>シボレー(CHEVROLET)

ドラッグレース専用”COPO”カマロが今年も登場。69台のみ限定、700馬力のエレクトリックモデルも

投稿日:2018/11/01 更新日:

| シボレーはCOPOカマロに50周年記念モデルを投入 |

シボレーが毎年恒例、ドラッグレース専用の「COPOカマロ2019」を発表。
これは残念ながら、ダッジ・チャレンジャーSRTデーモンとは異なり、公道走行ができない競技専用モデルとなっています。

なお、このCOPOカマロの歴史は1969年からスタートしており、今年で50周年。
今回は通常版(といっても限定ですが)COPOカマロのほか、記念モデルのCOPOカマロ(画像、COPO Camaro 50th Anniversary Special Edition)も発表に。

こちらは1969年に発売された「初代COPOカマロ」に採用されていたラグーナブルーをイメージした「アニバーサリーブルーメタリック」をボディカラーとして採用していることが特徴となっています。

エンジン選択肢は3種類

そしてこの50周年記念COPOカマロについては「エンジン・アピアランス・パッケージ」が装着され、オレンジのエンジンブロックやクロームのバルブカバー、ブラックのインテークマニフォールドが特徴。

エンジンそのものについては7リッター自然吸気の「427」、5.7リッタースーパーチャージャー付きの「350」に加え、4.9リッターの「302」も選択可能。

camaro-copo (1)

台数についてはこれまで同様に「69台(初代が発表された年と製造台数にちなんでいる)」で、購入を希望する場合にはシボレーへの登録がまずは必要、とのこと。

↓こちらが初代COPOカマロ

camaro-copo (4)

なお、今回シボレーはコンセプトカーとして「eCOPOカマロ・コンセプト(下の画像で右側にある、ボンネットに稲妻が描かれているカマロ)」も公開。
これは「e」の文字がつくことでもわかるとおり、2019年モデルのCOPOカマロをエレクトリック化したもので、なんと700馬力を発生する模様。

スペック含む詳細は公開されていないものの、シボレーによると「ゼロヨン9秒台はカタい」とのことで、これが事実であればダッジ・チャレンジャーSRTデーモンの9.65秒よりも速いタイムということになりますね。

おそらくゼロヨンにおいては今後EVのほうが有利になると思われ、長年続いたCOPOカマロも数年内には「エレクトリック」に置き換わることになるのかもしれません。

なお、「長丁場」「カーブがある」という点において、サーキットを走る通常のレースだとまだまだEVは「バッテリーの消耗」「重量」という問題をクリアできず、当面はガソリンエンジンのほうが優位性を保ちそう。

camaro-copo (2)

2019年モデルのカマロには”ショッキング”なカラーが追加

加えてシボレーは2019年モデルのカマロも公開。
新色として文字通りショッキングな蛍光イエローの”ショック”が追加されたことが大きなトピックとなっています。

2019-chevrolet-camaro-shock-sema

 

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->シボレー(CHEVROLET)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5