>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

アルファロメオはピュアEV時代になっても「クアドリフォリオ」を継続の意向。なお「スパイダー」の復活含め、やはりドライバーズカーへと舵を切るようだ

投稿日:2021/12/01 更新日:

アルファロメオ

| アルファロメオは再ブランディングに際し、過去の華やかりしモータースポーツでの栄光を活用するものと思われる |

歴史のある自動車メーカーにとってはこの方法がもっとも効率が良いのかもしれない

さて、アルファロメオは7月に「2027年からピュアエレクトリックカーのみを販売するブランドになる」と発表していますが、これに際し、まず2024年に最初のピュアエレクトリックカーを発売するという予定もアナウンス済み。

そして今回報じられたのが、アルファロメオのハイパフォーマンスモデル「クアドリフォリオ」もエレクトリック化されるという可能性で、つまりエレクトリック時代でも「クアドリフォリオ」は継続されるということになりそうですね。

アルファロメオ
アルファロメオ「2022年から2026年まで毎年1台、新型車を発表する。そして2027年からはすべてのモデルを電動化する」

| ひとまず2022年発表のニューモデルはトナーレとして、残る4台は? |この記事のもくじ| ひとまず2022年発表のニューモデルはトナーレとして、残る4台は? |アルファロメオは今後「ドライバビリテ ...

続きを見る

あくまでもクアドリフォリオにとって重要なのは「パフォーマンス」

現在のクアドリフォリオは、アルファロメオがジュリアやステルヴィオなどの内燃機関搭載車の中で「最もパワフルでハードコアなバージョン」に与えている名称ですが、アルファロメオCEO、ジャン・フィリップ・インペラート氏によると「私は、発売するすべてのモデルについて、私たちが発信する製品ポートフォリオのメッセージと完全に一致するパフォーマンスバージョンを作る可能性を常に検討しています。もし、クアドリフォリオのパフォーマンス・ステップを適切なレベルで提供できないと判断した場合には、クアドリフォリオ・バージョンは作らないでしょう」とコメント。

アルファロメオ

つまりは常にハイパフォーマンスモデルに興味があり、しかしアルファロメオの考えるパフォーマンスレベルを実現できないと判断した場合には「クアドリフォリオを作らない」ということになりそうですが、加えて「スパイダー」など過去のビッグネームをエレクトリックモデルにて復活させることも俎上にあるといい、これについてはすでに試作車(クレイモデルレベルだと思われる)も存在するようですね。

ただ、ジャン・フィリップ・インペラートCEOは「市場が確保できるまでは具体化することはない」とも述べており、こちらはひとまず「トナーレ」そして「ブレネロ」予想されているSUVが発売された後の話となるのかもしれません。

さよならアルファロメオ・ジュリエッタ。年内限りで生産が終了し、新型SUV「トナーレ」へとバトンタッチしライフを終えることに

| 現行モデルは11年の長きに渡り生産された |この記事のもくじ| 現行モデルは11年の長きに渡り生産された |現行ジュリエッタは2009年に登場アルファロメオ・トナーレはこんなクルマこんな記事も読ま ...

続きを見る

ステランティスは未来に向けて大きく舵を切る

なお、アルファロメオは現在「ステランティス」傘下にあり、このステランティスは旧FCA(フィアット・クライスラー)とPSA(プジョー・シトロエン)とが合併してできた巨大自動車メーカー。

この旗のもとにはクライスラー、ダッジ、ジープ、ラム、フィアット、アルファロメオ、フィアットプロフェッショナル、ランチア、マセラティ、プジョー、シトロエン、DS、オペル、ボグゾール(ボクスホール)という14ものブランドが集まっていますが、ステランティスではこれらのブランドについて10年の猶予と資金を与え、それぞれ復活の道を模索すると発表しています。

ランチア・ストラトス
ステランティスが「傘下のブランドにつき、ブランド確立のために10年の猶予と、必要な予算を与える」。これはもうランチア・ストラトス、デルタの復活を期待するしかない

| ステランティスは「太っ腹」ではあるが資金はちょっと心配だ |この記事のもくじ| ステランティスは「太っ腹」ではあるが資金はちょっと心配だ |現状、いずれのブランドも「廃止」はないすでにいくつかのブ ...

続きを見る

これによってプジョーが「高級自動車メーカーにシフトする」という新コンセプトを発表したり、ランチアが「デルタを復活させる」というアナウンスを行っているわけですが、アルファロメオもやはり新しい方向性を打ち出し、それに向かうということになりそうです。

プジョーがロゴ(エンブレム)変更を発表
プジョーがロゴ(エンブレム)変更を発表!60年代への回帰、そしてこれまでには10回のロゴ変更も。なお今後は「上級マーケットへと移行する」

| プジョーの新ロゴは力強くダイナミックな印象に |この記事のもくじ| プジョーの新ロゴは力強くダイナミックな印象に |新しいプジョーのロゴはこうなった今後プジョーは「アップマーケット」へ進出プジョー ...

続きを見る

アルファロメオは過去に回帰?

なお、アルファロメオの場合は「過去に回帰」することになりそうで、というもの「GTA」」を復活させたり、その後は「GTジュニア」を意識した特別仕様車を発売したほか、上述のように「スパイダー」復活の検討も行っているため。

アルファロメオが1960年代の「GTジュニア」にインスパイアされた特別モデル「ジュリア / ステルヴィオGTジュニア」発表!当時っぽいボディカラーに身を包み、ブラックのアクセントも
【動画】アルファロメオが1960年代の「GTジュニア」にインスパイアされた特別モデル「ジュリア / ステルヴィオGTジュニア」発表!当時っぽいボディカラーに身を包み、ブラックのアクセントも

| アルファロメオは次々と限定モデルや特別モデルを投入 |この記事のもくじ| アルファロメオは次々と限定モデルや特別モデルを投入 |さすがに創業100年を超えるメーカーはネタが豊富アルファロメオGT1 ...

続きを見る

そしてちょっと前には「我々が販売するのは走るスマートフォンやタブレットではなく、自らが運転する自動車でありドライバーズカーである」ともコメントしているので、F1はじめモータースポーツにて活躍していた時代を彷彿とさせるデザインや名称を持つクルマをリバイバルすることになるのかもしれません。

合わせて読みたい、アルファロメオ関連投稿

アルファロメオ
アルファロメオはほかブランドと逆に進むようだ!「我々は走るスマホやiPadを売るのではない。ディスプレイは極限まで少なくし、ドライバーズカーを作るのだ」

| アルファロメオは「ステランティス」が誕生したことによって大きくその方向性を変化させることに |この記事のもくじ| アルファロメオは「ステランティス」が誕生したことによって大きくその方向性を変化させ ...

続きを見る

アルファロメオ・ジュリアのレストモッドに新手が登場!ボディパネルはカーボン、パワートレーンは518馬力の「モーター」もしくは612馬力の「ガソリン」が選択可能、価格は5500万円から
アルファロメオ・ジュリアのレストモッドに新手が登場!ボディパネルはカーボン、パワートレーンは518馬力の「モーター」もしくは612馬力の「ガソリン」が選択可能、価格は5500万円から

| アルファロメオ・ジュリアのレストモッドは各社からリリースされるもそれぞれに個性があるようだ |この記事のもくじ| アルファロメオ・ジュリアのレストモッドは各社からリリースされるもそれぞれに個性があ ...

続きを見る

超過激限定モデル、アルファロメオ・ジュリアGTA/GTAmがついに完売!発表からは18ヶ月、日本からも「かなりの数」の受注があった模様
超過激限定モデル、アルファロメオ・ジュリアGTA/GTAmがついに完売!発表からは18ヶ月、日本からも「かなりの数」の受注があった模様

| これだけ特別感の強いモデルであれば、もっと早く完売しても良さそうではあるが |この記事のもくじ| これだけ特別感の強いモデルであれば、もっと早く完売しても良さそうではあるが |しかし今後、その価値 ...

続きを見る

参照:Autocar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5