■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連 ■ニュース

ランボルギーニの新型ハイパーカー「SCV12」最終ティーザー公開!サーキット専用といえどオシャレさは失わない

投稿日:

| とにかく過激なスタイル、そしてパフォーマンスが与えられることになりそうだ |

ランボルギーニはサーキット専用限定ハイパーカー「SCV12」をまもなく発表する予定ですが、その最終ティーザーと思われる画像を「Stay Tuned」というメッセージとともに公開。

例によってティーザー画像はトーンが落とされており、そのディティールを知ることはできないものの、ランボルギーニのモータースポーツ部門「スクアドラコルセ」のイメージカラーであるグリーンを採用したボディ、フロントのヘキサゴン型ランプ、まさにレーシングカーといった印象のサイドステップ、リアディフューザー、リアウイングが目を引きます。

ランボルギーニSCV12のデザインは大枠が判明

なお、このランボルギーニSCV12については出願したデザイン画像が欧州連合知的財産庁によって公開済み。

これまでのティーザー画像からは「高速サーキット向け」であることを連想させる文字が車体に入れられていましたが、ロングノーズにロングテールというところからしてもやはり高速向きなのだと思われます。

lamborghini-scv12-patent-filing (4)

加えて縦方向の整流フィンも取り付けられており、相当に高い速度域をターゲットとしているであろうこともわかりますね。

lamborghini-scv12-patent-filing (1)

ランボルギーニSCV12はランボルギーニ史上最高のパフォーマンスを誇る

搭載されるエンジンは6.5リッターV12、出力は830馬力、トランスミッションは6速シーケンシャル、ホイールサイズはフロント19/リア20インチだと言われていますが、加速や最高速に関する情報は一切ナシ。

基本的な車体構造はアヴェンタドールに準ずるものの、フロントとリアセクションは新設計されることになり、おそらくは「(アポロ・インテンサ・エモツィオーネのような)フルカーボン」。

これによってより優れたパワーウエイトレシオ、より高いドライバビリティを持つことになると思われ、「GT3レーシングカー並み」とされるダウンフォースと相まって強烈なパフォーマンスを誇りそう。

ランボルギーニが新型ハイパーカー「SCV12」の姿を公開!ロングノーズ&ロングテール、縦方向のフィンで超高速域での安定性を重視か

| デザイン的には既存モデルと共通性を持たないスタンドアローン? | ランボルギーニがかねてより情報を小出しにしていた、サーキット専用のハイパーカー「SCV12」の全体がわかる画像を公開(ただし偽装シ ...

続きを見る

反面、そのエクステリア、そしてインテリアはランボルギーニらしく高いデザイン性を持つものとなりそうで、コレクションとしても高い価値を誇ることになるのは間違いないと見られています。

【動画】ランボルギーニの最新限定ハイパーカー「SVC12」の内装が明らかに!サーキット走行専用モデルなのに意外とオシャレ

この記事のもくじ1 | ダッシュボードの送風口はそれだけで”オブジェ”としても通用しそうだ |1.1 ベースはランボルギーニ・アヴェンタドール1.1.1 今回は内装の一部が公開に | ダッシュボードの ...

続きを見る

なお、ランボルギーニはこのクルマにて、ル・マンに新設されるハイパーカークラスに参戦を考えていたと言われ(超高速仕様なのはそのためかも)、しかし当面ハイパーカークラスが実際に誕生するのは(コロナウイルスのおかげで)まだまだ先となりそう。

このままハイパーカークラスが開催されなければ、「参戦の場を失った悲運のクルマ」となる可能性があるものの、それはそれでまた価値を高めることになるのかもしれません。

参照: Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ランボルギーニの限定車関連, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5