ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

BMW M社のボスが「今年後半に特別なMモデルが登場」とポロっと漏らす!やはり3.0CSLオマージュ、50台限定、8500万円のスーパーBMWは存在するようだ

投稿日:

BMW 3.0CSLオマージュ

| 性能に比較すると割高なように思えるが、現代のクルマの価値は性能ではなく”希少性”へとシフトしている |

そのデザインは「独自のもの」になるといい、その発表を期待したい

さて、グッドウッド・スピード・オブ・フェスティバルが幕を開け、そこでは様々なスーパーカーやハイパーカーがデビューを飾り、そして実際に走行してたりしていますが(この”走行する”というのはグッドウッドならでは)、各界のトップが集まり、そこでいろいろな話が飛び出すのもこういったイベントの一つの楽しみでもあります。

そして今回、BMW M社のボス、フランク・ファン・ミール氏がカーメディアに語ったところだと、「今年後半に特別なMモデルが登場する」。

おそらくこの「特別なMモデル」とは、ちょっと前に噂が出た「3.0CSLオマージュっぽい特別仕様車」だと考えられていますが、M4 CSLを発表し、M3ツーリングを発表したばかりのBMWにとって”さらなる”ニューモデルが追加されるということを意味します(今年はBMW M社の50周年記念なので、BMWは攻勢の手を緩めない)。

【動画】新型BMW M3ツーリング発表!M3初のワゴンボディ、オシャレでライフスタイル寄り、もしかすると一番売れそうなM3
【動画】新型BMW M3ツーリング発表!M3初のワゴンボディ、オシャレでライフスタイル寄り、もしかすると一番売れそうなM3

| BMW M3ツーリングに世界中から熱視線、ただし北米には導入されず |この記事のもくじ| BMW M3ツーリングに世界中から熱視線、ただし北米には導入されず |M3ツーリングはこれまでにも何度か発 ...

続きを見る

BMWはいったいどんな「特別なMモデル」を発売?

この特別なMモデルにつき、ベースとなるのは先日発表されたM4 CSLになると予想され、ウワサではこれをさらにスパルタンな仕様へと改装すると言われます。

ただしその変更範囲は「ちょっとやそっと」ではなく、まず出力はM4 CSLの550馬力からさらに向上して600馬力 / 700Nmへ、そして超軽量ホイールにハードなアンチロールバー、専用のチューニングを持つショックアブソーバーが投入される、とも。

BMWはM社の50周年記念にとんでもない隠し玉を用意しているらしい!専用の外観を持ち600馬力オーバー、価格は8000万円超、限定台数は50台のみ
BMWはM社の50周年記念にとんでもない隠し玉を用意しているらしい!専用の外観を持ち600馬力オーバー、価格は8000万円超、限定台数は50台のみ

| その外観は2015年に発表された3.0CSL オマージュに近いと言われている |この記事のもくじ| その外観は2015年に発表された3.0CSL オマージュに近いと言われている |ただし度々「期待 ...

続きを見る

反面、トランスミッションはZF製の8速オートマチックになるといい、これはBMWが「高出力、高トルクに耐えうるマニュアル・トランスミッションを持たない」からなのかもしれません。

なお、駆動輪は後輪のみとされるので、ここで「ピュアさ」を主張することになりそうですね。

しかしながらこの「新しいMカー」が特別なのはその出力やセットアップではなく「完全にオリジナルデザインのボディを持つ」と言われること。

そのボディ形状はエアロダイナミクスに焦点を当てたものとなり、アクティブエアロまでもが装備されると言われます。

その姿は3.0CSLオマージュ、もしくは3.0CSLオマージュRに似たものになるともウワサされていますが、現時点ではそれを裏付ける物証はなく、そしてこの3.0CSLオマージュシリーズのデザイナーと現在のBMWのデザイナーとは異なる人物であり、かつ当時から今に至るまでデザイン言語も大きく変わっていて、よってこれとは別のデザインが与えられることになるのかも。

BMW 3.0CSLオマージュ

【動画】BMWでもっとも刺激的なサウンドを聞け!ワンオフコンセプト「BMW 3.0 CSL オマージュR」のレビューが登場

| 画像で見るとちょっとキモかったが、動画で見るとカッコイイ |この記事のもくじ| 画像で見るとちょっとキモかったが、動画で見るとカッコイイ |BMW 3.0CSLはBMWにとって「一つの資産」こんな ...

続きを見る

ちなみにこの新しいMモデルについては非常に限られた台数のみ(一説では50台)が生産されると報じられており、その価格は60万ユーロ(日本円で約8500万円)に達する、という話も。

これが事実だとすると、BMWのこれまでの歴史を見る範囲では”非常に高額な”プライスタグを掲げることになりますが、この価格は一般的な(という表現も変ですが)スーパーカーの価格を遥かに超えており、しかしパフォーマンスとしては「0-100km/h加速3.5秒、最高速300km/h」にとどまっており(スーパーカーであれば、現在は3秒以下、325km/hあたりが平均的なスペック)、顧客が8500万円という価格を許容できるかどうかはちょっと謎。

スーパーカーレベルのパフォーマンスに達しないのはベース車両となるM4自体の限界に起因するものなので仕方のない部分はあるものの、現在のクルマに対する投資熱、そして「今後、ガソリンエンジンオンリーのMモデルは登場しない」ということを考えると、最後の記念モデルとして多くの購入希望者が集まるのかもしれません(すでに完売というウワサもある)。

合わせて読みたい、BMW関連投稿

キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ
キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ

| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW XMが登場 |この記事のもくじ| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW X ...

続きを見る

BMWはなぜ記念すべきM部門50周年記念として、スーパーカーではなくSUVを発表したのか?M部門CEOが多くの人が感じているであろう疑問に答える
BMWはなぜ記念すべきM部門50周年記念として、スーパーカーではなくSUVを発表したのか?M部門CEOが多くの人が感じているであろう疑問に答える

| その答えはあまりにシンプル、そして理解ができるものであったが、一方でこの回答を聞きたくなかったような気もする |この記事のもくじ| その答えはあまりにシンプル、そして理解ができるものであったが、一 ...

続きを見る

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードを走るスーパーカーたちの動画はこちら

参照:Motor1, Goodwood Road & Racing

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5