>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスCEO「レザー以外の内装も用意しているが、今までにそういったオーダーを受けたことはない。レザーが高級素材として求められるのには理由がある」

投稿日:2021/11/26 更新日:

ロールスロイス

| やっぱり今のところはレザーを超える高級な張り材は無いのかもしれない |

結局ベントレーも「脱レザー」ができずにレザーに回帰

現在世界中がエコでサステナブルな方向へと動いており、そして何かと槍玉に挙げられる自動車メーカーは率先して何らかの行動を見せないといけない、という状況です。

そして行動を示さなければ「環境保全に対して積極的ではない」として訴訟を起こされ、金銭を奪われるばかりか評判までを貶められてしまうというのが現在の世の中でもありますね。

メルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツとBMWがNGOから「二酸化炭素削減に真剣ではない」と訴えられる!欧州ではもう自動車会社の経営がリスクでしかなくなってきたな・・・

| 現地での温度感がわからないのでナントモだが、ちょっと行き過ぎのような気もする |この記事のもくじ| 現地での温度感がわからないのでナントモだが、ちょっと行き過ぎのような気もする |こうなると、もう ...

続きを見る

こういった世論を鑑みてか、各自動車メーカーは様々な「行動の見える化」を行っており、たとえばベントレーやブガッティは植林を開始していることが報じられ、これにて「環境に配慮している」という姿勢を示しているほか、ボルボ、ミニは「インテリアへのレザーの不使用」を宣言し、さらにレンジローバーは「レザー以外」のインテリアオプションの提供を開始しています。

ブガッティが方向転換?「2030年まではガソリンエンジンにこだわる。その代わり、ヴェイロンとシロンが出す排ガスをチャラにするだけの植林を開始する」

| ブガッティは、少し前までは「エレクトリック化」へ進むと報じられていた |この記事のもくじ| ブガッティは、少し前までは「エレクトリック化」へ進むと報じられていた |ブガッティは前フォルクスワーゲン ...

続きを見る

やはりレザーの使用は避けられない?

そこで今回はロールスロイスについての話ですが、同社CEO、トルステン・ミュラー・エトヴェッシュ氏によると「顧客からレザー以外のインテリアや、ヴィーガンレザーの仕様をオーダーされたことはない」。

実際のところロールスロイスは顧客のいかなる要望にも応える準備があり、「そういったオーダー」があれば対応可能だとしているものの、実際にはそういったオーダーはない、ということですね。

ロールスロイス

製造にかかったのは3年!ハワイにだけ生える「コアの木」を内装に使用したロールスロイス「コア・ファントム」
製造にかかったのは3年!ハワイにだけ生える「コアの木」を内装に使用したロールスロイス「コア・ファントム」!運転席ドアには自身の、そして助手席側には妻のイニシャルも

| 一見すると地味だが、とんでもなくお金がかかっているようだ |この記事のもくじ| 一見すると地味だが、とんでもなくお金がかかっているようだ |その名はコア・ファントムハンドメイドのピクニックセットも ...

続きを見る

加えてトルステン・ミュラー・エトヴェッシュCEOは、ロールスロイスにとってサステイナビリティは「非常に重要」であるが、それによって「高級感が損なわれてはならない」とも述べており、レザーが高級素材として求められているのには理由があり、ロールスはそれを利用してきたに過ぎない、とも語っています。

参考までに、ベントレーは2018年にレザーの不使用について言及しているものの、どうやら顧客がそれに反対したり馴染めなかったようで、結局はレザーを使用することとなり、そこで「極力生物に負荷をかけない方法で採取したレザーを使用する」と発表し、レザー使用についての正当性をアピールしています。

ベントレーが翻意?数年前は「レザーの使用をやめる」と主張したものの、今回「いやいやレザーはエコなんですよ」と180度方針を転換
ベントレーが翻意?数年前は「レザーの使用をやめる」と主張したものの、今回「いやいやレザーはエコなんですよ」と180度方針を転換

| やはり高級車を手掛ける以上、どうやってもレーザー不使用を貫くのは難しいのかもしれない |この記事のもくじ| やはり高級車を手掛ける以上、どうやってもレーザー不使用を貫くのは難しいのかもしれない | ...

続きを見る

これからは「レザーとは異なるもの」か「疑似レザー」か

現在はまだレザーの使用が規制されていないといえど、おそらく今後はレザーの使用が厳しく制限されるものと思われ、そうなった際には否が応でも「レザー以外の素材」へとシフトすることになりますが、そうなると気になるのが各社の対応。

あるメーカーは「合成素材でレザー風の質感を出そう」とするでしょうし、またあるメーカーは「レザーとは全く異なるテクスチャ」を求めるのかもしれません。

そうなったときには「その方向性によって」大きく各車の内装が異なることになるものと思われ、すでに今の段階でも多くの自動車メーカーが「レザーの先」を見据えた研究を行っているのでしょうね。

合わせて読みたい、関連投稿

ボルボが今後、「EVにはレザー不使用」と宣言!ラインナップがすべてEVになれば完全にレザーを使用しない自動車メーカーに
ボルボが今後、「EVにはレザー不使用」と宣言!ラインナップがすべてEVになれば完全にレザーを使用しない自動車メーカーに

| レザー採取のために殺される動物が減るのは歓迎すべき |この記事のもくじ| レザー採取のために殺される動物が減るのは歓迎すべき |正直、ボクはレザーが採用されていなくてもあまり気にしないレザー不使用 ...

続きを見る

メルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツは将来的に「内装からレザー全廃」?ヴィーガンのルイス・ハミルトンにメルセデスCEOが「レザーやめようと思う」と相談

| まさか高級車の代名詞=レザー内装がなくなる日が来ようとは |この記事のもくじ| まさか高級車の代名詞=レザー内装がなくなる日が来ようとは |ルイス・ハミルトンはヴィーガンに転向自動車メーカーもヴィ ...

続きを見る

植林流行っとるん?ブガッティに続き、ベントレーも「木を植えた」と発表

| 自動車メーカーは「環境破壊者」としての批判をかわす必要がある? |この記事のもくじ| 自動車メーカーは「環境破壊者」としての批判をかわす必要がある? |植林によってある程度は批判をかわせるかこんな ...

続きを見る

参照:Autocar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5