>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ジャガー(Jaguar) >テスラ(TESLA) >フォード(FORD) >ベントレー(Bentley) >ポルシェ(Porsche) >マセラティ(Maserati) >ランボルギーニ(Lamborghini) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■自動車各社業績/ランキング等

【最新版】加速、最高速に優れるSUVランキング!0-100km/h加速は2秒台、最高速300km/hオーバーも

投稿日:2020/10/22 更新日:

| SUVもついにここまで来た |

さて、近年は技術の向上によってスポーツカー顔負けの動力性能を発揮するSUVやサルーンも多数存在します。

その理由の多くは「エンジンやトラクション性能が向上したこと」「エレクトリックモデルの登場」に起因すると思われますが、トラクション性能だと、その重い車体を鋭く加速させるだけのトルクを持つターボエンジンの普及、そして高回転から一気に放たれるパワーとトルクを確実に推進力へと変換できるドライブトレーンや制御システムの登場が挙げられます。

エレクトリックモデルについては、「ガソリンエンジンとは異なり、回転数によらずピークトルクを発生する」「そもそもとクルクがガソリンエンジンとは桁違い」という特徴を活かし、重量がかさむSUVやサルーンをドカンと加速させることが可能となっているわけですね。

そして今後はハイブリッド化が加速するものと見られ、スーパーカーやスポーツカーでは「重量増加を嫌ってハイブリッド化ができない、もしくは難しい」という状況を尻目に、重量にさほどシビアではなく、そしてスペース的にも余裕があるSUVやサルーンがどんどん「高性能ハイブリッド化」し、スポーツカー以上の加速性能を得ることになるのかもしれません。

つまり、スポーツカーの場合、ハイブリッド化でによって”得るものよりも失うもののほうが多く”しかしSUVやサルーンだとハイブリッド化によって失うものはほぼ無く、得るもののほうが圧倒的に大きい、ということになりそうです。

加速に優れるSUVランキングは?

そこでまず「加速に優れる」SUVを見てみたいと思いますが、もはやその数値はスポーツカーやスーパーカー顔負け。

上述のように、今後はエレクトリック化されたSUVがさらにタイムを縮めてくるものと思われます。

ここでの加速タイムは0-60マイル、つまり0-96km/h加速タイムとなりますが、0-100km/h加速だと、これに0.1~0.2秒プラス、というイメージです。

1.テスラ・モデルX・・・2.6秒

その発売以来、「SUV最速」の名を欲しいままにしてきたテスラ・モデルS。

出力は503HP/6,150rpm、トルクは487パウンドフィート/0rpm。

今後はおそらく、モデルS同様の「トリプリモーター」採用モデルが追加されることになると思われ、その場合は驚愕の「2.1秒」を記録するのは間違いない、と思われます。

tesla-model-x

テスラが0-100km/h加速世界最速2.1秒のモデルS「Plaid(プラッド)」発売!あわせてニュル挑戦、安価なEV発売にも触れ、自動車業界の「最速から最安」までを支配しそう

| もうテスラには手を付けられない | さて、テスラが以前にちょっとだけその発売を示唆していた「3(トライ)モーター」を採用するモデルSのトップレンジを発売。これは「Plaid(プラッド)」と呼ばれる ...

続きを見る

2.ダッジ・デュランゴ SRT ヘルキャット・・・3.5秒

6.2リッターV8スーパーチャージドエンジンを搭載し、出力は710HP/6,100rpm、トルクは645パウンドフィート/4,300rpm。

3列シートを持ち、高い牽引能力を持つという実用的なSUVであるにもかかわらず驚異的な加速を誇ります。

2021-dodge-durango-srt-hellcat

3.フォード・マスタング・マッハE GT・・・3.5秒

マスタングをモチーフとしたエレクトリックSUV、マッハE。

「GT」はその中でのフラッグシップで、出力459HP、トルク610パウンドフィートを誇ります。

ford-mustang-mach-e-gt-europe

フォード・マスタングのEVバージョン「マスタング・マッハE」正式発表。アウディ、テスラ、メルセデスの”半額”で買える実用的な電気自動車が登場

| フォードは”マスタング”の名をじつに有効に使用した | うっかり情報が公開されてしまった「マスタングにインスパイアされたブランニュー・エレクトリックSUV」"マッハE"ですが、無事に、そして予定通 ...

続きを見る

4.ジープ・グランドチェロキー・トラックホーク・・・3.5秒

707HPを発生する6.2リッタースーパーチャージドエンジンを搭載するスーパーSUV「グランドチェロキー・トラックホーク」。

アメリカだと87,670ドルから購入ができ、コストパフォーマンスはナンバーワンかもしれません。

現地では日産R35 GT-Rからの乗り換えが多い、と報じられています。

2018 Jeep® Grand Cherokee Trackhawk

ジープ・グランドチェロキー
ジープ「GT-Rのオーナーが次々とグランドチェロキー・トラックホークに乗り換えている」。たしかにパワーウエイトレシオは両者とも同じ3.14

| ジープ・トラックホークは「便利な日産GT-R」? |  ジープはグランドチェロキーのトップレンジとして「トラックホーク」を設定しており、これは6.2リッターV8/710馬力のHEMIエンジンを搭載 ...

続きを見る

5.ランボルギーニ・ウルス・・・3.5秒

そのイメージから「最速」を連想しがちですが、やはりエレクトリックモデルには一歩加速を譲るランボルギーニ・ウルス。

搭載するエンジンは4リッターV8ツインターボ、出力は650HP/6,000rpm、トルクは627パウンドフィート/2,250-4,500rpm。

ただし「サーキット走行」においてはおそらくSUVナンバーワンのタイムを出すポテンシャルを持っているものと思われます。

北米での価格は203,995ドルから。

【動画】高木虎之介の運転でランボルギーニ・ウルスをサーキット試乗!「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」へ行く(1)

| これまでに無く中身の濃いイベントで、まさに感謝しかない | さて、ランボルギーニ・ウルスをサーキットや特設オフロードコースで試乗するという豪華なイベント、「Lamborghini TEST DIV ...

続きを見る

6.アルファロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオ・・・3.6秒

登場時には「ニュルブルクリンク最速」SUVとして名を馳せたアルファロメオ・ステルヴィオ・クアロリフォリオ。

フェラーリとも設計を共有する2.9リッターV6ツインターボは505HP/6,500rpmを発生し、トルクは443パウンドフィート/2,500-5,500rpm。

北米だと80,500ドルから購入でき、こちらもコストパフォーマンスの高いSUVの一台です。

2020-alfa-romeo-stelvio-quadrifglio-review

アルファロメオが”新型”ジュリア/ステルヴィオ・クアドリフォリオ発表!ヘリテージカラーや走りを意識したOP追加、安全装備も充実

| 残念ながら運動性能や走行性能に変更はないようだ |   アルファロメオがベースグレードに続き、「ジュリア」「ステルヴィオ」のハイパフォーマンスモデル、クアドリフォリオの2020年モデルを発表。モデ ...

続きを見る

7.ポルシェ・カイエン・ターボS Eハイブリッド・・・3.6秒

カイエンシリーズのフラッグシップモデルももはや「ハイブリッド」に。

ガソリンエンジンとハイブリッドシステムとの合計出力は680HPにも達し、これだけのパフォーマンスを持ちながらも、エレクトリックモードでは20キロの走行が可能というエコな一面も持ち合わせています。※クーペ版の「カイエン ターボ S Eハイブリッド クーペ」も同じパフォーマンスを持っている

北米での価格は163,200ドルから。

2020-porsche-cayenne-turbo-s-e-hybrid-coupe-turbo-s-e-hybrid-and-coupe-e-hybrid

8.アウディRS Q8・・・3.7秒

ポルシェ・カイエン、ランボルギーニ・ウルスと一部を共有するアウディQ8。

そのトップレンジがRS Q8ですが、4リッターV8ツインターボエンジンは591HP/6,000rpm、590パウンドフィート/2,000rpmのトルクを発生。

現時点における「ニュルブルクリンク最速SUV」でもありますね。

一方で北米での価格は114,500ドル~と低めに設定されており、アメリカンマッスルSUVほどではないものの、かなりお買い得な一台です。

2020-audi-rs-q8-first-drive

アウディが日本でもフラッグシップSUV「Q8」発表!V6ターボ+ハイブリッド、押し出しの強いルックスを持ち9,920,000円から

| おそらく実車は強い衝撃を受けるほど格好良いと思う | アウディジャパンが、日本市場において「Q8」を発表。Q8はアウディのSUVにおけるフラッグシップであり、「スポーティーかつラグジュアリー」なク ...

続きを見る

9.BMW X5 Mコンペティション・・・3.7秒

メルセデスAMGを抑えてランクインしたのがBMW X5 Mコンペティション。

4.4リッターV8ツインターボエンジンは617HP/6,000rpm、トルクだと533パウンドフィート/1,800-5,860rpmを発生します。※X6Mも同じパフォーマンスを持つ

北米での価格は114,100ドルからに設定され、ちょうどアウディRS Q8とバッティングする価格帯ですね。

2020-bmw-x5-m-competition

BMW新型X5 M、X6 M発表!”コンペティション”モデルは625馬力を発生し0-100km/h加速はスーパーカーのレベルへ

| 0-100km/h加速はBMWのニュル最速モデル、M4 GTS並 | BMWが新型X5 MとX6 M、そしてそれぞれのハイ・パフォーマンス版「コンペティション」を公開。つい最近X3 MとX4 Mが ...

続きを見る

10.マセラティ・レヴァンテ・トロフェオ・・・3.7秒

マセラティはそれぞれのモデルにおけるトップレンジとして「トロフェオ」を展開しており、よってレヴァンテのトップグレードが「レヴァンテ・トロフェオ」。

エンジンは3.8リッターV8ツインターボ、出力は580HP/6,250rpm、トルクは538パウンドフィート/2,500-5,000rpm。

価格については169,980ドル~とちょっと高めですが、その高級感からすると「けして高くはない」のかもしれません。

2021-maserati-levante-trofeo

マセラティ・レヴァンテ”トロフェオ”発表。580馬力、同社史上最大の「リッターあたり出力」へ

| ウワサのハイパフォーマンス版レヴァンテがついに登場 | マセラティが今までウワサされていたレヴァンテのハイパフォーマンスバージョンを公開。 その名も「レヴァンテ・トロフェオ(Levante Tro ...

続きを見る

そのほかにはこんな「チョッ速」SUVも

このほか、加速に優れるSUVとしては下記があります。

加速に優れるSUV

  • メルセデスAMG GLE 63 S・・・3.7秒
  • ベントレー・ベンテイガ・スピード・・・3.8秒
  • ジャガーF-Pace SVR・・・4.1秒
  • アストンマーティンDBX・・・4.3秒
  • レンジローバースポーツSVR・・・4.3秒
  • レンジローバー・ヴェラール SVオートバイオグラフィー・・・4.3秒
  • ポルシェ・マカン・ターボ・・・4.3秒
  • メルセデスAMG GLA45・・・4.3秒
  • ロールスロイス・カリナン・ブラックバッジ・・・4.3秒

ロールスロイス・カリナンのバッドボーイ仕様、”ブラックバッジ”を見てきた!ラゲッジスペースに「ワンコ禁止」の理由とは?

| このクルマに後ろにつけられると確実にビビる | さて、ロールスロイス・カリナン・ブラックバッジの展示車が入荷したとのことで、さっそく実車を見に「コーンズ・コレクション・リーガロイヤルギャラリー」へ ...

続きを見る

最高速に優れるSUVランキングは?

加速ではなく「最高速」に優れるSUVだとこういった顔ぶれが並びます。

一般にEV(エレクトリックモーター)は高回転が苦手なので最高速が伸びない傾向があり、最高速となるとガソリンターボの独壇場。

ランボルギーニ・ウルスは加速、最高速ともにトップレベルであることがわかりますね。

なお、最高速というくくりだと、以外にもベントレー、レンジローバーやジャガーといった英国勢が顔を出してきます。

SUV最高速ランキング

1.ランボルギーニ・ウルス・・・時速306キロ

2.ベントレー・ベンテイガ・スピード・・・時速306キロ

3.マセラティ・レヴァンテ・・・時速301キロ

4.アウディRS Q8・・・時速306キロ

5.ポルシェ・カイエン・ターボS Eハイブリッド・・・時速295キロ

6.ダッジ・デュランゴSRTヘルキャット・・・時速290km

7.アストンマーティンDBX・・・時速291キロ

8.BMW X5 M・・・時速285キロ

9.レンジローバースポーツ SVR・・・時速283キロ

10.アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ・・・時速283キロ

11.メルセデスAMG GLE 63 S・・・時速280キロ

12.レンジローバー・ヴェラール SVオートバイオグラフィー・・・時速273キロ

13.ジャガーFペイス SVR・・・時速283キロ

14.ポルシェ・マカン・ターボ・・・時速269キロ

15.テスラ・モデルX・・・時速263km

あわせて読みたい、関連投稿

参考【最新版】ニュルブルクリンクのラップタイムTOP100!ポルシェ、ランボルギーニの優位は変わらずもフェラーリとマクラーレンが勢力を拡大中

| もはやフロントエンジンでは上位を狙えない | さて、2020年における年央のニュルブルクリンクラップタイム・ランキング。昨年後半からとびぬけたパフォーマンスを持つスポーツカーの発売がなく、また直近 ...

続きを見る

リマックC_Two
参考0-100km/h加速ランキング最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピック ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >アウディ(Audi), >アストンマーティン(Astonmartin), >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >ジャガー(Jaguar), >テスラ(TESLA), >フォード(FORD), >ベントレー(Bentley), >ポルシェ(Porsche), >マセラティ(Maserati), >ランボルギーニ(Lamborghini), >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), >ロールスロイス(Rolls-Royce), ■自動車各社業績/ランキング等
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5