>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

まだ欧米では論争が続いているのか・・・。BMWのデザイナーが4シリーズの巨大グリル批判に対し「グリルだけを見ず、車体全体を見て評価して・・・」と語る

投稿日:2021/03/17 更新日:

BMW 4シリーズの巨大キドニーグリル

| 実際に4シリーズを見ると、そんなにデザインは悪くない、とボクは思う |

さて、とにかく海外では大きな話題となっているBMWの「巨大グリル(日本ではさほど批判的な意見は見られないようだ)」。

とくに北米では酷評に近い評価が与えられているようで、BMWのデザイナーはこれまでにもなんどかそのデザインについて「釈明」するハメとなっています。

そして今回もまた、BMWのデザイン部門を統括するドマゴジ・デュケック氏が4シリーズの批判に対してコメントを発することに。

グリル単体ではなく車体全体を見てほしい

まず、ドマゴジ・デュケック氏が言うには「(大きくなった)キドニーグリル単体を見て語るのではなく、車全体を見てほしい。たとえば3品のコース料理のように、コース全体で評価すべきだ」。

そしてクルマ全体として4シリーズを見たとき、「そのデザインはメディアが叩くほど過激ではなく、むしろエレガントで優れたプロポーションを持つことがわかるはずだ」とも。

なお、ぼくが実際に4シリーズを見た印象だと、「そんなにバーチカルキドニーは悪目立ちしない」。

むしろボディのデザインに溶け込んでおり、これまでのキドニーグリルに比較しても優れているんじゃないかとも考えています(ぼくは4シリーズのグリルについては肯定派)。

L1280475

たしかに面積こそは大きいものの、このバーチカルキドニーはフレームともどもフラッシュサーフェス(ツライチ)化しており、たとえばボディカラーがダーク系であれば、これまでのキドニーグリルよりも目立たないかもしれません。

ちなみにBMWディーラーにて聞いたところでは、「結構評判はいい」とのこと。

新型BMW 4シリーズを見てきた!巨大キドニーグリルはむしろ通常グリルより車体に溶け込んでいるという印象。けっこう注文も入ってるらしい

| 画像で見るよりはずっといい | さて、BMW 4シリーズが発表されて展示車が配備されたため、さっそく実車を見にBMWディーラーへ。展示車両はM440i xDrive、現時点でのトップレンジです。搭 ...

続きを見る

BMWは進化をやめない

なお、BMWがグリルを巨大化させたりバーチカルキドニーを採用するのには、中国市場でのプレゼンス強化、機能的な理由等があるのだと思われますが、その根底にあるのは「進化をやめないこと」。

BMWは常に変わり続けることをヨシとしており、たしかにこれまでにも何度か大きなデザイン的変革、そしてチャレンジを行っています。

ちなみに最近だと「ホフマイスターキンク(Cピラーとリアサイドウインドウとのデザイン的関係性)」を変更していますが、これについてもあまり評判がよろしくなかった模様。

BMWは「成功しているときこそ、変えてゆく必要がある」とも述べているものの、「成功している(評価されている)部分は変えないほうがいい」という現実もありそう。

BMWのデザイナー「成功しているときこそ変わるのだ。我々は前に進む必要があり、巨大キドニーグリルは変革の象徴である」。BMWは一歩も引く気はないらしい

| BMWは「変わらなければ競争から置いてゆかれる」と考えている | 自動車史上、デザインにおいてこれほどまでの議論と批判を巻き起こしたことはないであろうと思われる「近年のBMWにおける、キドニーグリ ...

続きを見る

ただ、世の中には成功にすがったり、変えない(変わらない)ことで相対的な魅力を失ってしまったブランドも数多くあるので、BMWのアグレッシブな戦略については一定の評価をすべきだとも考えています。

そしてBMWはこういったデザイン的変革を「批判も承知」で行っていると見え、これまでにも「万人受けを狙っているのではない」ともコメント。

現在の自動車市場はまさにワールドワイドであり、これだけ消費者の志向が同時多発的に多様化してしまうと、そもそも「万人受け」を狙うことすら難しくなってしまい、そして万人受けを狙うと「結果的に何かよくわからなくなる」モノができあがってしまうこともまた事実なので、「一部だけに特化する」ことも、競争が厳しい現代において”生き残る”には大切なことなのかもしれません。

合わせて読みたい、BMW関連投稿

そのバーチカルキドニーが話題のBMW4シリーズ!特別コンテンツが公開されデザイナーがその魅力を語る。「ルームミラーに映る姿をまずイメージした」

| 新型BMW 4シリーズお気に入りの角度は「斜め後ろ45度」 | さて、巨大なキドニーグリル装着で話題となった新型BMW 4シリーズ。すでに欧州や中東では実車が配備されつつあるようですが、BMWジャ ...

続きを見る

BMW ヴィジョンMネクスト・コンセプト
BMWはレトロ路線デザインに興味なし!「復刻も、オマージュシリーズの発売もない。レトロ路線は我々の未来を閉ざすことになる」

| BMWはアイコニックなモデルを数多く持つだけにもったいない | さて、一部で流行の「レトロデザイン」を採用した新型車。直近だと新型フェアレディZは初代フェアレディZ(S30Z)風デザインを用いて話 ...

続きを見る

BMWのデザイナー「7シリーズの巨大グリルには理由があったのだ。誰もが好むデザインは難しい」。批判に耐えかねていることを告白

| 加えてほかのモデルに採用されるグリルは大きくならないということも主張 | おそらく、BMW史上これほどまでに議論を巻き起こしたことは無いであろうクルマ、新型7シリーズ。要はその巨大すぎるグリルが「 ...

続きを見る

参照: Esquire

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5