クラシックカー

12年かけて集められ、新車同様にレストアされたアストンマーティンDB5トリオが新しいオーナーを募集中

3台まとめて6億円!12年かけて集められ、新車同様にレストアされたアストンマーティンDB5トリオが新しいオーナーを募集中

| 購入できるお金がある人にとって、このDB5トリオはけして高い買い物ではないはずだ | アストンマーティンDB5の価値はどう考えても下がることはなさそうだ さて、「3台セットで6億円」というとんでも ...

その総額は数百億円?過去から現代に至るまで名車、レアカー、スーパーカーを取り揃える驚異のショップ

【動画】その総額は数百億円?過去から現代に至るまで名車、レアカー、スーパーカーを取り揃える驚異のショップがマイアミにあった!

| ここまで希少車が揃うショップは初めて見た | さて、現在アメリカに滞在中の英国人ユーチューバー、Shmee150氏。今回はフロリダにあるK2モーターカーズを訪問していますが、「世界に数台」といった ...

最後の大物、50年も隠されていたブガッティ・タイプ57S

現存するのは世界に1台!1969年以降ずっと「隠されていた」ブガッティ・タイプ57Sがオーナーの死によって歴史の表舞台へ。競売に登場し予想落札価格は最高で10億円

| たった3台のみが製造されたブガッティ・タイプ57S軽量シャシーのうちの1台 | 2月19日に開催されるオークションにて、「もっとも価値が高いであろう戦前のクラシックカー」、1937年製のブガッティ ...

マツダ・ロードスターを改造して作ったアルファロメオ158

【動画】え?これがマツダ・ロードスター?ドナーカーから「1930-50年代に活躍した、もっとも成功したアルファロメオ製レーシングカー」、ティーポ158を再現するキットが105万円で販売開始

| これで公道を走行できれば言うことナシだが | さて、世の中には様々なカスタムカーが存在しますが、マツダ・ロードスターからかつてのアルファロメオのGPレーシングカー”Tipo 158”のレプリカを作 ...

メキシコの賄賂警察署長

【動画】メキシコの警察署長が汚職→家宅捜査にて41台のクラシックカーほかが見つかる→どれだけ賄賂をもらっていたのかと話題に

| ちょっとやそっとの賄賂ではここまでのクルマを揃えることはできないだろう | さて、メキシコシティの警察所長が汚職の疑いにて逮捕状を出され、家宅捜査を行ったところ、41台のクラシックカー、3台のジェ ...

【動画】娘の彼氏の前で格好良くターンを決めようとしたお父さんのコルベット。ブレーキが効かずに家に突っ込む・・・

| クラシックカーの扱いには細心の注意が必要だ | さて、今回は「娘の彼氏の前でいいところを見せようとした父親が、自身のコルベットでクラッシュ」という動画の紹介です。ことの成り行きとしては、自身の19 ...

こんなことして大丈夫か!英フェラーリ・スペシャリストが250GTのレプリカを「250SWBリバイバル」として販売開始。なお価格は1億円

| ちゃんとエンブレムまでフェラーリだが | イギリス拠点にて活動を行っているフェラーリのスペシャリスト、「GTOエンジニアリング」。今回なんとフェラーリ250GT SWBベルリネッタ・コンペティツォ ...

1950-1980年代の名車が集う!トヨタ・ヒストリーガレージを見てきた。この博物館級コレクションを無償開放とは太っ腹

| ここまで多彩なヒストリックカーが揃う施設はそうそうない | ちょっと用事がありメガウェブ内のシティショウケースへと出向いたのですが、そのついでに「ヒストリーガレージ」へ。ヒストリーガーレジはシティ ...

クラシックカーも任せとけ!超高級ディティーリングショップがレアなランボルギーニ・ミウラSVを洗って磨いてラッピング

| これだけの技術力でプロテクションフィルムを貼れるショップはそうそうない | さて、これまでにもマクラーレン・セナ、ランボルギーニ・ヴェネーノといったハイパーカーたちのディティーリングを公開してきた ...

ベントレーが「1929年製」クラシックカーを3Dスキャンし新車として復刻!データベース化が終了し12台のみを限定生産へ

| まさに自動車史に残るといってもいい一大プロジェクト | さて、ベントレーは2019年暮れに「1920年代のクラシックカー、ブロワー(Blower)を12台のみ復刻する」と発表していますが、これはオ ...

【動画】その数300台以上!これまで「謎」とされていた大規模コレクションが遂に発見され、売りに出されることに

| これだけ「数と質」が揃っているコレクションもそうそうない | おそらくは過去最大クラスの「カーコレクション」が陽の目を見ることになり、その一部が公開に。このカーコレクションを紹介するのはカーディテ ...

「とりあえず好きなパーツを全部つけたらこうなった」的なカマロが販売中。ランボルギーニかフェラーリになりたかったようだ

| カスタムは、往々にして自分が想定する仕上がりになるとは限らない | 米中古車売買サイトにて、1991年モデルのシボレー・カマロが登場。見てのとおりカスタムパーツてんこ盛りといった車両ですが、フロン ...

あの「納屋から発見された」ランボルギーニ・ミウラが約1.7億円で落札。調べてみたらミウラの相場は2002年に比較して15倍、2009年比で7倍、2013年と比べても3倍になっていた

| このまま価格上昇が続くと、あっという間に5億、10億に | ドイツの納屋で発見されたランボルギーニ・ミウラP400SがRMサザビーズ開催のオークションにて、邦貨換算で約1億7000万円で落札。予想 ...

これ公式ですってよ。初めて「メルセデス」の名が冠されたクルマへのオマージュ「ヴィジョン・メルセデス・シンプレックス」。街中のコミューターはもうこれでいいじゃない

| クルマの考え方そのものも自動車黎明期に遡る次期なのかもしれない | メルセデス・ベンツのデザインチームが「ヴィジョン・メルセデス・シンプレックス」を発表。これは「デザイン・エッセンシャル2019」 ...

ボディカラーは「グラファイトグレー」。美しくレストアされた”もっとも価値あるメルセデス・ベンツ”、300SLが競売に登場

| インテリアはライトグレー、なんとなく「イマ風」に | 美しくレストアされたメルセデス・ベンツ300SLが中古市場に登場。メルセデス・ベンツ300SLは1954−1963年の間に製造され、「世界初の ...

【コンコルソ・デレガンツァ】1950年代のフィアット/アバルト×ザガートはこんなクルマたち。「レコードモンツァ」の起源となったクルマも

このまま復刻したらかなり人気が出そうだ 京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。今回は1950年代のフィアットたちを画像と動画にて紹介したいと思いますが、正直この時代のクル ...

【コンコルソ・デレガンツァ京都】ザガートがカスタムしたフェラーリ、アストンマーティン、フィアットなどを見てみよう

ザガート✕フェラーリがあったとは さて、クラシックカーイベント、「コンコルソ・デレガンツァ京都2019」へ。今回で3回目の開催となり、「ペブルビーチ・コンクールデレガンス」や「ヴィラ・デステ・コンクー ...

メルセデス・ベンツSLKを「300SLガルウイング」にコンバートしたレプリカが販売中。その価格2500万円ナリ

この価格が高いのか安いのかは判断に迷う ドイツのオンライン売買サイト、Classeic Driverにメルセデス・ベンツ300SL ガルウイングのレプリカが登場。ただしレプリカといえども「見栄を張る」 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5