ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イギリス車

英小規模スーパーカーメーカー「アラッシュ」が最新エレクトリックモデル「AFX」発表!いまだ詳細は不明なるも前作AF10では2080馬力を発生。リマック・ネヴェーラの対抗なるか

投稿日:2021/12/17 更新日:

英小規模スーパーカーメーカー「アラッシュ」が最新エレクトリックモデル「AFX」発表!いまだ詳細は不明なるも前作AF10では2080馬力を発生。リマック・ネヴェーラの対抗なるか

| アラッシュはニューモデルを発表する都度、時代に即した進化を遂げているようだ |

今回のアラッシュAFXには大きな期待が持てる

さて、イギリスのスーパーカーメーカー、アラッシュ・モーターカンパニー(Arash Motorcompany)がニューモデル”AFX”を発売するとアナウンス。

このアラッシュ・モーターカンパニーは以前にも「AF8」「A10ハイブリッド」を発売していますが、このA10ハイブリッドは2080馬力を誇るハイパーカー。

ちなみにAF8はガソリンエンジン搭載のスーパーカー(V8 / 550馬力)、そしてAF10ハイブリッドはその名の通りハイブリッドですが、今回発表されたAFXはピュアエレクトリックだと報じられているので、小規模メーカーながらもアラッシュは着実に進歩している、ということになりますね。

ただし詳細はわかっていない

しかしながらこのアラッシュAFXについて現段階で詳細は伝えられておらず、わかっているのは「ピュアエレクトリック」ということのみ。

加えてモーターの数やバッテリーサイズ、出力やパフォーマンスもわかっておらず、しかしAF10ハイブリッドが2080馬力なので、これより「上」を目指すであろうことも想像でき、となるとロータス・エヴァイヤ、ピニンファリーナ・バッティスタ、リマック・ネヴェーラあたりのライバルとなる可能性もありそうです。

Arash-AFX-2

今回公開されたのは外装のCG、内装のスケッチのみで、全体的には非常になめらかな形状を持っているもよう。

ただ、ちょっとおもしろいのはキャビンがバブル状ではなく「やや角ばっていること」で、これがアラッシュAFXの外観を特殊なものとしているようですね。

M

なお、リアフェンダーはポルシェ918スパイダーを連想させるデザインを持ち、車体後部には大きなシャークフィンが備わります。

Arash-AFX-5

インテリアはこんな感じで、今流行りの「車体に固定されたシート」を持ち、構造材を兼ねているとも思われるダッシュボードを持っています(ランボルギーニ・セスト・エレメント風)。

Arash-AFX-6-e1639444631175

アラッシュはこんなクルマを作ってきた

参考までに、アラッシュA10ハイブリッドは900馬力を発生する6.2リッターV8スーパーチャージャーと1180馬力を発生する「4個の」エレクトリックモーターを装備しており、0−100キロ加速は3秒、最高速度は320km/hというスペック(2080馬力という途方もないパワーに比較するとやや「普通」)。

ちなみにカーボン製バスタブシャシーにアルミ製前後スペースフレームという構造を持ち、エレクトリックモーターそれぞれにも2速トランスミッションが備わるとされています。

AF10-Motors

こちらはアラッシュAF10ハイブリッドのリヤビュー。

このAF10ハイブリッドに比較すると、今回リリースされたAFXは格段の進化を遂げているということになりますが、やはりAF10ハイブリッドでも「微妙に角ばっている」雰囲気があり、これがアラッシュの特徴のひとつなのかもしれませんね。

6759bb6a-arash-af10-spotted-monaco-5

もう一つ参考に、こちらはアラッシュA8。

アラッシュ・モーターカンパニーの最初の市販車、そしてA10ハイブリッドの前進ということになります。

AF8-Falcon-Edition-Side-Shadowのコピー

車体構造を見るに、鋼管スペースフレームに一部カーボンファイバー採用といった感じですが、そのパワートレイン同様に「世代を重ねるごと」に進化していることがわかります。

こういった小規模スーパーカーメーカーは(資金上の理由で)同じパーツやコンポーネントを使い続けることが多いのですが、このアラッシュ・モーターカンパニーについては常に「最新」を目指しているようで、こういったところを見るに、最新モデル「アラッシュAFX」ではさらなる飛躍を見せてくれるのかもしれません。

launch-rear-cutaway

合わせて読みたい、新興スーパーカー/ハイパーカー関連投稿

イタリアから新興スーパーカー「ベルモットGT」登場!スーパーカーらしいスタイルを持ち、2リッター直4エンジン搭載という「実現できそうな」仕様を掲げる
イタリアから新興スーパーカー「ベルマットGT」登場!スーパーカーらしいスタイルを持ち、2リッター直4エンジン搭載という「実現できそうな」仕様を掲げる

| 最近は「数千馬力」というハイパーカーばかりが多く、とても実現できそうには思えなかった |この記事のもくじ| 最近は「数千馬力」というハイパーカーばかりが多く、とても実現できそうには思えなかった | ...

続きを見る

英国から新興スーパーカー「レジェンド480」登場!カーボンシャシーに480馬力のV8、6速MT搭載の”ブリティッシュマッスル”

| TVRにインスパイアされ、よく似たパッケージングとコンポーネントを持っている |この記事のもくじ| TVRにインスパイアされ、よく似たパッケージングとコンポーネントを持っている |新生TVRグリフ ...

続きを見る

また出た新興ハイパーカー!ただし今度はルノーやロータスF1チームの監督が設立に関わった「モランド・カーズ」
また出た新興ハイパーカー!ただし今度はルノーやロータスF1チームの監督が設立に関わった「モランド・カーズ」。ピュアエレクトリック版だと1,950馬力

| ハイブリッド版とピュアエレクトリック版が存在し、価格は2億7600万円、限定73台 |この記事のもくじ| ハイブリッド版とピュアエレクトリック版が存在し、価格は2億7600万円、限定73台 |設立 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イギリス車
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5