録」を更新?。SSCは一旦これを否定するも、記録挑戦の様子が現地メディアによって報道される

| SSCは過去にも「世界最速」記録を樹立した実績がある | さて、アメリカのスーパーカーメーカー、SSC(シェルビー・スーパー・カーズ)がその最新モデル、トゥアタラにて世界最速記録を達成したのでは? ...

中国生産となったボルボの高級ブランド「ポールスター」。納車開始からわずか2ヶ月の間に「クルマが動かなくなる」クレームが数十件発生

| いかに品質管理を徹底しても”チャイナリスク”はゼロではない | ボルボは高級エレクトリックブランドとして「ポールスター」を保有しており、つい2ヶ月前にはポールスター第二弾となる「ポールスター2」の ...

これはちょっと欲しいぞ!ボルボが60年代の「P1800」を現代の技術で蘇らせ限定販売。車体重量わずか990kg、419馬力

| ただしその価格は安くない | さて、先日プロトタイプが目撃されたのち、ボルボ自身からも「9月2日に発表する」とアナウンスのあった”Volvo P1800”。今回そのボルボP1800が予告通り発表さ ...

スバルがレガシィ、XV、インプレッサ11万8千台にヘッドライト関係のリコール。ほかプジョー、ボルボも届け出

| スバルは合計3件のリコール届け出、すべてヘッドライト関連 | さて、スバル(3件)、ボルボ(1件)、プジョー(2件)のリコール届け出。順番に見てゆきたいと思いますが、まずはスバルから。内容としてし ...

【動画】ケーニグセグ・ジェスコの「カーボンボディ」の価格は4750万円、カーボンホイールは1100万円!もう一台スーパーカーが買えそうだ

| それでもケーニグセグの技術と仕上げを考えると高くはない? | さて、ケーニグセグ・ジェスコ、そしてジェメイラを注文済みの米大富豪、マニー・コシュビン氏。今回は自身の注文したジェスコの仕様について「 ...

【今日のニュース:EV編】時期BMW 5シリーズにはEV設定、テスラが「普及価格帯」EV計画、そしてボルボは60年代の名車「P1800」をEVにて復活させる?

| ある意味では、ガソリン車では不可能だったことがEVでは可能となる | さて、今日のニュースをダイジェストでお届けしたいと思いますが、まずは「BMWが次世代5シリーズとX1にはピュアエレクトリックモ ...

【今日のニュース:環境編】ベントレーがエコな3Dウッド内装導入、ボルボのPHEV販売急増、BMW iNextのキドニーグリルの秘密、テスラが完全自動運転に近づく

| 世界は常に進歩している | さて、直近の自動車業界関連ニュース、とくに環境に関連するものをまとめておとどけ。まずは「ベントレーがウッド内装を強化」するとアナウンスし、フライングスパー向けに装備され ...

フェラーリ・ポルトフフィーの内装

2020年6月の輸入車登録状況。通年で昨対100%を維持したのは7ブランド、うち5つはスポーツカーメーカー、そして最も成長したのはフェラーリ

| やはり高級スポーツカーは不況下でも強かった | さて、2020年6月の輸入車販売ランキング。輸入車全体だと21,075台が登録され、これは前年比67.7%という数字です(1-6月累計だと113,4 ...

ボルボがシートベルト案件で「過去最大の」220万台をリコール!なお現代の3点式シートベルトはボルボの発明

| しかもボルボは3点式シートベルトの特許を取りながら、業界と人々の安全のために特許を無償開放 | ボルボが史上最大、およそ220万台にも及ぶリコールを実施するとの報道。内容としては「シートベルト」で ...

【今日のニュース:欧州車編】ベントレーが新型ベンテイガの予告動画公開、そして電動化加速とコメント。ジャガーは「コンパクトカー」リリースに意欲を見せるetc.

| そのほか、ランドローバーは新型ディフェンダー向けにルーフトップテントを発売 | さて、それほどインパクトはないものの、看過できないという自動車関連ニュースをダイジェストにてお届け。まずはベントレー ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f